仕事

人間ドックの結果が怖いんだけど、開いてみた。

みんなさ、人間ドックって受けたことがありますか?私はあるんですよ。割と最近受けたんですけど、やっと人間ドックの結果が来たんです。

これを待っているのが何とも怖くて、恐怖で、仕方がなかったんです。

会社の健康診断とかでも怖いでしょう?でも、人間ドックだと、より詳細な情報が知れてしまうので、

うん。だからこその怖さみたいなものがあるんです。ガンとかも簡単にわかるし、ピロリ菌とか、肝炎とか何でもわかってしまうんですよ。

でも、開けてみたよ。怖いけど。

結果が来るまでの2週間が長い

 

結果が来るまでの2週間が長く感じるんですよね……。腹部エコーから心電図、胃カメラもやってきましたから、それなりの時間がかかるのはわかる。

でも、結果が来るまでの2週間が長く感じてしまうんですよ。

私は「絶対平気でしょ」なんて思ってもいなかったから、正直つらかった……。だってさ、ここ数年全く健康診断を受けていませんでしたからね。

 

独立してしまうと、やっぱり自分の健康というものが疎かになってしまうものなんですよ。「まあ、自分の健康なんてどうにかなるでしょ」と思ってしまって、全然検診に行かない。

 

一応、社員に関しては、健康診断を実施しているのだけど、私は何だか面倒で受けたくなかった。だから、今回の人間ドックは結果を見るのが怖いな、と思っていたんです。

え、みんなもそうでしょ?私も場合、「うわ、結果が来るのが怖い」と思って、ずっとネットで「人間ドック 結果 怖い」と検索していたんです。

そしたら、割とみんなも2週間の間、恐怖に怯えていたので、「同じように考える人が自分以外にもいるんだ」と面白くなりました。

結果が来るまでの2週間って本当に長いんです。私の場合は虎ノ門病院の人間ドックを受診したのですが、結果が来るまではブルブルと震えていましたよ。

そもそも、「もしかしてガンなんじゃないか」なんて思ってきてしまって、結果を待っている時間がストレスになっていましたからね。

 

今さ、櫻井翔くんががん保険のCMをしているじゃないですか。そうすると、意外と若い世代でもガンになっている人がいて、

え?こんなに若くてもガンになるの?」と怖くなってきたのです。だから、私もガンマーカーの項目が怖すぎた……。

関連記事:健康的な生活を心掛けてみて、思った事。

 

さて、恐怖の人間ドックの結果は?

 

さて、開いてみました。人生初の人間ドック。結果が怖いから、開く時も、「どうだ?どうなんだ……?」と死刑宣告を受けるような気持ちで開いてみた。

そしたら、基本的には「A」ばかりでした。

でも、1つだけ、肝臓の機能だけは低下していて、再検査になってしまった……。うん。だから、結果説明外来に行ったり、専門外来に行かなければいけないんですよね……。

めちゃくちゃ健康だったら、人間ドックだけで終わりなんですけど、今回はそうも行かなかった。

ただ、私の場合は「ガン」が怖すぎたので、それ以外のことであれば、まあ何とか頑張ってみよう、と。

それに、他の項目に関しては、「B」とかはあったし、逆流性食道炎とか慢性胃炎もあったけど、基本的には大丈夫だったんです。

だから、私はまあ食事制限とかね、肥満気味でもあるので、ちょっと頑張って体重を減らしていこうかな、というところ。

ガンマーカーも問題がなかったし、何だろう。腹部エコーでは脂肪肝と診断されたからそれは肝臓だし、まあ基本的には肝臓がボロボロなんですよね。笑

 

人間ドックの結果を見るのは怖いけど、結果が来てみると、意外とスッキリするものでもあるのかな、という感じ。

だって、「何だろう?ガンなのかな?」と思いながら、待つだけの日々の方がよっぽどつらいもん。

だから、気分的にはスッキリとしています。心電図とかも問題なかったしね。血圧に関しても問題ありだったけど、私の場合、病院に行くと血圧が上がるので、これは問題ないしなあ。

うん。そんな感じの結果でした。再検査には行ってきますよ。

関連記事:花粉症のない街へ移住したい、と本気で思った。

 

 

人間ドックは健康な生活のきっかけになるよ

 

人間ドックって「病気を発見するための検査」だと思っていると思う。でも、それだけではないような気がするんですよね。

人間ドックをやってみると、「コレステロール値が高いな」ということがわかったり、尿酸値の高さがわかったりする。

そうなってくると、自然と日々の生活に気を遣うようになると思うんです。私の場合、スポーツをするようになりました。

 

ランニングを1週間続けてみた感想と続けるコツ。でも書いているけど、ランニングをするようになったんですよね。

今までは運動なんて全然していませんでした。たまにフットサルをするくらいで、日常的な運動は皆無だったんです。

でも、最近は5kmとか7kmとかね、普通に走るようになりました。私の中では大きな進歩というか、私の変化だったんです。

肝臓に関しては、「脂肪肝」と言われてしまったので、脂肪肝を改善するために「運動」が不可欠ですからね。

無理のない運動が大切だけど、やっぱり運動は大切。だからね、人間ドックに行って、結果が来るまでは怖いけど、健康的な生活をするきっかけにはなるんですよ。

だから、意味があるのかな、と個人的には思う。

自分の身体のことなんて、自分じゃ意外とわからなかったりする。自分がどれくらい健康なのか、なんてわからないじゃないですか。

何となく具合が悪いなあ」と思うような時だって、「気候」とか「たまたま」みたいな感じで、他の要素のせいにしていると思う。

でも、そこにも確かな原因があったりするんですよ……。だから、みんなも受けてみて欲しい。

私の場合、予約するのがすぐでした。「えいや!」という感じで、すぐに予約した。

 

どうしようかなあ、予約するの怖いなあ」と思いながら、パソコンと睨めっこしている人もたくさんいると思うけど、

 

そんな時間はない。もうね、さっさと衝動的に予約してしまった方が良いと思う。予約しちゃえば、後は人間ドックに行くしかなくなるからね。

大丈夫。

関連記事:忙しすぎる生活から離れてみて感じる心の余裕の大切さ。

 

次の再検査まで実験的にランニングを続けてみようと思う

 

私は人間ドックがきっかけでランニングをするようになりました。だからね、これからも続けていこうかな、と思っているんですよね。

 

再検査になったけれど、病院サイドが長い休みに入ってしまうので、再検査の日程は結構後になってしまうんですよね。

でも、ランニングを続けてみようかな、と。

ランニングを続けた結果、検査結果がどうなってくるのかな。改善したら、みんなにもおすすめできるじゃないですか。

1ヶ月頑張ったら、脂肪肝が改善されましたよ!」みたいなことを言えるしね。肝機能障害を抱えている人は日本にも多いんですよ。

だから、私が実験台になって、このブログで報告していこうと思うよ。次の時代は「健康」も1つのテーマになると思う。

お金がいくらあっても、健康的な身体がなかったら、意味がないからね。人間ドックの結果が怖いな、と思いながら過ごした2週間だったけど、

まだちょっとだけ頑張ってみようかな、と思いますよ。

関連記事:この先も他人の目ばかり気にして生きていくの?と聞きたいよ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。