人生

頑張れないのは甘えじゃない。もっと自然体で生きていいんだよ

頑張りたいのに頑張れない

もっと頑張れるはずなのになぜか気力がわかない

 

そんな風に思ったことが誰でもあると思うんですよね。

 

私自身そんな風に自分を追い詰めていたことがあって、

私の場合は仕事をしている時でした。

 

前職になるのですが、ものすごく人間関係に悩んでて

さらに営業関係の仕事でもあったため、仕事の成績も常に自分に付いて回るような仕事

毎日プレッシャーとの戦い、みたいな感じだったんです。

 

くじけそうになるといつも「頑張れないとか甘えてる」「まだまだ自分は頑張れるはずだ」なんて思い込もうとしていました。

今思うとそれがものすごく辛かったんですよね。

 

真面目な人は自分にこそ厳しくなってしまう

 

自分で言うのもなんだけれど、仕事に対して結構責任感が強い方だと思います。

お金をもらって仕事をしているんだから、その金額に見合う仕事はせめてしないとな、と思っているし

気持ちよく仕事を継続していくために、できれば金額以上のものを返したい、と思いながら仕事をしています。

 

そんな風に生きていると、自分にばっかり厳しくなってしまうもので

誰かが疲れていたりすると「ちゃんと休みなよ〜」って言うくせに、それが自分だと「まだいけるっしょ」ってなぜか己を過信してしまう笑

 

でも頭で思っているよりも体って脆いもので

「思い込み」ではどうにもならないこともあるんですよね。

 

今、フリーランスになって自分で自分の仕事を管理するようになったから思うことだけど

仕事でもなんでも、やりたいことって自分の健康の上に成り立っているものなんですよね。

 

自分の身を削ってやる事なんて長くはできませんから。

関連記事:忙しすぎる生活から離れてみて感じる心の余裕の大切さ。

 

体が先に壊れました

 

頑張らなきゃいけない時に頑張れないのは甘えだ!なんて自分に言い聞かせていた私は

心より先に体が壊れていきました。

 

胃腸が荒れ放題になり、腹痛で一歩も動けなくなって救急車を呼ぶはめになったことがあったんですよ笑

 

さすがにこれをこのまま続けていたらやばいな、と思いましたね。

 

お酒の量も増えて、本当に毎日のように飲んで食べて

悩んでいることを忘れるためにアルコールを摂取するような日々でした。

 

でもこれも、今その生活から離れてみて、やっとその異常さに気づいた感じです。

その時はそれが精一杯なんだよね。

でもそれが一番危険な事なんだと思います。

 

もし今この記事を読んでいて、少しでも体調に変化が起きてやばい兆候が訪れちゃっている人は

頑張れないって悩まなくていいから休んでください。

 

自分の置かれている環境を変える選択肢を取ってみていいと思う。

体に悪い変化が起きるほど頑張っている人に必要なのは「それ以上に頑張ること」ではなく「休息」です。

関連記事:ストレスで逆流性食道炎になった

 

息抜きが苦手な人に旅がおすすめ

 

休むのが苦手っていう人は一週間くらい海外に行ったりとか

どっか自分の知らない遠い土地に行くのがおすすめ。

 

私も悩んでてどうしようもない時、釧路湿原に行ったりシンガポールとかに行ったりしてたんですよね。

 

大自然とか日本人があんまりいない異国の地にほっぽり出されてみるとね

「あ〜なんかこんなところでも生きていける気がするな〜」なんて思って

悩んでたことが急にちっぽけに感じたりするものです。

 

私はその職場で「ずっとこの仕事をしていくんだ!」なんて張り切っていたので

悩んでからも「どうして頑張れないんだろう」って思ってしまっていたけど

旅に出て、自分のいつも置かれている環境から遠く離れてみた時に、

「違う環境でも生きている人はいっぱいいるんだよなぁ」って気づくことができたんです。

 

それを感じてから私は退職を決意したんですよね。

 

海外にももっと行きたい!もっと自分が知らないことを知りたい!って思えるようになりました。

 

ずっと同じ環境で頑張ってるとさ、

いつの間にかその環境が当たり前で、ここじゃなきゃ生きていけないような錯覚に陥る。

 

でもそんなことはなくて、

何歳からでも新しい環境に身を投じてみればいいと思うし、

うまく行かなかったらその都度軌道修正すればいいんだよ。

 

うまく行かなくて辛い思いをすることはあるかもしれないけど、環境を変えたくらいで死んだりしないからね。

だからそれも自分の糧にして、さらに新しい土を踏みしめて歩いていけばいい。

関連記事:退職するのは別に「逃げ」なんかじゃないと思うんだ。

 

頑張れないのは「合ってない」からだよ

 

もうひとつ。

 

「なんで頑張れないんだろう?」って思うことは、だいたい「自分に合ってないもの」なんです。

 

だいたい面白いものってほっといてもやるものじゃないんですか。

ほっといてもテレビ見るだろうしほっといても本読むだろうし

例えば私は最近ギターを練習してるけど、これも「誰かにやりなさい」って言われてやってるんじゃなくて楽しいからやってるのね。

 

ギターやってて指が痛くなったり皮がむけたり血が出たりしてすごい嫌なこともあるけどさ

それでも弾けると楽しいから1日何時間もいじってる時がある。

 

そういうのって「努力」とは思わないじゃないですか。

あくまで「趣味」の時間だよね。

 

そんな風に、自分が好きなことや自分に合っていることって自然と時間をかけて努力できるものなんです。

 

でも自分が嫌いなことや合っていないことは頑張っても頑張れない。それが人間。

 

だからきっとね、今頑張ろうとしているものは自分に合ってないものなんですよ笑

私も仕事やめてみて思った。自分に合ってない環境で働いていたらから仕事が嫌いだったんだ。

 

今は仕事が大好きだもんなぁ。

 

自分に合っているものを頑張る。

自分に合っていないものは頑張らない。

それでいいと思うんです。

それは決して甘えじゃないよ。人間の特性なのだよ。笑

関連記事:仕事は楽しいものじゃないって何?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。