人生に悩む君へ

贅沢に幸せはないぞ。

子供の頃、思ったんじゃないかな。「お金持ちになったら、贅沢な暮らしができたら、幸せになれるんだろうな」って。

お金持ちの人と結婚したり、大手企業に就職したり、ベンチャー起業家として、自分の会社の株式を公開して、大金持ちになったりする。

そうすれば、贅沢な暮らしができて、幸せな暮らしができるようになる、と大人になってからも思っていたりする。

でもさ、そんなこともないんですよね……。贅沢に幸せはない。贅沢だけで幸せになることができるなら、そんな素晴らしい世界はない。

違うんだよ。

 

贅沢な生活には慣れてしまう

高いディナー

高いディナーは美味しい。とてつもなく美味しい。京都で修行をしていたような料亭に行ってみると、「作り手によって、こんなに違うのか」と驚くものです。

取引先に連れていってもらったりすることも、サラリーマンならあるんじゃないかな。

でも、高いディナーなんて毎日食べるものじゃないんですよね。しかも、慣れてきてしまって、「ああ、こんな感じか」となってしまう。何だって同じです。

恋愛だって、最初の頃は「ドキドキドキ」と会う度に緊張していたものが、10年、20年と一緒にいると、緊張しなくなるよね。同じことなんです。

慣れてくるものなんです。贅沢にディナーを食べても、慣れてしまう。そこに恒久的な幸せはないのです。

私も高い料理を食べることはありますよ。カラペティ・バトゥパのディナーに行ってみた。とかも美味しかったな。

でも、取引先以外とはあまり行かないし、慣れてしまうものなんですよね。

 

高級マンション

 

湾岸エリアのタワーマンションとか流行っているじゃないですか。家族が住むくらいの3LDKとかだったら、普通に1億円以上したりするよね。西麻布とかもびっくりするくらい高いじゃないですか。

パークマンションシリーズに関しては、新築物件の情報だって会員だけに流していたりね……。

中にはジムがあったり、プールがあったりする。最初は「こんな素敵な場所に住めるなんて、幸せね」なんて話すようになる。

でも、それも数ヶ月すれば飽きてしまう。ジムなんて最初は行っていたのに、だんだんと行かなくなってしまう。プールだって面倒になる。

結局は贅沢なマンションを買っても、慣れてしまうものなんです……。

人間は「慣れ」を持っているのです。貧乏な生活にも、贅沢な生活にもいずれは慣れてしまうものなんですよ。

高い服

GUCCIとか、ヴィトンとか、バレンチノとかってあるじゃないですか。高いですよね。1着で40万円とかしたりするよね……。

こんな高い服が買えるなんて幸せだな」と感じたりもする。でもさ、高い服だって、別に着てしまえばわからない。

贅沢に幸せはないんです……。

高いホテルに泊まってみたりすると、ヴィトンのバッグを持っていたり、バレンシアガのバッグを持っていたり……。

いや、もちろん良いんですけどね。使っても使っても、何も感じないくらいお金を持っているなら別に困らないと思うし。

ただ、高い服とかバッグとか、そういうものに幸せな種はないんですよね。

関連記事:お金があっても幸せになれないけど、お金がないと不幸せになると思う

 

お金があったとしても、私は個人のために使うの好きではない

 

私は個人のためだけに使うのはあまり好きな方ではないんです。自分の生活を便利をするのは好きです。IoT家電を買ってみたり、新しいスマホにしたり、Apple Watchを買ってみたり。

自分の生活を便利にするためのお金は使う。でも、贅沢に幸せはない、ということを私は知っているから、私は、私個人のものを買うのがあまり好きではないのです。

高いアクセサリーとか、高い財布とか、そういうものにはあまり興味がない。ブログのコンテンツになるのであれば、お金を使うこともある。

ビジネスクラスに乗ったりね。でも、私がもしもブロガーではなく、単なる「個人」だったとしたら、ビジネスクラスには乗っていないかもしれない。

贅沢に幸せはない。

だってさ、それを私は贅沢な生活を少しだけ経験してみて思っているから。いや、楽しいは楽しいのだけどね。

でも、贅沢を突き詰めても、私たちは幸せになることができないのですよ。

よく、「お金さえあれば幸せになれるのに〜」みたいなことを言っている人っているじゃないですか。まあ、だからこそ宝くじを買う人がいるわけだしね。

わかるよ。気持ちはわかるけれど、贅沢には幸せはないのです。

贅沢なんて人間が作った幻想だけれど、やっぱりそういう人工的な幸せでは人間の脳って喜ばないようにできているんじゃないかな。

関連記事:「自分で稼ぐ」のはめちゃくちゃ大変だけどその先に自由と幸せがあった

 

清貧思想は大嫌い、でもさ

 

私の場合、「清貧思想」みたいなものが好きなわけではないんですよね。「貧しく、清く生きる」みたいなものが素晴らしいものだ、とするのであれば、私は違うと思うから。

私は「贅沢に幸せはない」と思っています。

でも、貧しいことが良いわけではないのですよ。富だけを追求して自分の時間をすり減らしたり、自分の家族や友人を犠牲にすることが間違っているだけ。

お金はあるだけ使ってしまえば良いよ。別にそこに対しては思わない。まあ、「投資した方が良いじゃん」とは思うけれど、それくらい。

 

そうじゃなくて、お金をたくさん使えることに幸せがある、と思っていることが危険だよ、ということをもっと伝えていきたい。

高い家に住んでいるファミリーを見たら、「あの家庭は幸せだろう」と99%の人が思うはず。

逆に薄汚いボロアパートに住んでいるファミリーを見たら、「あの家庭は不幸だろう」と99%の人が思う。

でも、それはわからないじゃないですか。人間は「贅沢は幸せだ」と思ってしまいがちだけど、そんなことないんですよ。

人によって大切なものは違う。家族かもしれない。夢かもしれない。わからないけれど、お金だけではないのですよ。

そこだけはわかっておいて欲しいな、って。

関連記事:小学生の時、将来の夢をただ純粋に持っていたんです。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。