人生に悩む君へ

誰にも認められない人生だったとしても、それで良いじゃんと笑おうよ。

誰にも認められない、と思ったら悲しいよね。わかる。親に認められたい、という気持ちがあるし、友人や恋人に認められたい。

そんな気持ちを持つのは当然ですよね。でもさ、生きていれば、誰にも認められないことの連続じゃないかしら。

違うかね。私なんて「エリート」みたいなタイプの人間ではありません。だから、何となく「認められない人生だな」と感じつつ生きているような感じがしてしまったりもする。

でも、それでも良いんじゃないかな。認められない人生だったとしても、それを笑っていようよ。

 

まあいっか」と笑っていられたら、それで良いんじゃないかな。

 

誰かに認められるのは物凄く難しい

 

誰かに認められる、というのは物凄く難しいことだと気が付いたんですよね。うん。たとえば、あなたがとても頑張っていたとしよう。

何だろうな。たとえば、ブロガーとして頑張っていて、1日に1記事更新を1年間続けていたとしよう。これは凄いことです。

私が目の前にいたら、「すごいじゃん!」と全力で頭を撫でて、褒めてあげるよ。でも、誰かに自分の努力や成果を伝えるのって難しい。

だって、その人にとってはこちら側の分野のことなんて知らないし、興味がなかったりもする。

おまけに、他人が「すごいな」と認めてくれるのは、「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」みたいなものに出演した時くらい。

だからね、そもそも難しいことなんです。だからさ、誰にも認められない、という状況は頻繁に起こってしまう。

どれだけ頑張っていたとしても、あなたが属している業界で素晴らしい成果をあげていたとしても、私たちはなかなか周りの人たちから評価されないわけですよ。仕方がないんですよ。

でもね、それで良いんですよ。誰にも認められないのは普通のことだと思うから。それはそれで仕方がないじゃないですか。

私だって、そんな「認められない日々」の連続ですよ。そんな中でも、私は何となく頑張って、たまに休んで、また頑張ったりしている。そんなもんじゃないかな、人生って。

関連記事:不器用に生きる人生を僕はまっすぐ走っていく。

 

誰か評価を気にして生きると疲れたんだよね

 

私はさ、昔は「誰かの評価」を気にして生きてきたような気がするんです。周りから「すごい」と言われたい、と思っていた。

でも、誰かの評価を常に気にして生きてみたら、物凄く疲れてしまった。ある日、「何と闘っているのだろうか」と疑問を持った。

誰かに認められたい、と思っていた私は醜く、幸せな顔もしていなかったのです。

だから、私はそんな人生はやめた。「もう誰にも評価されない人生でも良いや」と思ったのです。

ネガティブな転換にも聞こえるかもしれないけど、私はそれでだいぶ楽になったような気がしました。

だって、誰かの評価を軸にして、決断したり、進路を変えなくても良いのだから。たとえば、私が道端で寝ているホームレスのようになったとしても、私だけの幸せ軸を持っていれば、別にそれで良い。

日比谷公園で寝ていれば良い。新宿中央公園でテントを張って、水を飲めば良い。

 

誰にも認められない人生を受け入れるのは虚しいことのように思えるけど、その方が生きていて楽だと思うよ。そもそもさ、生きているだけで大変じゃないですか。

3食も食事を作って食べないといけなくて、買い物をしたり、酸素を吸ったり。めちゃくちゃ大変じゃないですか。

だからね、せめて「好きなように生きる」ということだけは大切にしたいな、と思ったのです。

誰かの評価を気にしてしまう人が多いと思うし、それで結果を出すことができる人だっている。そういう人はそれで良い。

でも、私は疲れた。もっと自分のスピードで、自分の感覚で動いていきたい。

自分の人生なんだから、それくらいの自由は許されるでしょう?

関連記事:自由気ままに生きるための方法を怠け者ブロガーが語る。

 

人生なんて楽しめば良いだけなんだ

 

人生」という言葉を使うと、難しいことを考えてしまいがちです。でもね、人生なんて本来は楽しめば良いんですよ。

絶対に失敗するよ」と言われたとしても、歌手になってみれば良いし、俳優になってみれば良い。

その髪変だよ」と言われたとしても、好きな髪型にすれば良い。ドレッドヘアにすれば良い。人生なんて何でも良いんですよ。

幼い頃の自分に戻って、適当に遊んで、適当に生きれば良い。

人生はさ、本来は楽しむためにある。苦しむためにあるものじゃない。もちろん、つらいことの1つや2つあっても良いよ。

でも、基本的には「楽しみたい」という気持ちが正直ところじゃないですか。だからね、誰にも認められない人生だったとしても、それで良いんです。

 

自分の心が「これをやっている時めちゃくちゃ楽しい!」と思えるものをやっているのであれば、後は何も考える必要なんてない。

ボールを追いかける犬みたいに、ひたすら、好きなことに没頭してみれば良いと思うんです。

誰にも認められない人生で良いじゃないか。バカな人生で良いじゃないか。人生なんてそんなものよ。

関連記事:自分の価値なんてないと思っているから私は生きやすいんです。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。