仕事

私が最終面接で聞かれた質問を思い返してみた。

最近はさ、就活時期がどんどん早くなってしまって、既に最終面接まで行っている人もたくさんいるよね。

きっと、内定を何社分ももらっている人だっているんじゃないかな、と思う。

就活の時期って不安よね。ちょっと苦しかったりもするよね。ふとした瞬間に、「こんなこと、いつまで続くのかな」なんて思ったりする。

でも、いつか終わるものよ。今日はね、最終面接で聞かれた質問を思い出して書いてみようと思う。

 

少しでも参考になれば……。

 

なぜ弊社を志望したのですか?

 

これはね、どこの面接でも聞かれる内容だけど、やっぱり最終面接でも聞かれました。相手は9人くらいだったかな。役員の人とか、人事の人とかね。

音楽系の会社だったので、「日本の音楽を……」的なことを言う人もいたのかもしれないけど、私の場合は、「元々は歌手になりたくて……」という実体験を話しました。

これがね、実は良かったのかな、と思っています。最終面接を担当する面接官でも、やはり就活生が話す内容には飽きてきているものです。

おいおい、また同じようなことを話すのかよ」と思ってしまう。

だからこそ、誰とも似ていない、自分だけの体験談を交えて話すことが大事だと思ったのです。

実体験に関しても、細かく聞かれますけどね。「歌手になりたかったのであれば、なぜならなかったのか?」とかね。

結構、痛いところを突かれます。正直、「これはいじわるだな」と思うようなことを聞かれることもあったのですが、あまり「論理的に答えよう」とかは思わずにやった方が良いかな、と思う。

相手は面接のプロです。特に最終面接で質問をしてくるような人事の人とか、役員の人は「超プロ」だったりする。

だから、下手に隠そうとしない方が良いんじゃないかな。ありのままの自分を表現していく方向性で良いと思う。

関連記事:就活で無気力になる不思議な時期ってあるよね。

 

面接の時にはメガネなのはなぜ?

 

これはね、私でも驚いた質問だったんです。私は目が悪いので、コンタクトをしていたり、メガネをしています。

でも、履歴書の時にはコンタクトで、面接の時にはメガネをしていっていたのです。意図的にね。

なぜかというと、メガネの方が理知的な感じがするから。その方が企業からの印象が良いかな、と思ったからなんですよね……。

ただ、自分では意識していたけれど、面接官の方々にもわかってしまう、というのは不思議でした。

え?見透かされている?」と正直思いましたよね。私の作戦を知っているかのような口ぶりで聞いていたのです。

だからね、私はこの質問に関して、「はい。メガネの方が頭が良さそうに見えるので、これにしました」と答えました。

うん。正直にね、言ってしまったのです。

でもね、なぜか正直に答えたら、反応が良かったんですよね……。あそこで自分の正直な気持ちを話さなかったから、きっと落ちていたんだろうなあ。

なんかね、わかったんですけど、最終面接の質問で困ったらね、「正直な方」を答えてみたら良いと思うんです。

嘘をついても、結局はどこかで違和感が生まれてしまい、面接官からの印象が悪くなってしまいますから。

正直者は馬鹿を見る、というけれど、就活においてはそんなことはないんじゃないかな。意外と正直に答えた方が面接の通過率は良いような気がするよ。

相手だって人間ですから、人間的であるべきなんですよ……。嘘で塗り固めても、きっと何か変なものが相手に伝わってしまうのです。

関連記事:就活は一応ためになるなと思った話。

 

他に内定をもらっている会社はありますか?

 

実はこれも重要だったな、と思っています。私は最終面接の時に既に内定を持っていたのですが、「内定をもらっていない」と伝えていたら、きっと落ちていたと思う。

なぜなら、周りの内定者も「内定をもらっている」と言っていたから。それが本当なのか、嘘なのか、は置いておいて、やはり重要なんですよ。

他社が内定を出す」ということは、「他社が認めた人材」ということ。他者のお墨付きがあるんですよね……。

一方で、どこからも内定をもらっていない場合は、「この子はなぜ内定をもらえないのだろうか?どこか悪いところがあるのではないか?」と疑われてしまう。

粗探しが始まってしまうのです……。うーん。だからね、まあ基本的には嘘をつくべきではないのだけれど、最終面接での「内定はありますか?」という質問は気をつけた方が良いと思う。

こんな感じかな。最終面接の質問と言っても、基本的なことを聞かれるんですよね……。緊張しているのは誰でも同じなので、緊張したまま挑めば良いんじゃないかな。

 

就活の時期は大変だけど、キミスカみたいなサービスを使えば、「最終面接まで行けた」という点を評価してくれたりするし、今は面白いサービスが多いよね。

だから、私の時代よりは少しだけ楽なんじゃないかなあ。どうだろう。最近の就活生の話とか聞いてみたいな。

関連記事:就活に失敗して死ぬ?そんな必要はどこにもないでしょう?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。