人生に悩む君へ

心の底から憎い人がいたけど、人はそんな事も忘れて生きていけるもんだ

心の底から憎い人、みなさんは出来たことがありますか?

ちょっと怖い内容に感じるかもしれないけど、この記事に辿り着いてくれたってことは「憎い人」と言われて顔が思い浮かぶんじゃないかな笑

 

私は喧嘩とか人との争いが好きなタイプではありません。

怒る時も「激昂する」みたいなタイプじゃなくて、どちらかというと「感情が冷えていく」みたいな方向に行くタイプです。

 

だから人生で憎い人ができるなんて思ってもいなかったんですよね。

でも夢にまで見るほど、憎い!って思う人が出来てしまったんですよ。

 

憎い人が出来るのは悪い事じゃないと思った

 

当時その人とは仕事で出会い、本当にひどいことを色々されて

私自身少し精神的に病んでいた部分があると思います。

もう憎い気持ちばかりで目の前が埋め尽くされてしまっていました。

 

そんな自分が恐ろしかったし、他人に対してここまで「憎い」という感情を持ってしまえる自分が「いけないもの」のように感じていたんです。

 

こんな感情を他人に対して持ってしまえるのか、自分…と。

 

でも今冷静になって考えてみると、世の中にはたくさんの人がいるし

自分には到底理解できないような考え方を持っている人って絶対にいると思うんですよね。

 

育った環境や、今まで信じてきたもの、経験によって人格が作られるのであれば

そういった要素が違えば全く考え方が異なる人になることもあるでしょう。

 

だから別に「憎い人がいる」っていうのは悪いことじゃない。

出会ってしまっただけ。

出会わないままでいたかったけどね笑

 

世の中にはこんなに憎いと思える人がいるんだな〜と思ったわけです。

関連記事:上司との日々がトラウマになるくらいぼくはあなたが嫌いでした。

 

憎い人でもちゃんと人は忘れられる

 

今でも思い出すと胸糞悪いって感じですけど笑

それでも私は憎い人のことを忘れつつあります。

 

一緒に仕事をしていた頃は毎日その人のことを考えて気持ちが落ち込んだり、ぷるぷると怒りに震えていたこともあったけど

その人がいてくれたからこそ、私はその仕事から離れる決心がついて、その人とは全く関わらない人生を選択することができました。

 

いざ憎い人と関わらない人生を歩み始めてみると

びっくりするほどその人のことを思い出さなくなるものです。

 

ふとした瞬間に「そういえばそんな人もいたな〜」と思うくらい。

それくらいに落ち着くことができたんですよね。

 

当時一緒に仕事をしている時は「コイツだけは不幸になって欲しい」くらいに思ってたんだけどね笑

人生で初めて他人の不幸を願ってしまいましたよ笑

 

今ではそんな感情もなく、「私の知らないところで、私の人生とは全く関わらずに生きてくれ」くらいにしか思ってません。

 

本当に憎い人ができてしまった時、一番大切なのは「その人と関わらない人生を選択すること」なんじゃないかな、と今は思います。

 

その人と関わることによって毎日憎悪の念に自分が駆られてしまう。

そんな自分にもきっと嫌気がさしてしまうでしょう。

 

でもその人と関わらない人生を思い切って選択することによって、驚くくらい人は憎いという感情を風化させることができるんです。

そんな人もいたな〜でももう関係ないからな〜って。

 

憎い人と関わらないようにするために、それまで結構大事にしていたものを捨てました。

長い付き合いだった人たちともお別れして、その仕事も離れることに。

 

それでもその憎い人と関わらなくなったことによって私の人生はものすごく幸せになったと確信することができています笑

 

どうして憎い人のためなんかに自分が色々捨てなきゃいけないのか、なんて当時は思っていたけど

それでよかった。

憎いとまで思ってしまう人の近くにいる方がよっぽど毒なんですよ。

 

美味しいものって嫌いな人と食べてもあんまり味がしないけど、

大好きな人と食べるとより美味しくなるじゃないですか。

それと一緒で、「好きな人たちに囲まれた人生を送る」というのが私にとっては一番の幸せだと気づくことができたんですよね。

 

嫌いな人とは距離をおく。

できればその人と一切関わらなくてよくなるような人生を選ぶ。

 

そうすることで、憎い人に人生を侵されなくて済むんです。

関連記事:上司に仕返ししてから退職しよう、なんて馬鹿なことは考えるな。

 

今ではあの人はネタです

 

そんなこんなで楽しい生活を今は送ることができている私ですが、

この記事もそうだけど、今ではその憎い人がネタになっています笑

 

人生で唯一、憎い!不幸になれ!と念じた人ですからね笑

 

この記事が書けたのもその人のおかげだし、仕事の人間関係が辛いと相談してくる人には良いアドバイスができるかはさておき、めちゃくちゃ共感することはできます。

 

私にも人を憎む心があるのか、と気づかせてくれたのもその人だし

きっとある意味私の中で伝説の人なんですよね。

 

その人を超えるほどの人はこの先出てこないような気もするから、「あの人よりはマシやろ」と思えるので人間関係を築くための自信にもなっている。

 

今まさに憎い人と関わる毎日を過ごしている人は

どんなにその人と離れても憎い気持ちは変わらないだろう、と思ってしまうでしょう。

 

でもね、人は簡単に嫌なことを忘れられる生き物なんです。

その人と関わることをやめるだけで、自分の人生がとても幸せなものになると思いますよ。

関連記事:社会人が辛いと思うのであれば、環境を変えた方が良い。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。