旅とあそび

ベルギーで人生初のストライキに遭った!超不便じゃん!

先日ベルギーに遊びにいって来ました!

オランダにも滞在していたので、ベルギーにいたのは5泊だけだったんですけど、

なんとその間にストライキに遭ったんですよ!!笑

 

ストライキだよストライキ!日本じゃ考えられないですよね笑

めちゃくちゃ不便だった〜

 

でも多分ヨーロッパではそこまで珍しいことじゃないんでしょう。

みんなストライキでも普通に暮らしてたからね。

「あ〜今日ストライキだからね〜」くらいな感じだった笑

 

駅に降りようとしたらシャッターが

 

初めて行くベルギーのブリュッセルだったので、東京で言う銀座のようなエリアである

ルイーズ、という駅にあるマノスステファニーというホテルに宿泊しました。

結構いいホテルでしょ。

最終日にそろそろもう慣れた感じでルイーズ駅に降りようとしたんですよ。

ん?なんか見たことない壁があるな…と思って降りたら

シャッター降りてるぅううう!!

しかも落書きすごいいいい!!笑

 

壁という壁に落書きする文化がありますな、こちらは。

ということでいつも開いてるはずのところにシャッターが降りていて、電車に乗ることができません。

結構これに気づかずに降りてっちゃう人がいました。

 

もう一度地上に戻ると

掲示板になんか書いてあるぅうーーー!!!

 

ストライキって文字が見えて、やっと今日鉄道ストライキが起きているんだって知りました…

その場でネットで調べて見たところ、ストライキは夜の22時頃までのようで

つまりは1日移動手段がない、とのこと。

 

しかもストライキは数日前からあらかじめ発表されていたようです。

こういうの旅行者にはわからないよな〜〜

 

ヨーロッパ圏旅行する時は、先にストライキ情報も調べておいた方がいいですね…笑

関連記事:アムステルダム からブリュッセルまで、タリスの一等席で移動してみた!

動いてる線もある

 

実は掲示板に表示があったのですが、「これだけは止まっちゃうと困るだろ」っていうような主要線はいくつか動いていました。

たしか2〜3本だったと思うけど。

 

あとバスもいくつか動いていたので、ちょっと面倒だったけど頭を使って移動することに笑

 

無事その日は観光はできたんだけど、

ただでさえ異国の土地で地図の読み方や鉄道に詳しくないのに、ストライキが重なるとすごい大変ですね笑

歩いて行ってみた他の駅も同様に閉まっていて降りられませんでした。

関連記事:【ブリュッセル】グランプラス観光にビール博物館で飲んだビールが忘れられない

 

帰ってこれないよ、と言われた

 

実はベルギー最終日だったので、ちょっと遠出してブルージュという街に行こうかな〜と思ってたんです。

 

とりあえず歩きまくって、さらにバスとかを乗り継いで、玄関口となるブリュッセル中央駅へ。

セントラルも結構外からみる限りいつもの日常って感じの雰囲気なんですよねぇ。

やっぱ現地の人はストライキに慣れてるのかなぁ。

ブルージュに行けるか、窓口で聞いてみました。

 

そしたら

「日帰りなら、行くことはできるけど帰って来れなくなるよ」と言われちゃいました笑

 

そうか〜そういうものなのか…からくりはよくわからないけど「とにかく今日はストライキだから」と言われたんですよね。

セントラルの中では途方に暮れている人もたくさんいました。多分これは地元民じゃなくて旅行者なんだろう…

座り込んでしまっている人はバックパッカーという感じで荷物が多い人が多かったです。

 

バス停は心なしか混んでいる様子。

どうでもいいけど手前の女性のリュックに「ヒューマンレース」って書いてありますねw

これは面白かったw

 

ブルージュは諦め、使える移動手段だけ使ってブリュッセル観光しました。

関連記事:ブリュッセルの治安はどう?実際に観光地を歩いてみて感じたことを書いていく

 

日本じゃあり得ないことがあり得るんだなぁ

 

日本じゃ到底あり得ないストライキ。

それがヨーロッパでは結構日常茶飯事なんだな、と思い知らされてカルチャーショックでした。

 

給料上げろー!とか、そういう内容でストライキは起きるんだと思うけど、

そうやってみんなが協力して何か行動を起こすことでちゃんと変わるものがあるし、変わるものがあるからこそ変わると信じて行動を起こすことができるのでしょう。

 

日本に足りない部分なのかもなぁと感じましたね。

どんなにブラック企業でも日本は雇われている人が我慢してしまう風潮があるじゃないですか。

それが違う側面から見たら日本のいいところなのかもしれないけど、

こういうのを目の当たりにしてしまうと、もっと行動を起こして変えられるものがあるんじゃないか、とも思う。

 

でもそれはきっと多くの民衆に共通して「アクションを起こせば変えられる」という意識があるからなんだと思います。

日本の政治だとどうしても隠蔽、歪曲、忖度、みたいな感じでうやむやになりがちだもんね笑

 

こうして海外に行くと色々な気づきがあって面白いから

やっぱり旅はやめられないな〜と思います。

みなさんもヨーロッパ圏に行くときはストライキに気をつけて笑

関連記事:本場ベルギーに行ったら絶対行くべきチョコレートのお店をお土産写真付きで紹介する!

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。