人生

だらしない自分をめちゃくちゃ好きでいようぜ。

だらしない自分を意識する瞬間ってさ、みんなにもあると思うんですよ。私にもあります。

 

どうしようもない人間だな、と思う時だってやっぱりある。

社会人としてある程度は経験もある方なのに、やっぱりどうしようもない人間で、だらしない人間だったりするんですよね。

 

きっと世の中の人、このブログを読んでくれる人の中にも、「だらしない自分」を意識したことってあるでしょう?

うん。そんな自分を責めてしまったり、改善しようとしたりする人っていると思う。でもさ、別に良いんじゃないかな。そのままで。

 

だらしない自分をめちゃくちゃ好きでいようよ。怒る人もいるのはわかるけど、良いじゃない。そのままでいた方が良い。

 

私のだらしないところを紹介するね

遅刻してしまう

私、すごく遅刻してしまうんですよね……。社会人としてきちんとした対応をしなければいけないことはわかっています。

大人としての行動とかね。やっぱり経営者としても大事ですよね。会社の顔ですし……。でも、やっぱりだらしない自分がどこかにいるんですよ。

ちゃんとしよう」という意識がないわけではないよ。一応大人ですから、きちんとした行動をしよう、という気持ちはあるんです。あるんですよ、本当に。

でも、無理なんです。遅刻してしまうんです。だらしない自分が脳内に住んでいるんです。

 

期限までに仕事ができない

期限までに仕事ができない、って完全に「仕事ができない人」の特徴だと思うんですよ。ええ。つまりね、私は仕事のできない男なんです。

期限までに仕事をして欲しい、と思うのは当然じゃないですか。私も取引先には「ちゃんとやって欲しいな」と要求してしまうような気がする……。

でも、自分のこととなると、できないんですよね。期限までに仕事をするのが向いていないんです。

 

だからこそ、私は経営者として周りの人に頼りながら生きているんだと思うんですけどね。

サラリーマンだと「個の力」が必要だけど、法人なら「組織の力」で良いからね。だらしない自分みたいな人がいても、問題ないのです。

 

嫌いな人は取引先でも避けてしまう

嫌いな取引先でも、仕事であれば優しく接するのが大人じゃないですか。わかりますよ。でも、私は無理です。嫌いな人は嫌いだし、苦手な人は苦手です。

本能的に「この人が無理だ」と思ったら、もうその人とは仕事をしなくなってしまうのです。

だらしない自分がいるのはわかっているけど、それでも私は本能に従って動いてしまうのです……。

ああ、ダメだな」と思いながら、やっぱり本能的に避けてしまう。それは直らないことだし、仕方がないかな、と思っているよ。

だってそういう性格なんだもん……。

関連記事:人に良く思われたい気持ちがあると弱くなるのが人間。

 

 

相手もだらしない人の方が好きなんだよ

 

だらしない自分を責めてしまうのが普通だよね。だって、だらしない人間は社会において怒られるべき存在だと思うし、私も怒られてきたから。

わかるんですよ。気持ちがね。サラリーマン時代は怒られたりなんかもしたし、結構悩みもした。

でも、本質的にはどうなんだろうか?とも思ってきたのが最近。昔は、「誰もがだらしない人を嫌っている」と思っていたんです。

ゴキブリを見て、「カワイイ!」と言う人が少ないのと同じように、やっぱり嫌われる存在なのかな、と思っていた。

 

社会においても、学校においても、友人関係においても、きちんとした人が求められていると思っていたんですよ。

だから、私みたいにだらしない人間は居心地が悪いというか、何というか……。そう思っていたんです。

 

でも、実際は違うな、と。本当は誰もが「だらしない人間」をどこかで求めていて、だらしない人の方が好きだったりするのです。

もちろんだらしなくて、どうしようもない人間が嫌いな人だっているけど、実は「だらしない人も好きだよ」という人が一定数いるのです。

 

だからね、別に良いんですよ。だらしない自分を責める必要なんてない。そのままの姿で生きていったら良いのです。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

 

「ごめんよ」と思いながらだらしない自分を貫こう

 

ごめんよ、という気持ちは私にもありますよ。遅刻してしまったり、きちんと仕事をこなすことができなかったりする。

でも、ごめんよ、という気持ちがあれば、きっと許されるんじゃないかな、と思う。だらしない自分を責めてしまう人はたくさんいるけど、まあ別にそこまで気にすることじゃないよ、と言いたい。

 

だらしない自分がいるなら、きっとそれが本質だと思うんです。社会人になったりすると、性格が変わる人もいるけど、それは矯正されただけであって、本来の自分ではないよね。

 

だから、どこかで無理が生じるんですよ。相手にも「きちんとした人間」みたいなものを強要してしまったりね。

上司にもいるじゃないですか。こういう強要タイプ。

 

だからね、世のため、人のためにだらしない自分でも良いんですよ。

自分がきちんとしていると、私たちはきっと相手にも同じように期待してしまう。でも、自分が常に「俺ってダメだなあ」と思っていたら、相手にも怒ることができないじゃないですか。

 

優しくなれるじゃないですか。それで良いんですよ。だらしない自分を認めてあげようよ。そんな自分も好きでいようよ。

 

だらしない自分をめちゃくちゃ好きでいようぜ。

関連記事:YoutubeLiveでスパイダーマンを配信してみた。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。