コラム

言わなくても伝わる、っていうおごりが人間関係を一番ダメにすると思う

みなさん、きっと誰もが自分にとって大切だと思っている人がいるでしょう。

家族だったり恋人だったり友達だったり。

 

そういう大切な人に、いつも自分が本当に相手のことを想っているんだ、という言葉を伝えられているでしょうか?

 

言わなくても伝わる、なんて思っちゃってませんか?

 

逆に、「言わなくても伝わると思ったわ」と言われて「めんどくせええええ」ってなったことも、あるんじゃないかな。

特に仕事の現場とかね。こういうの結構私は無理なんですよね笑

 

言わなくても伝わる。

そのエゴがね、一番人間関係をダメにするものだと思うんですよ。

 

「好き」は言わなくても伝わる

 

言わなくても伝わる、っていう気持ちが起こりやすいのはやっぱり恋愛じゃないですかね〜

 

特に男性の場合、女性に対して毎日しっかり愛情のアピールをしたり、感謝の気持ちを伝えたり、といことが苦手な人が多いように思います。

 

でもね、女子からしたら「毎日好きって言って欲しい!」っていう人が大半なんですよね。

なんなら「好きって言ってもらわないと不安になっちゃう」っていう女子も結構多いと思いますよ。

 

私は「好きって言われないと不安になっちゃう」というタイプではないですが

それでも「好き」って言ってもらうと何度だって嬉しいし、幸せな気持ちになるものです。

 

そして「好き」って言ってもらうほど、こちらも「好き」と言いやすくなると思うんですよね。

 

よくね、「好き」って言葉を言いすぎたら、一度の「好き」の価値が下がるじゃん、みたいなことを言う男性がいるんですよ。

好き好き言い過ぎると好きの安売りになる、みたいなね。

 

でも私は、好きって言えば言うほど愛情が深まるものだと思っているんですよね。

 

だって嬉しいじゃん。いっぱい言われたら幸せじゃん。

たった二文字の言葉で相手を幸せにすることができる言葉なんて、もっといっぱい言った方がお得じゃないですか。

 

きっとね、「好きを言い過ぎると安売りになってしまう」と思っている人は

どこかで「相手に飽きられることが怖い」と思っているんだと思います。

 

確かに無限なんてないし、相手がいつか自分に飽きる日が来てしまうかもしれない。

それでも、自分が相手を好きな気持ちは変わらないでしょ?

 

相手が自分を好きでも嫌いでも、相手のことが好きだと思えるのが愛情なのではないかなと思うのです。

反抗期の息子だって親からしたら可愛い息子、みたいな感じ?

それはまた違うのかな、わかんないけど笑

 

でも愛情って無償であげられるものであった方が、自分も苦しくないと思うんですよね。

自分が愛情をあげるから相手にも何かを返してもらおう、とかじゃなくて

愛情をあげたいからあげるの。

 

相手に何かをして欲しいなんて思っていない方がずっと相手を愛しやすいと思う。

 

だからね、言わなくても伝わるって言って相手に気持ちを伝えるのを怖がるのではなくて

言わなくても伝わってるかもしれないけど、それでも溢れる好きを言った方がいいと思う。

 

それをするだけで、だいぶ楽しい恋愛ができると思うのです。

相手が不安になるような恋愛なんてかわいそうじゃないですか。

関連記事:彼氏に愛されてるのか?と確認する恋愛は虚しい世界に行く

 

察して!ってやつはめんどくさい

 

言わなくても伝わるってやつは結構自分がそう思うだけじゃなく

他人からそう思われていることもあるものです。

 

「言わなくても伝わるでしょ!」って態度とられたこと、ないですか?

 

機嫌が悪そうな雰囲気とかをガンガンに出されたりとか

仕事で教えて欲しいことがあるのにそれを聞くのをためらっちゃうような雰囲気にされたりとか。

 

そういうのってものすごく気を使うじゃないですか。

 

だから私はなるべく人にやらないようにしないとなーと思っています。

できているかは謎だけどね笑

 

だって怒っているのも「なんで怒っているのか?」というのが相手に伝わらなかったら

相手は原因を特定できなくて、改善のしようがなくなってしまう。

 

また同じことを繰り返すかもしれない。

 

そしてまた怒る?

そんなの悪循環以外の何ものでもないでしょう笑

 

人間にはせっかく言葉があって、それを伝えるための口や声があるのだから

自分が思ったことをしっかりと相手に伝えるというのは、人間関係を円滑に育んでいくために絶対に必要なことなんだと思うんです。

 

言わなかったら伝わらないことだらけだし

言ったって伝わらないことも多いんだからね笑

 

仕事でも「言わなくてもわかると思った」っていうのは不親切だと思う。

みんながみんな自分と同じ感覚で生きているわけではない。

自分の認識と相手の認識がきちんと合っているのか、常にすり合わせながらやっていかないと

すぐに人間関係って壊れてしまうと思うのですよ。

関連記事:人間関係の悩みはどうして生まれるのか

 

一番伝えなきゃいけないのは「ありがとう」だと思う

 

言わなくても伝わるかもしれない。

でも絶対に言った方がいいのは「ありがとう」という言葉だと思うんです。

 

何気ないことでもいいから、ありがとうっていっぱい言っておく。

それだけで、自分の周りの人がめちゃくちゃ頑張れると思いますよ。

 

だってさ、自分にとってものすごく簡単なことでも「ありがとう」って人から言われたら嬉しいじゃん。

また「ありがとう」って言ってもらいたいなって思ったり、

もっと喜んで欲しいな、って感情が生まれたり。

 

そういう、人の心にものすごくプラスに働きかけるのが「ありがとう」っていう言葉だと思うんですよね。

 

例えば冒頭で話した「好き」っていう言葉は文字通り「好きな人にしか使えない言葉」だと思う。

 

でも「ありがとう」ってぶっちゃけ誰にでも言えるじゃないですか。

嫌いな人だとしても、その人がやってくれたことに対して「ありがとう」って言うことは簡単でしょう。

 

嫌いな人に「好き」って言うよりは全然簡単だと思う笑

 

自分がその人のことを「苦手だ」と思ってても

その人は「ありがとう」と言われたら悪い気はしないはず。

 

そうやって嫌いな人との人間関係をも円滑にするのが「ありがとう」って言葉なんじゃないかな。

 

手の届かないものをとってくれた、とか

それくらいの本当になんでもない簡単なことでもいいと思うから

「(言わなくても伝わるだろう)」じゃなくて「ありがとう」に変えてみてください。

 

そうやって周りの人の雰囲気が良くなれば、自分だってすごく生きていきやすくなると思うから。

関連記事:嫌いな人との接し方を教えよう。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。