人生

落ちていく自分を「まあいいや」と受け入れられたら良いね。

生きていると、落ちていく自分に出会ってしまうことがあると思うんです。

それはうつ病がきっかけだったり、退学がきっかけだったり、リストラがきっかけだったりする。

人によって原因は様々だけど、人生というものは全てがうまくいくわけではなくて、どこかで事故的に「悪いこと」が起こるものなんですよ。

どんな善人にも、どんな悪人にも、宗教的な概念を排除してしまえば、きっと等しくつらいことが起こる。

そんな時には「早く這い上がらないと!頑張るぞ」という意識が働くよね、当然。

でも、落ちていく自分を「まあいいや」と受け入れる気持ちだって、時には大切だと思うんです。

どうかな?みんなはどう思う?

落ちていく自分を多くの人は惨めに思う

 

落ちていく自分を意識したことがある人って割りいるんじゃないかな、と思う。

私も落ちていった人間です。私は挫折なんて言葉は知らなくて、割と良くも悪くも綺麗に生きてきた方だった。

友達もいたし、別にいじめられたわけでもない。

悪いことも少しだけしたけど、学校の先生からの評価も良かった。だから、割と楽しく人生を謳歌していたんです。

でも、その後はいくつかの落伍を経験することになる。

このブログを読んでいる人に言っていることだと「私の父の死」が多いけど、借金の話とか、耳管狭窄症の話もある。

わたしには落ちていった経験があるのです。そんな自分と向き合うと、「惨めだな」と感じるのが普通のことだと思う。

社会で生きていくことができなかったり、まともに人と話すことができなくなったり。

たとえばみんながそんな状態になったらさ、多くの人は自分が惨めに思えてくるわけよ。

自分の存在に価値を見出せなくなったりして、自暴自棄になる。

落ちていく自分の評価を気にするだけじゃない。

そんな自分自身の弱さみたいなものが醜く感じたり、愚かだと感じたりして、自らを責め立ててしまうのです。

でもね、落ちていく自分は悪いものじゃないんですよ。別に良いんです。

ああ、落ちてるな」と思いながら、笑っていれば良い。ドン、と構えていれば良い。

関連記事:サラリーマンの世界へ社会復帰なんて私にはもうできない。

どこまでも落ちて行って良いんですよ

 

落ちていく時には、「努力をしなければいけない」とか「早く這い上がらないといけない」という強迫観念のようなものに取り憑かれる。

私たちの世界では「普通」が正義で、それ以外は全て「」だと見なされる傾向がある。

だから、当然「普通」ではない自分を見つけてしまったら、焦る。

落ちていく自分を心のどこかで1mmでも感じてしまったら、不安になるのがきっと愚かにも生きている私たち人間なんです。

でもさ、落ちていく自分を「まあいいや」と思える器の方が大事じゃないかな、と私は思ってしまうのよね。

たしかにいつまでも落ちているわけにはいかない。

自分の気持ちは不安なままだし、生活をしていく必要があるからね。

一生、このままで良いわけではないと思う。

でも、「今すぐに頑張らないといけない」と思う必要はないんじゃないかな、って。

社会から、現実世界から、普通からどんどん離れていく自分、落下していく自分を「まあいいか」と思えたら、今より少しだけ心が楽になれるような気がする。

私もつらい時には「頑張らなきゃ」と肩肘を張っていました。

現実に睨みつけて、必死になって生きていた経験は役に立ちました。でも、それだけじゃ心は守れないんですよね。

落ちていく自分もさ、「まあいいや」と受け入れられるようになって初めて、私たちは前を向けるチャンスをもらえると思う。

不思議だけど、そういうものよ。

関連記事:生きるってお金がかかるから大変じゃない?

どんな自分も許してあげような

 

私たちはなぜか自分に厳しいんですよ。落ちていく自分を許せない。普通ではない自分を許せない。

隣の人が普通にできていることができなければ、「劣った人間」だと自分を認識してしまう。

それが私たちなんじゃないかな。

本当はそんなに厳しく扱わなくても良いのに、私たちは真面目だから、自分を責めてしまうのです。

でも、そんな人にこそ、「自分を許してあげようよ」と伝えたい。

どんなことがあったのか?なんて知らないよ。色んな理由があるかもしれないよ。

落ちていく自分をそのまま見過ごしたところで、何も前進しない、と思うのかもしれない。

でも、そのままだと本当に心が壊れてしまうよ、と思う。

 

良いじゃない。自分のことを認めてあげても……。落ちていく自分を「惨めだな」と思う気持ちはわかるし、「なんてダメな人間なんだ」と思う気持ちはわかる。

ただ、そうやって自分を否定し続けても、間違った方向に進んでも、きっと心は疲れてしまうと思うんです。

どんな自分でも、「ああ、これが自分なんだな」と思って好きでいてあげたら、きっと心はもっと楽になるよ。

 

落ちていく自分でも良いじゃない?ダメな自分でも良いじゃない?受け入れよう。認めよう。

そうすれば、楽になるよ。

関連記事:困難に立ち向かう勇気を持って生きる。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。