コラム

負けず嫌いの長所と短所

負けず嫌いの人っていますよね!何をするにも誰にも負けたくないってとても大切なことです。負けず嫌いだと思っていない人も「自分の得意分野では絶対負けたくない!」って思っているのであればそれはもう負けず嫌いな人だと思います。

 

でも、負けず嫌いってどんな長所と短所があるのか?それっていままで語られてこなかった事だと思うんです。そこで今回は負けず嫌いの長所と短所について書いていきたと思います。

 

 

負けず嫌いの長所

 

負けず嫌いって基本的には良い事だと思うんですよね。負けたくないって気持ちは常に自分にエネルギーになります。

自分の中だけで完結して頑張る事が出来る人は別に良いと思うんですけど、そうじゃないひとって他人がいることによって頑張れたりしませんか?私なんかはひたすら自分と闘うみたいなかっこいいタイプではないのでいつも誰かと競っていた方が楽しいと思ってしまうんです。

 

ではそんな負けず嫌いの長所について書いていきましょう。

 

長所①:何事も頑張る事が出来る

 

これってあると思うんですよね。他人に負けたくない!って感情を持っていない人って「別に負けてもいいや!」って思っているということですよね?でもそれで本当に良いのですか?

他人に勝つ事って他人より頑張るということを意味しているんです。効率がどうとかいうひともいるかもしれませんが、そんなこと関係ありません。努力の差が他人との差なんです。

 

つまり、ライバルがいると頑張るんですよ!それってとても良い事です。仕事であれば自分の仕事の質が上がるだろうし、趣味であれば他人よりも練習して上手くなろうとしますよね。本当に良い事がたくさんあると思います。

 

いまは他人と競争することが悪い事みたいな風潮がありますよね?でも、それは努力という意味合いにおいてはとても良い事だと思います。

最近だと運動会でもみんな同着にするみたいなことってあるらしいじゃないですか!でも、そんなことしていてもだめだと思うんですよね。競争っていつも大切なんです。女性とか競争が嫌いって人もいるかもしれません。でも、競争こそ大切な事なんです。(ビジネスやスポーツにおいてはね!)

 

長所②:自分を越える事にもなる

 

負けず嫌いな人って世の中にはたくさんいます。負けず嫌いの人がそうではないひとに勝つ事って別に大して難しい事ではないんですよ。

努力すれば出来ますからね。でも、それが負けず嫌い同士になると話が違ってくるうんです。一度相手に勝ったとしても、その後また勝てるとは限りません。だって相手だって負けたくなくて常に努力をしていますからね。

したがって負けず嫌いであることって実は自分を越える事にも繋がってくるんですよ。

一度成果を出してしまうと人間ってなかなかそれ以上にいく事が出来ません。これはもうしょうがないことですよね。結局、自分を越える事が出来ない人がたくさんいるんですよ。

でも、もしも負けず嫌い同士で競っていたらそれも変わってくるんです。過去の自分を越えるように努力をし、常に負けないように頑張るようになるんですよ!

 

自分で自分を越える事ってかなり大変なことです。でも、だからこそ、負けず嫌いという要素が大切になってくるのではないでしょうか?だからこそ自分が思ってもいないところまで自分を連れていくことが出来るのではないでしょうか?そう思います。

 

負けず嫌いの短所

 

負けず嫌いって良いところもたくさんあるんです。私だってかなり負けず嫌いな方なのでそれで得をしたことが何回もありますよ。

でも、それとは反対に短所だってあると思うんですよね。

という事で次は負けず嫌いの短所について書いていきます。

 

短所①個性が強い人だと思われる

 

これはもうしょうがないことなんですけどね、日本だと特にあることだと思います。日本ってあんまり個性が強い人を求めていないじゃないですか!

就活とかだと特にそうですよ。

会社の言う事をきちんと聞く素直で真面目な人が欲しいだけなんです。するとこういった負けず嫌いの人って嫌厭されてしまうんです。

 

会社に入ってからはもしかしたら営業成績を伸ばすかもしれません。でも、それだけではなく、会社は周りの人間ときちんとやっていけるのか?そして上司の言う事をきちんと聞くのか?ということを見ているんですよ。こういう文化ってなんかくだらないな!って思ってしまうんですけどね、就活だとマイナスに出てしまうかもしれません。

 

短所②:自分一人で頑張るものが出来ない

他人に勝つ事に関しては情熱的な負けず嫌いでも意外と一人だと何もしないってことがあるんですよ。

一人だと競争する相手もいないしやる意味がないかな?ってなってしまうひとって結構いるんです。だからこそ、仕事では少し嫌がられてしまったりするんですよ。

サラリーマンとして働いているとどうしてもやりたくないつまらない競争がない事務作業みたいなものをやらなくてはいけないことってあるんですよね!もちろん私はつまらない仕事はやるべきではないと思うんですけど、それでもサラリーマンとして働くからにはそういったものってあるんです。

 

すると、そういった一人でやるような仕事が出来ないってことは良くないことなんですね!そこに競争のシステムを入れる事が出来るのであれば良いのかもしれませんが、全てをそうすることは出来ませんよね。結果的に周りからも浮いた存在になってしまうことがとても多いんです。

 

 

負けず嫌いで良いじゃない

 

どうでしたか?負けず嫌いな人って最近は結構減りましたけど、良いことだと思うんですよね。いま負けず嫌いなひとがこの記事を読んでいるのであればもっともっと大切にして欲しいです。

社会や周りから受け入れられない事ももちろんあると思います。しかし、それでも持ち続けるべき大切なアイデンティティだと思いますよ。

周りなんてどうでもいいんです。気にせずいきましょう。

 

負けず嫌いだから頑張れる事だってあるし、負けず嫌いだから努力をする人だっているはず。「負けて悔しい」と思えるなら、

今後伸びていくタイプだと思う。

 

私も負けず嫌いだったからこそ、様々な事を頑張ってこれたのかな?と思う。前はそんな事思わなかった。

 

負けず嫌いじゃなかったら楽なのにな」なんて考えていました。でも、負けず嫌いは長所でもあるのです。

 

伸ばしていけば良いのです。

関連記事:人生が幸せだと思える要素とはなんだろう?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。