旅とあそび

博多に行って感じた県民性について書いてみる!

先日博多に遊びに行ってきました!

美味しいものが多いというイメージがある博多ですが、生まれも育ちも東京の私が行ってみた博多の県民性というか

「東京都なんか違う!」と感じた部分を紹介していきたいと思います。

 

女性の美容意識が高い

「博多は美人が多い」という噂はよく聞くもので

確かに私も博多出身の友達が綺麗な人が多いと思っています。

 

それで結構博多に行って女性に目が行ってしまっていたんですけど笑

美人が多い、というより「美意識が高い人が多い」というのを感じました(伝われ…)

 

マツエクをしている人がめっちゃ多い!いや、むしろマツエクをしてない人を探す方が難しいレベル。

髪の毛も長くてお手入れしてる感じの人が多いし、ネイルもやってる人が多いですね。

 

メイクもばっちり目の人が多いです。

 

なんでなんだろうな〜

 

私も女子だけど、マツエクとかネイルとかって結婚式とか人前に出るような時じゃないとちゃんとやらないんですよね…

意外と東京の人ってそんなもんです笑

 

東京よりもマツエクしてる人多いって感じたわけなので博多はすごいです。

関連記事:国内旅行の楽しみ方!海外よりも日本だからこそ、良い事もある

 

気さくな人が多い

 

今回は実際に博多の人と何かふれあいがあったわけではなかったのですが

それでも博多は気さくな人が多い、と思いました。

 

なぜならやっぱり屋台文化があるからです。

東京には無い文化ですからね〜

やっぱり新鮮でした。

だってさ、席、近くない?

屋台によっては本当に隣の人とぎゅうぎゅう詰めって感じの座り方してるんですよ。

 

しかもそこから知り合って一緒にお酒飲んで、場合によっては仲良くなって友達になって

さらに場合によっては恋人になって…となるわけでしょ!?!?

 

気さくすぎるでしょっ!!

 

ちなみに私はチキンすぎるので、屋台に挑戦することはできませんでした…

 

博多行ったらシメに屋台行ってみたいなってずっと思ってたのに

いざ屋台を目の前にしたら全然だめだった。

なぜか東京にもあるすしざんまいに入ってた。美味しかった。

次回博多に行った時こそは勇気を振り絞って屋台に挑戦してみたいと思います…!

関連記事:国内旅行に行きまくってる私がおすすめの行き先を紹介しようと思う

 

パンチの効いた性格が多い

博多の友達の性格や実際に博多に行ってみて感じたことだけど

結構パンチの効いた性格をしている人が多いです。

 

あんまり周りの目を気にせずはっきり物を言うイメージですねぇ。

 

東京だと物静かな性格の人の方が多いから

割とみんな周りに気を使っている感じの人ばかりだけど、

博多に来ると「東京の人は周りに気を使いすぎなのかな…」なんて思うことがありました。

関連記事:地方出身者が「東京は怖い」と感じるポイント

 

強めのファッションの人が多い

 

これは博多を歩いていてめっちゃ思ったことなんですけどね…!

強めのファッションスタイルの人が多いな、と感じました。

 

特に男性なんですけど

  • 色つきのメガネ
  • ズボンから垂れ下がるチェーン
  • ぴったりめのTシャツ
  • ダメージジーンズ

みたいなファッションの方がとにかく多かった…!

 

私チキンなのでね。

ちょっとドキドキしてしまうんですよね、強めのファッションってね。

関連記事:博多ラーメンの超有名店「一双」に行ってみたら超行列だった

 

ということで東京から博多に行ってみて感じた博多の県民性について書いてみましたが

やっぱり同じ日本でも土地が違うと全然印象が変わるものだな、と感じるので国内旅行も楽しいですよね。

 

国内旅行行く時は「自分が住んでいる地域の人たちとどう違うか」みたいなことを考えるのもまた楽しみ方の一つなんじゃないでしょうか。

岩手とか結構県民性強く感じて面白かったな〜

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。