人生に悩む君へ

飽きっぽい事はむしろ良い事だと思う!

飽きっぽいことって悪いことだとよく思われてしまいますよね。

 

最初は情熱を持ってやっていたのに何日かすればあの時の情熱はなんだったのか?と思ってしまうほどに飽きっぽいひといますよね?

 

私自身もとても飽きっぽいほうです。でもそれって本当に悪いことなのでしょうか?続けることが偉い時だってもちろんありますよ。でもそうでは無い時だってあると思うんです。

 

飽きっぽくてもいいじゃないですか!

ということで今回は飽きっぽいひと推奨論!

 

飽きっぽいと固執しない

 

飽き性って悪い事ではありませんが、世間では飽きないことが美徳というかかっこ良いって思われていますよね?

でもそれは間違っていることもあります。

なぜなら飽き性ではないひとは固執してしまうからです。

 

例えば、会社での新規事業プレゼンで優勝し、社内起業することを考えましょう。始めた当初は自分の事業がうまくいくと思ってみんなやるわけです。

でもその事業が成功するとは限りません。もしかしたら失敗するかもしれないし、思ったよりも儲からなかったということもあるでしょう。

 

でも自分が考えた事業プランです。だからこそどうしても固執してしまう部分ってあるんですよ!

 

新規事業って最初からマネタイズして収益がうなぎのぼりなんてことはまずないです。だから長期的な目線で儲かればもちろん良いのですが

 

いかんせん

 

「まだ始めたばっかりだしどうにかなる!」と思ってしまうんです。

 

でもこの時ってもう既に遅かったりすることもあるんです。
自分が考えた事業だとどうしてもそこに愛着が湧いて、簡単に諦めることが出来なくなってしまっているんです。

だから自分の事業に対して客観的に慣れないことって多いんです!でもこれがもし飽きっぽいひとだったら違います。

 

「あれ?なんか飽きて来たかも….これって本当にやる意味あるのかな?」って懐疑的な視点を持つことが出来るんです。

 

こういった冷静になれる力もひとつの能力だと思うし、

リスクを減らす事だって出来ると思うんですよ。世間では飽きっぽいことはだめだと言われるけど、そうでもなかったりしますよ!ほんとに。

関連記事:器用貧乏に向いてる仕事

 

 

飽きっぽい人は興味のあることを片っ端からやれる

 

飽き性のひとってすぐに飽きてしまうから色んなものに手を出してしまうことって多いんですよね。

でもそれって強みでもある。

自分って自分で思っている以上に曖昧なものです。だから「これがやりたい!!!」って意気込んでいたとしてもやってみたら違ったなんてことがあります。

 

でもその逆でめちゃくちゃはまるってものを見つけることだってあるんです。飽き性のひとってなんでも飽きてしまうと思われがちですが、

 

そうではありません。

 

自分がこれだ!!!と思ったものに対してはとてつもない情熱を注ぐのも飽き性のひとの特徴なのです!

 

私自身とあるものにはまって寝食を忘れていたときもありました。

 

飽き性だと自分の好きなことを見つける可能性が高くなるのです。

 

飽きっぽくなかったら気がつかなかった自分のやりたいこととか信念とかが見つかることってとても多いように生きて来て感じました。

やりたいことはやりたいだけやってまずは一歩踏み出してみることも大切ではないでしょうか?

会社に入ってしまうとどうしても週末だけが仕事以外の時間になってしまいます。また、平日に溜めたストレスを吐き出す唯一の場所が土日なんてことになってしまうんです。

 

でも、そうしているうちに月日はどんどん経って、老いていってしまうんです。人間って忙しすぎると考える時間がものすごく減ってしまいます。

 

だからブラック企業にはいっても

 

「とりあえず明日はいくか!」となって長くいてしまうのです。

 

でもそれって実はとても危険なことですよ。思考停止している時はわからないかもしれないのですが、飽きてみるとわかることもあるんです。だから飽きっぽいことを強みにすることもまた大切なのです。

 

そして

 

「これっておかしいよね?」っていう疑問を少しでも持つようにしてください。

そしたら変わってくるものもあるでしょう。そのために飽きっぽさってのも重要な要素になってくるんですよ!世の中では飽きっぽいことは悪い事だと言われるかもしれません。

でもそのひとたちが正しいとも限らないんですよ?

 

飽きっぽい人はその飽きっぽさに誇りを持ってしまいましょう。

関連記事:仕事をしない人の特徴

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。