人生に悩む君へ

のんびり生きることを日本人はもっと学んだ方が良いぞ。

のんびり生きたいな、と思っていても、日本人はなかなかできないものだと思う。のんびり生きることって意外と重要なことだと思うのに、やっぱりできないのよね。

でも、大切ですよ。みんなはさ、最後にグラウンドみたいなところ、河原みたいなところに寝っ転がって、空を見上げたまま、長い時間を過ごしたのはいつ?

 

きっと、子供の頃だと思うんですよ。もしくは学生の時ですよね。中学とか高校とか、そういう時代から、もうずっとのんびり生きるということを忘れてしまっているような気がする。

でも、たまには良いじゃないですか。のんびり生きるのも。人間としてクズみたいになっても良いじゃないですか。

面倒臭かったら、全てを投げ出しても良いんだよ。

 

やらなきゃいけないことなんて何もなかった

 

生きていると、「これはやらなきゃいけない」みたいなことってたくさんあるじゃないですか。

たとえば、私の場合だと、「12日までには打ち合わせ資料を作らないといけない」とかね。まあ、みんなもあるでしょう?

学生だったとしても、社会人だったとしても、それぞれが何かしらの「やらなきゃいけないこと」を持っていると思うんです。

 

でも、そんなものは実は存在しないのですよ。私もね、たしかにあるよ。「あ、もうそろそろやらないとな」と思うことがある。この記事を書いている時にもある。

ただ、もしもそんな仕事をやらなかったとしても、大きな問題が起こるだろうか。そんなことはない。実は99%の義務はやらなくてもどうにかなるものなんですよ。

たとえば、明後日の打ち合わせ資料を当日、作っていかなかったとしよう。するとどうなるのか。打ち合わせは延期になるだけです。

たしかに、相手には迷惑をかける。でも、死ぬわけではない。完璧主義的に何でもこなそうとしたい気持ちはわかるけど、そんなことをしても消耗していくだけなんですよ。

のんびり生きることで自分の精神衛生が健全な状態になるのであれば、そちらを選んでしまった方が長い目で見たら良いと思うのです。

やらなきゃいけないことなんて何もないのです。

関連記事:真面目過ぎる人が嫌われる?

 

のんびり生きることにしてみた

 

私も昔は「のんびり生きる」なんて考えることができませんでした。だって、経営者だし、やっぱり考えることはたくさんあった。

だから、できるだけ頑張ってきたんですよね。でも、そんなに真面目に生きてみたところで、疲れるだけだったんですよ……。

日本人は元々とても真面目な民族だと思う。私は海外旅行に行くことが多いのですが、日本人ほど信頼できて、几帳面で、真面目な人種はいないな、という印象がある。

でも、その一方で日本人には「緩さ」が全くないんです。何に関しても真面目でしょう?

職場には遅刻をせずに年間で200日くらい通う。学校も同じ。ほとんど休まないよね。日本人を見ていると、「すごいな」と思う。海外と比較すると、真面目で几帳面だから。

 

ただ、だからこそ、のんびり生きることも大切になってくるんじゃないのかな、と思うわけ。

鬱病になってしまう人が周りでもたくさんいる。起業家でもたくさんいるじゃないですか。調べれば、IT界隈でもたくさんいるよ。

だからさ、もっとのんびり生きることが私たち日本人には大切なんじゃないかな、と思う。

明日のことや1年後のこと、10年後のことなんて考えずに、のんびりと生きてみれば良いんです。

なんかわからないけど、今日は良い日だな」と思える日が少しでも増えたら良いよね。違う?

私はこれから先、自分の身体と精神が健康な状態を保てるような生き方をしていきたい。サラリーマンとして働いていた頃は、真っ暗だったような気がする。でも、今は自分でどうとでもできるから。

のんびりと生きよう、と思ったら、それを実行することができる。だから、好きな生き方をしてみようかな、と思うんです。

関連記事:心静かに生きるために経営者ブロガーの私が心掛けていること。

 

小学生の夏休みみたいに過ごしてみようよ

 

小学生の時にはさ、あんまり何も考えていなかったじゃないですか。夏休みになると、公園に行って、遊ぶ。

私の場合はJDBAというドッジボールの公式試合みたいなものにも出ていたので、ずっとドッジボールをしていたかな。

当時は今みたいに、「公園ではボール遊び禁止」みたいなこともなかったから、思う存分遊んでいました。

近所のおばちゃんにボールが当たった時も、全力で謝罪。「本当にごめんなさい!」と言って、すぐにドッジボールを再開。そんな生活でした。

夏休みだと、外も暑いから「80円」だけ持って家を出る。そして、近くの「カップ型の自販機」で飲み物を買っていました。

本当に「その日」だけしか考えていなかった。後のことは全く何も考えずに、遊んでいたんですよ。

でも、大人になると、10年後のこととか、30年後のことを考えて生活をするじゃないですか。だから息苦しくなってしまう。

だからさ、もっとのんびり生きることを大切にした方が良いんですよ。今日が楽しければ良いじゃないですか。

もっともっと、楽に生きてみたら良いんです。

のんびり生きる。今日から始めてみません?

関連記事:人生が不安で満たされることもあるけれど、前を向いて生きような。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。