コラム

mixiという名の闇について明るく懐古してみる。

みんなは知っているのかな。mixiというSNSがあるんですよね。

mixiを現在とヘビーに使っている人って少ないと思うんだけど、昔は多くの人が利用していたんですよ。

若い人だと、10人いたら7人くらいは使っていたんじゃないかな。私の周りでは多くの人が登録しているサービスでした。

そんなmixiですが、今のSNSと違って、何となく「闇」を感じていたんですよね。

今は規制が厳しい世の中だけど、昔はもう少し緩かった。

まだガラケーしかなかったあの頃、私が感じたmixiの闇を語っていく。

mixiで出会っている人がたくさんいた

 

今は「マッチングアプリ」みたいなものがあって、クリーンなイメージだけど、昔のmixiはもう少しアングラな感じでした。

マイミク」と呼ばれる友達の投稿を見たり、連絡を取ったりするサービスがmixiだったのだけど、

mixiで他校の女性や男性と出会っている人も少なくなかったんですよね。

ただ、健全な出会いだけなのか?というと、そういうわけでもない。

今みたいに、「Facebookによる個人認証システム」みたいなものもなかったから、おじさんが女子高生になりすましていたり、そんなことがしょっちゅうあった時代だったんです。

今思えばmixiで出会うなんて危ないことだと思うけど、周りでは出会っている人が普通にいたんですよね。

高校の友人が急に話しかけてきて、「まりもの地元の女の子と最近会うんだけど、可愛い子めっちゃいねえ?」なんて言われたりした。

それくらい、mixiを通じて、男子高生が女子高生に出会っていたり、女子高生がおじさんに出会っていたりしたんだろうな、と思う。

mixiという闇を知っている私にとって、いや、その当時は誰もが思っていたことだろうけど、ネットで出会うということ自体に大きな抵抗があったのです。

 

今の人たちはきっとないのでしょうね。昔は池袋にもカラーギャングなんかがいて危なくてさ、何というか、そういうアンダーグラウンドな感じがネットにもあった時代だったんですよね。

関連記事:ネット上の友達って気楽だし、そこまで危険じゃないと思う

 

安全ではなかったインターネットが好きでもあった

 

私は危ないことが好きなわけではありません。できれば、自然と共にゆったりとした時間を過ごしていたいタイプ。

でも、当時のインターネットの雰囲気も決して嫌いなわけではなかった。mixiは出会い系ではない。ただのSNS。

ただ、実態としては出会い系と同じような扱いになっていたと思うんですよね。mixi経由で繋がった人たちが私の友人を求めて、文化祭にやってきたり。

良い出会いだけなのか?というと、そういうわけではない。実際に2002年に起きた「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」を考えると、2000年代初頭付近は混沌とした時代だったんじゃないかな、と思う。

街も危険だったけど、街だけではなく、インターネットの中でも危ない人たちがたくさんいた。

だってさ、アダルトサイトを開くと、「◯◯口座に100万円振り込みなさい」みたいな画面が出る時代ですよ?今の時代の子供たちは黒のバックグラウンドに赤字の「恐怖の請求」を見ないんだもんね。

インターネットの中に歌舞伎町があるような感じかな。私の地元でも、荒れた人が多く、実際に覚せい剤で捕まってしまった人もいた。紫色で、ぐちゃぐちゃとした時代だったんだな、と思うよ。

 

ただ、悪い部分だけでもないんですよね。バンドで知り合った人とマイミクになったりした。私は男子高出身だったけど、洗足という学校の1つ上の先輩のことを慕っていた時期がありました。

恋愛ではなかったのだけど、先輩っぽい先輩ができたことが学生時代の私にとっては嬉しかった記憶があります。

卒業してからは全く連絡もしていないけど、どうしているのだろうか。

うん。でも、あれもやっぱりSNSがあったからこそなんですよね。何となく混沌とした時代の中で、危ないものを避けながらインターネットを楽しんでいた。

そんな昔のmixiとか、SNSが好きだったんですよね。モバゲーとか、前略プロフとかも同じ感じだったかな……。

りある」とかあったよね。これわかる人いる??

関連記事:ネットで稼ぐのは難しくないと思うんですよね。

 

クリーンな世界になったな

 

mixiを最近になって開いてみたのですが、誰も更新していないんですよね。まあそりゃ当然か。

でも、当時入っていたグループを見てみると、未だに更新している人とかもいて、面白いんですよ。

mixiを知らない人は「グループ」と言ってもわからないと思うので、説明すると、

 

  • 瞼がシャッターだったら良いのに
  • 海外旅行好き
  • バンドやってる高校生

 

みたいな感じでグループがあって、そこに所属することができたんですよね。グループ内は掲示板みたいになっていて、掲示板の中でコミュニケーションを取る。

そういう感じです。

どのサービスに似ている?」と聞かれても、答えることができないかもしれない……。

きっと、昔はそこで女子高生とか、男子高生とかがさ、法律に触れるようなこともしていたと思うんです。

それこそ、「池袋ウエストゲートパーク」みたいな世界観が広がっていたような気がするんですよね。

今はクリーンになって、もちろんそれは嬉しいことなのだけど、その一方で「あの時はあの時で面白かったな」という懐かしい気持ちもあるんです。

mixiという名の闇の中で、色んなドラマがあったからね。また、そういう時代が来たりするのかな。

関連記事:時代の空気感がわからなくなったら、ブロガーは死んでしまうと思う。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。