人生に悩む君へ

感謝の気持ちを常に持てば、人生は1秒で好転する。

普通に生活をしていると、イライラすることだったり、腹がたつことだったりさ、なんか起こってしまうような気がしません?

私もさ、仙人みたいな性格をしているわけではないから、やっぱり苛立ってしまうことだってあるんですよ。

でもね、それって実は、「自分のストレス発散」にはなっていなくて、自分をさらに追い込んでいるような気がするんですよ。

どうせなら、楽しい人生にしたいじゃないですか。だったら、感謝の気持ちを常に持っておいた方が良い。

感謝の気持ちを常に持って、生きよう。

 

 

物事をどう捉えるのか?という問題だったりする

 

同じことが起こった場合でも、人によって捉え方は違うものです。例えば、ダイエット中なのに奥さんがカロリーの高いものをお弁当を買ってきたとする。

当然、それを食べると、太ってしまう。だから、「なんでこんなものを買ってきたんだ?」となるのは仕方がないことでもあったりするよね。

でも、そこで怒りの感情を持ってしまえば、たちまち不快な気持ちになってしまうのではないだろうか。

なんで理解してくれないんだ」とか「なんで協力してくれないんだ」という気持ちになってしまう。

逆に、

自分のことを考えて買ってきてくれたこと」という感謝の気持ちを持てば、幸せになるのではないでしょうか。

私たちは幸せの軸は外的な要因にあると思っている。幸せという可視化された物体があって、それを追い求めている。

でも、それは違う。幸せとは私たちの心の中にある。内的な問題なのです。

感謝の気持ちを持つことができれば、私たちはどんなにつらい状況に置かれていたとしても、幸せになることができる。

幸せというと、

 

  • お金
  • 地位
  • 恋愛

 

みたいなものを思い浮かべるでしょう。でも、この3つを持った人が必ずしも幸せとは限らない。

物事の捉え方次第で、幸せな人生かどうか?が決まるのです。感謝の気持ちを持っていよう。常にね。

別に自分のためでも良いよ。自分のためでも良いから、「感謝の気持ち」を持っていよう。そしたら、それが癖になるからさ。

関連記事:自分が生きているのかわからないよね。

 

昔は斜に構えていて、感謝の気持ちなんて持てなかった

 

感謝の気持ちを持てば、幸せな人生を送ることができるよ。そんなことを言っている私だけど、実は私はそんなに清い人間ではない。

昔の私は、もっと斜に構えていて、何に関しても、「は?」という感じだった。何だろうね。何と言えば良いのだろう。

私の感情を「あの時のあの感じ」というクオリア的な言葉で表してくれたら良いのだけど、見つからない。

とにかく、当時の私はどうしようもない人間だったのです。他人によく怒っていたような気がするし、他人のミスをよく責めていたような気がする。

当時は天狗にもなっていて、「俺なら何でもできる」みたいな捻じ曲がった矜持のようなものもあったのかもね。

だから、あんまり幸せな人生を歩んでいなかったんじゃないかなあ。幸いにも周りの人たちがとても良い人で、そのおかげもあって、

友人は側にいてくれた。でも、あれは奇跡的なことなんだろうなあ。私自身はあまり良い人間ではなかったような気がする。

でもね、だからこそ思うんです。

感謝の気持ちを持つことで、人生の幸福度って変わるよなあ、とね。感謝の気持ちを持つことなんて昔の私にはできなかった。

ただね、だからこそ、私は感謝の気持ちを持つことの重要さに気がついたのです。

私が常に天然の「感謝人間」だったら、きっとこんな記事は書いていないよ。

 

普通に生きれば、普通に楽しいよ」という記事を書いていると思う。後天的に得た教訓だからこそ思うんです。どうせ生きるなら楽しい方が良いじゃない?

だから、感謝しような。

関連記事:優しい気持ちになれる人になれたら良いな。

 

小さなことにも感謝しよう

 

何か宗教的な感じに見えているのであれば、誤解しないで欲しいのだけどね。うん。やっぱり感謝の気持ちって大事なものなんですよ。

私たちはさ、生きていれば、たくさんの「感謝対象」に出会うことができる。朝起きて、良い天気だったら、「今日は良い日だ!ありがとう!地球!」という感じで感謝の気持ちを持っても良い。

あるいは、美味しいご飯が出てきたら、「こんな美味しいご飯を作り出してくれたのは誰だ?カーネルサンダースか?」とケンタッキーに感謝しても良い。

あの何とも言えない美味しいスパイスを生み出した天才だもの。感謝に値する。

本当にね、小さなものも含めると、感謝の気持ちを持つことができるものなんて無限に存在しているんですよ。

だから、少しずつ少しずつ見つけていけば良いと思う。

感謝をするのは面倒なことじゃないよ。感謝の回数が増えるということは、自分が幸せになる。

小さなことでも良いから感謝の気持ちを持っているべきなんです。見えるものだけが幸せじゃないよ。

 

自分の考え方次第で目の前の景色とか、自分の置かれている環境とか、そういうものががらっと変わったりする。

私は明日も明後日も誰かに「ありがとう」という感謝の言葉を送りたい。

関連記事:幸せに過ごす事を何よりも大事にした方が良いんだよ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。