コラム

忙しすぎる生活から離れてみて感じる心の余裕の大切さ。

今の生活に余裕って持てていますか?

本当に忙しすぎる時って余裕なくて、そもそも自分が忙しすぎることに気づけなかったりするものですよね笑

 

私も昔はバリバリ仕事して、仕事関係の人たちと毎日のように会食して、睡眠時間は移動時間で確保して、

みたいな本当に忙しすぎる生活を送っていました。

 

ある時少し仕事で人間関係のことに悩んだ時に、一気に全てが瓦解していくというか、嫌になってしまって

今はブログやったり自分の好きな事業をゆるゆるやりながら生活をしています。

 

忙しすぎる生活から離れてみて、「ああ、心の余裕って大事だな」と思ったんですよね。

 

忙しすぎると感じられない幸せ

 

忙しすぎる生活から少し離れてみてすごく感じるのは「幸せに感じることってこんなにも日常生活に溢れているんだ」ということだったんです。

 

例えば朝起きて自室のカーテンを全て開けて差し込んでくる陽の光に

「今日も良い1日になりそうだな〜」

なんてのんびり考えたりして。

 

部屋に置いてある観葉植物に水をあげながら「昨日よりちょっと元気そうだな」なんて顔がほころんだりして。

 

忙しすぎる時ってそんなこと全然考えられなかったんですよね。

 

起きたらすぐ家を出なきゃいけない、みたいなことが多くて

朝カーテンを開ける余裕もなかったり、お部屋に置いてある植物も水をあげるのを忘れて枯らしてしまったりするから、あえて新しいものは買わないようにしていたりしました。

 

でも今は忙しすぎる生活から離れられたから、心の余裕が出てきて

なんでもない日常にちょっと幸せを感じられるようになったんです。

 

そういう気持ちをどこか忘れてしまっていたなぁと、忙しすぎる生活から離れてちょっと月日が経ってからやっと気づくことができました。

 

今まさに忙しすぎる生活を送っている人は、そういうことなかなか気づけないものですよね。

 

そういう生活が何か違うんじゃないか、と感じた時に

思い切って大きく環境を変えてみてもいいと思うんです。

 

私は仕事を辞めて、フリーランスとして働き始めたことで、生活が大きく変わりました。

このブログが頑張ってくれてて、ちゃんと収益化できている、というのも大きいですけどね。

関連記事:会社のおつぼねのせいで退職しました。

 

忙しすぎると自分のストレスにも気づけない

 

忙しすぎる生活を送っていた時は、自分がそれに対して色々なストレスを感じている、ということも気づけないでいました。

 

実は昔はものすごく金縛りにあってたんです。

夜すぐに眠れない、っていうこともよくあったし、金縛りにあって夜中目が覚めるんだけど体が動かなくて

金縛りが終わったら心臓がばくばく言ってる、みたいなことが頻繁にあったんですよね笑

 

最近は見事になくなったんですけどね。

 

その時は「それが普通」って思ってたし「まだまだ頑張らなきゃ!こんなことでへこたれてられない!」みたいな

自分のことをもっと強い人間だと思いたい、っていうような不思議な虚勢を張っていたところがありまして笑

 

だからストレスも見て見ぬふりをしていたし、

それをストレスだと認めたくなかったんでしょうね。

 

胃腸が荒れすぎて逆流性食道炎になり、救急車のお世話になってしまったこともあるし

性格も今よりせかせかしていて、攻撃的なタイプだったと思いますよ。

 

今、忙しすぎる生活から離れてみると、自分のストレスにものすごく敏感になっています笑

これが良いことなのかわからないけど、

  • 緊張することはしたくない
  • 疲れたら眠りたい、睡眠不足が一番嫌だ
  • 嫌いな人と一緒に仕事したくない

みたいな「やりたくないこと」がすごく明確なんですよ。

これやっちゃうと私ストレス感じちゃうな、っていうのがね。

 

そういうのが自覚できるようになったから、通らなくて済むストレスの道はなるべく通らないようにすることができるようになった。

だから逆流性食道炎も治ったし、今はすごく健康的な生活を送ってます。

 

私を悩ませるのは花粉症くらいかな笑

 

ストレスに鈍感になりすぎるといきなり救急車のお世話になっちゃったりすることがあるので

本当に危ないんですよね。

みんな自分のこととなると「まだまだ大丈夫」って思ってしまいがちだけど

人間って結構脆いものなんですよ。

関連記事:ストレスをためない生き方をしよう。

 

忙しすぎることで意外と成長できない

 

忙しすぎる生活を送っていた時は「毎日満身創痍で頑張ってて、私すごく成長できるている気がする!」って勝手に思っていました。

 

でも今思うと、忙しすぎる毎日の中では「その日その日を過ごすことで精一杯」になりすぎてしまっていて

新しいことに手を出す余裕もあまりなくて、全然成長できていなかったように思います。

 

フリーランスになってある程度心に余裕を持ちながら仕事をしている今の方が

よっぽど空いた時間で新しいことに挑戦しようという気持ちがむくむく出てきて、そのために時間もお金も割けるから

会社を辞めてからの成長スピードの方が圧倒的に速い。

 

忙しすぎることに満足しないで

ふと立ち止まって「本当にこれで自分はなりたい自分に近づいていくことができているのか」ということを考えてみた方がいいかもしれません。

 

充実しているのはいいことだけど、忙しすぎることが必ずしも正しい、というわけではないと思うんですよ。

関連記事:心静かに生きるために経営者ブロガーの私が心掛けていること。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。