人生に悩む君へ

無駄なことをする時間が好きなんだ的な幸福論。

効率主義。

この時代を象徴する言葉じゃないかな、と思う。

効率的に移動することができるようになったり、仕事でも効率化が重要になってきている。

私の会社でも、昔と変わってきている部分がある。少し前はチャット機能を取り入れたり、LINE@を始めてみたり。まあ変化していくわけですよね。

でも、無駄なことだって大事なんじゃないかな、というのが私の意見。人生というものは全てが効率化されてしまったら、面白くないんですよ。

理論上は正しいことでも、人間としての幸せを考えると、正しくない。そういうことだってあるんです。

 

学生の時なんて無駄なことばかりだったけどさ

 

みんなが学生の時はどうだったかな。中学生とか高校生の時のみんなはどうだったのだろうか。

無駄なことばかりしていたけど、幸せだったんじゃないかなあ。私なんて無駄なことばかりしていました。

修学旅行に行ったら、友達のパンツを奪って走ったり、授業でふざけてコーヒーの缶でボコボコに殴られたり。

まあ、本当に無駄なことばかりして、怒られて、そうやって育ってきたような気がするんです。今の子供たちはどうなのだろう。

昔よりはハードなことをしないのかもしれないけど、やっぱり人間だからね、基本的にはあんまり変わらないと思う。

大人からしたら無駄なことを、全力を楽しんで、無駄な時間をとことん好きでいて、笑っていたんじゃないかなあ。

無駄だし、今考えると、本当にバカみたいで笑えてくるのだけど、そういう時間にこそ、価値があったんじゃないかなあ、と思うわけ。

私たち人間は大人になると、効率的に生きていこうとする。

 

  • どうすれば他人よりも良い生活ができるのか
  • どうすれば良い仕事に出会えるのか
  • どうすれば結婚生活を順風満帆に送ることができるのか

 

そんなことを考える。もちろん、そこにも幸せはあるのだけど、無駄な時間にも価値はあって、幸せを感じる瞬間とかって、無駄なことをしている時間の中にあったりするのかな、と思う。

私なんてこの年齢になっても、ずっと馬鹿なことをやっているよ。

関連記事:散歩好きな私が歩き続ける理由。

 

私も人生を遊び散らかしている最中です

 

よくよく考えると、私なんてずっと人生において無駄な時間ばかり過ごしているような気もするんですよね。

いや、無駄と言ったらあれだけど、何となくこう、ずっと遊んでいるような、そんな感覚があるんですよ……。

会社を辞めて、自分の会社でやるようになって、不動産とかブログとか、まあそういうものに関わるようになって、

私はずっと人生を楽しんでいる。もうすぐ新しい会社を作って、新しいことも始めるから、また面白いことが増えるなあ。

 

他の誰かからすれば、無駄なことに見えるかもしれない。でも、私にとって、いや、みんなにとっても無駄なことには意味があるんです。

この前もさ、「路上ライブしてみようぜ」なんて言って、とりあえずバンドを作ってみたんですよ。

何でもない3人のバンドなんですけど、バンドを作ったら、「俺はバンドTシャツ作るわ」なんて言って、突然デザインを考えてきた人とかがいて、

うん。まあ、無駄なことと言えばその通りで、何の意味もないんですけどね。それでも、私たちの幸せはそういう無駄なことにこそあって、そういう無駄なことを好きでいることで、

私たちの人生はキラキラするんじゃないかなあ、と思うんです。

全てが効率化されて、全ての無駄なものが排除された世界で過ごしていたら、きっとつまらないですよ。

きっと、何のやる気も起こらなくなってしまう。無駄なことは一見、無駄なだけに見えるものだけど、無駄じゃないんですよね。

バカみたいだなあ」というものの中にキラキラしたものが入っていることだってあるんです。

関連記事:この先も他人の目ばかり気にして生きていくの?と聞きたいよ。

 

この人生でどんな無駄を作る?

 

私たちの人生はまあだいたい100年くらいかね。100年の中で、みんなは何をするのだろうか。

短くも長い命の中で、私たちは何をするべきなのだろうか。

私はね、やっぱりみんなに「無駄なこと」をおすすめしたいよ。「人生」なんて言葉を使うと、何だか堅苦しい感じに聞こえてしまう。

大きなことを成し遂げるべきだ」と思ってしまう。でも、大きなことを成し遂げるだけが人生ではない。

無駄なことを楽しむことで、私たちの人生はきっと豊かになるんですよ。もちろん夢だって必要ですよ。

でも、それだけだと、私たちは豊かに生きることができない。どうしようもなく無駄で、バカみたいなことに意味があるんです。

 

学生時代を思い出そう。先生に内緒で宿から脱出したり、寝たフリをしたり。大人になった今、「全然意味のないことじゃん」と思えることこそ、キラキラしているものなんです。

忘れないようにしようよ。昔のあの感覚を。

体育着で臭くて、青春の匂いしかしないあの校舎を思い出して、生きていこう。

無駄なことをする自分を好きでいよう。

関連記事:「ありがとう」という言葉の力って凄まじくないか?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。