投資家のお金論

大家の会について現役投資家が思うこと。

ブロガー界隈では、「オンラインサロン」というものが流行っていますが、不動産投資の世界では以前から「大家の会」というものが存在しています。

オンラインサロンみたいなものが出来上がる前から、存在していたのです。

不動産投資家の中には、大家の会に入る人もいるのですが、現役の不動産投資家である私からすると、「大家の会ってどうなんだろうな」と思ったりもするわけです。

 

入りたい人は入れば良い。でも、入ることによるメリットってどの程度あるのだろうか、と思ってしまった。

現役の不動産投資家である「まりも」が話してみるよ。

大家の会に入るメリットはある

情報収集手段としての大家の会

大家の会には基本的には反対なのですが、デメリットだけを話しても仕方がないので、メリットを考えると、

まあ、情報収集手段としては大家の会って良いと思うんですよ。大家の会に参加すれば、他の投資家と出会うことができます。

だからこそ、クロス単価について情報交換をすることができたり、良い管理会社について聞くことができる、というメリットはありますよね。

 

全く情報がないところから新しい地域に入りこんで、不動産会社と交渉していくのって実はとても難しいことなんですよ。なんせ不動産業界は古いのでね。

だからこそ、大家の会に入って情報収集をする、というのはメリットでもあるのかな、と思います。

 

孤独からの脱却

 

不動産投資家って基本的には孤独な職業なんですよ……。私は不動産以外のビジネスもやっているので、完全な孤独にはならないのですが、

不動産投資家には孤独な人が多いような気がします。その点、大家の会に入れば、他の投資家と会話することができますからね。

どんな物件買いました?」とか「あそこの地域はどんな間取りが人気ですか?」とかね。

そんな不動産談義をしながら、交流することができるんですよ。そういう面ではメリットもあるのかな、という感じです。

 

不動産投資家って格好良いな」と思うかもしれないけど、基本的には孤独なんです。兼業投資家だったら違うけどね。

不動産投資を専業でやっている人は、だいたい孤独なんです。

関連記事:私が木造アパートを売却したリアルすぎる不動産話。

 

大家の会に入る意味がないと思う理由を書いていくね

大家同士は敵同士でもある

大家の会に入るのは買ってだけど、基本的には大谷同士は敵同士でもあるんですよね……。

不動産投資家が収益物件を買う時には、「できるだけ安く買う」というのが原則です。だから、誰よりも早く買い付けて、誰よりも安く買いたい。

それが不動産投資家の心理なんです。そうなってくると、大家の会が邪魔になってきますよね。

場所によって大家の会の雰囲気も違うと思うのですが、私の知っているところだと、「1人だけ儲けるのは良くない」という意識の人が多いところでした。

そうなってくると、本来は敵同士である投資家たちがお互いに「面倒な存在だな」と思い始めるのです。

 

基本的に不動産投資家同士で仲良くするなんて、できないと思うんです。だって、求めているものが同じなのだから。

投資する地域がAさんは「北海道」で、Bさんは「沖縄」とかだったら良いですよ。クロス単価情報だけじゃなく、設備とか、塗装、左官工事とかの相場も教えてもらえる。

 

でも、そんなことばかりじゃないんです。

 

思想の偏りが生まれる

 

大家の会に行けば、所属する大家の会の人たちの意見を聞くことになります。広告料に関してとか、外壁の修繕をやるべきかとか。

後は何だろう。内装の雰囲気とか、家賃を下げるタイプかとかね。でも、こんなものは投資家個人が決めることであって、誰かに聞くべきことではないと思うんです。基本的には。

 

だから、大家の会に所属して、他の不動産投資家に教えてもらっても、あまり良いことは起こらないんじゃないかな、と思っています。

思想の偏りが生まれてはいけないと思うんです。自分で構築していった考え方であれば、それは「投資の哲学」だと思うけど、他人から影響を受けた考え方ってあまり良くないんじゃないかな、と。

投資は個人の意思で回していくべきだ、と私は思っているのです。

私も投資歴は長い方ですが、不動産に向き合う過程の中で「やはり自分なりのスタイルを見つけないとダメだな」という考えに至ったのです。

関連記事:ウェルスナビの運用状況を報告するよ【2018年11月現在】

 

投資家になりたいなら群れるべからず

 

投資家になりたい、と思っているのであれば、基本的には群れない方が良いと思っています。

有名な投資家で群れている人っていないんですよね。少なくとも私の周りでは群れている投資家なんていませんよ。

数十億単位で投資をしている不動産投資家だって群れていません。孤独な状況の中で戦っているのです。

私だって同じ。他の投資家と群れることはない。

 

投資家ごっこがしたいなら、きっと大家の会に入るのも良いと思う。もちろん、一部の大家の会には有益な情報を提供しているようなところだってあるでしょう。

 

でも、それは一部だし、基本的には大家の会には入るべきではない、と思うのです。

自分で考えて、自分で行動する。不動産投資家ってさ、基本的には自営業だし、起業家みたいなものなんですよ。

 

だから、自分でアイデアを出して、自分なりの価値を創造していく必要があるのです。アパートでも、区分でも、戸建てでもね。

オール電化にするのか、どんなクロスにするのか、スマートホームにするのか。それは自分で考えて決めるべきことなのです。

関連記事:ウェルスナビで資産が4%増えた【運用報告】

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。