人生に悩む君へ

平気なフリをしなくなって、初めて大人になれるんだぜ。

平気なフリをしてしまうことってあるよねえ。何でだろうね。人間ってのは弱くて、ださくて、どうしようもない生物なのに、なぜか平気なフリをしてしまうのですよ。

たしかにさ、わかるよ。平気なフリをすれば、何事もうまくいったりするよね。何でもこなして、誰とでもうまくやっていけることだってある。

社会で生きていくために、あえて平気なフリをして生きることだってある。

 

でもさ、それだと心が追いついてこないと思うんです。平気なフリをしたいならしていれば良い。

していれば良いけど、平気なフリをしなくなって、初めて大人になれるんだぜ。

 

平気なフリをすることに慣れてしまった私たち

 

私たちはいつからか平気なフリをすることに慣れてしまったのではないか?と思うんです。

たとえば彼女と別れたとしても、上司に嫌味を言われたとしても、学校でいじめにあっていたとしても、私たちは平気なフリをしてしまう。

毎日、毎日、平気なフリをしてしまう。最初は「平気なフリをしている自分」を意識していても、慣れてしまえば、やがてそんな自分さえも見失う。

寝る前に歯磨きをするような感覚で、「平気だよ」という嘘をついてしまうようになるのです。そこに大きな意識はない。

罪悪感もない。

 

そんな風に「平気なフリをする」ことがこの国では美徳のような扱いになっているような気もしてしまう。

どんなにつらいことがあっても、歯を食いしばって、平気なフリをする。その姿こそが美しく、崇高なものだと考えている人だっていると思う。

でもさ、全然大丈夫じゃないのに、平気なフリをしたところで、疲れるだけなんじゃないかな、と思うよ。

私にだって平気なフリをしてしまうことがある。つらくても、「余裕でしょ」と嘘をついてしまうことがある。

 

あるけど、やっぱり私の心はつらくて、心の状態と囚われ方の違いの間で苦しんでしまうことが多い。

だから、やっぱり言った方が良いんですよ。平気なフリをすることが「格好良い大人の姿」だったとしてもね。

関連記事:「大丈夫?」と聞いてくる女子「どうすれば良いのか?」を考える男子

 

自分の気持ちを表現しようよ

 

なんかさ、私たちって自分の気持ちを表現してこなかったじゃないですか。日本人だからなのかな。

たとえば、就職する時に「なんか不安だな」と思っても、私たちは平気なフリをする。

別に何ともないよ」みたいなね。でも、実際には不安な人の方が多いじゃないですか。不安で不安で、「もう嫌だ」と思ってしまう人の方が多いんです。

ドキュメンタリーなんかでもさ、「新人時代は、どんなにつらいことがあっても弱音を吐かず、歯を食いしばって頑張っていた」みたいな人が映し出されたら、多くの日本人は感動するでしょう?

 

自分の気持ちを表現せずに、平気なフリをすることが正しいと思わされてきたのです。教育のせいかもしれないからね。仕方がない部分でもあるよ。

 

でも、平気なフリをし続けても、きっとどこかで心のバランスが崩れてしまうと思うよ。だて、人間の心はそんなに強くないから。

 

私は自分が「弱い」ということをよく知っています。嫌なことがあったら落ち込むし、嫌いな人に会ったら2度と会いたくない。

そんな人間なんですよ。ただ、だからこそ私は平気なフリをしないようにしています。

 

前職では音楽系の会社に勤めていたのだけど、家では「もう無理だ」とか「なんでこんなことをしているのかわからない」と愚痴っていました。

格好悪いよね。普通にサラリーマンとして働いているのに、男性が愚痴っているんですよ。

でもね、吐き出した方が心の健康を保つことができるんです。「格好良い自分」を優先して、平気なフリをしてしまっていたら、どうなっていたんだろうな。

 

何か事件にでもなっていたのかな。うーん。それはないか。でも、良い結果にはなっていなかったと思う。

自分の気持ちを素直に表現することって大事よ。学校では「自分を表現しましょう」なんて教えられないけど、大事なことなんだよ。

関連記事:自分という人間を言葉で表現したり、理解してもらうことがすごく苦手なんだ。

 

みんなも質問箱から悩みとか相談してね

 

平気なフリをしている人があまりにも多いと思うんです。でもさ、「平気なフリなんてするんじゃない」と言われても、現実には平気なフリをしてしまう人が多いと思うんです。

私も、最も繊細だったら学生時代なんかは、相談したくても、相談することができていなかったような気がします。

だから、学校の行きとか帰りで、自分のバンドブログみたいなものを更新していたんですよね……。そこでだけ平気なフリをせずに話していました。

みんなもそんなもんで良いんじゃないかな、と思うわけですよ。

 

もしも、悩みとかモヤモヤした気持ちがあったら、質問箱から相談して欲しい。ネット上で、しかも匿名だったらさ、思っていることを言えたりもするじゃないですか。

そんな場所があっても良いのかな、と。

 

平気なフリをして、生きていったら、表面的には生きやすいのかもしれない。でも、それだと息苦しいじゃないですか。息が詰まるじゃないですか。

本音を言える場所があったら良いな、と思って。

質問箱の質問をそのままツイッターで返すことが多いけど、記事で返していることもあります。

今後はYoutubeで返すこともあるかも。形は変わるけど、平気なフリをせずに生きられる居場所になれば良いな、と思う「まりも」です。

関連記事:どうせ最後は死ぬわけだしって心意気

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。