人生

人生は出会いが全てなんだよな、ということに気がついた。

出会い」というと、私世代からすれば「色恋」みたいなものに限定された言葉に聞こえてしまって、多少なりとも耳触りが悪い。

本当はさ、出会いなんて恋愛だけではなくて、家族とか、友人とか、取引先とか、そういうものも含んでいると思うんです。

お金が大事だよ」とか「出世することが大事だよ」なんて言う人もいるけど、私ね、人生は「出会い」が全てだと思うんです。

何だかよくわからないけど、この世界に生まれて、気がついたら名前をつけられていて、最初はたった1人で生きてきた。

でも、家族と出会って、友人と出会って、恋人と出会って。

そんなさ、繰り返される「出会い」によって、私たちの人生は「色」を持つようになったんじゃないかな。

人生は出会いだよ。

思い出すことは人との思い出

 

別に少なくても良いんですよ。恋人なんて1人で良いと思うし、友人だって大切な人が1人でもいれば良い。

大切な人が1人でもいれば、なぜだかわからないけど、私たちは幸せになれるんです。

いまこの記事は15時くらいに書いているんですけどね。こうやって昼過ぎにウトウトしながら太陽の光を浴びてブログを書いていると、「ああ、こんなこともあったなあ」とかって思い出したりするんですよ。

過去の思い出をね。でも、それは私の成功体験とか、お金を手にしたこととか、そんなことではないんですよね。

なぜだろう。いつも思い出すのは「人との思い出」なんです。

中学校時代、台風で学校が休みになったから、嬉しくなって学校近くの公園でサッカーをしたなぁ。雨雲でグラウンドは夜一歩手前のような暗さ。

土もドロドロ。そんな中で「シュート!!!!」と言いながら、楽しくサッカーをしたこととか、

彼女と一緒に某河川敷で木炭と肉だけ買ってBBQを試みたものの失敗したこととか。

なんか人との思い出ばかりが脳内で再生されるんですよ。何度見ても飽きない映画みたいに、「リプレイ、リプレイ」と思い出す。

思い出すことはいつだって、人との思い出ばかりなんですよ。馬鹿をやった記憶かもしれないし、恥ずかしい記憶かもしれない。

でも、そこには絶対に「」がいるんです。大切であったかい人たちが記憶に住んでいる。

 

だからね、やっぱり人生って出会いが全てなんじゃないかな、って思うわけ。

関連記事:出会いがない社会人はどうやって結婚する?

 

私の人生は出会いに支えられて来た

 

私はつくづく、運の良い人間だなあ、と思うんですよ。私は別に人間的に強いわけではない。強靭な肉体を持っているわけではないし、鋼のメンタルを持っているわけでもない。

だから、私って本当は1人だったら死んでしまうんじゃないかな、と思う時があるんです。

それくらい弱い存在なのかもしれないな、と。

 

でもね、こうやって生きているんですよ。息を吸って、青い空を見て、楽しそうに笑える自分がいるんです。

なぜだろう?なぜ私みたいな人間でも生きていけるのだろうか?

 

そうやって考えてみると、やっぱり人生における「出会い」だったんじゃないかな、と思う。

つらい時にはだいたい誰かがいてくれたんです。受験でつらい時、父親が亡くなった時、会社が大変な時、サラリーマンを辞めた時。

私にだって「ああ、もう面倒臭いし、嫌だな」と思う時がある。憂う時だってありますよ、そりゃ。人間だもん。

でも、そんな時、私の周りには優しい人がついてくれていたのです。

出会いがなかったら、私はきっとこの世界にはいないんじゃないかな。

 

私は偶然、素敵な人たちに出会うことができて、優しさに包まれることができて、うん。だから生きていると思うんです。

感謝だな、と思うと同時に、やっぱり人生は出会いで成り立っていて、出会いに助けられているんだな、と。そんな風に思った。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

 

人を大事にして生きていく

 

人生は出会いが全てなんですよ。やっぱり。特に恋人の存在なんて最も大切な出会いじゃないですかね。

奥さんだったり、夫だったり、彼女だったり、彼氏だったり。形は何でも良いけど、やっぱりとても大切なものだと思うんです。

だから、私は人を大事にして生きていきたいな、と思う。

子供の頃、誕生日に買ってもらったおもちゃを大事に大事に使っていたりしたじゃないですか。

あの頃みたいにさ、自分の周りにいる大切な人たちを丁寧に丁寧に扱うことができたら良いな、と私は本当に思っているんです。

 

人生は出会いが全てなんです。どんな人と笑って、どんな人と悲しんで、どんな人と歩いていくのか。それが全てなんじゃないかな。

お金や名誉なんて、最も大切なものじゃない。私はお金も稼いできたけど、お金がどんなものよりも大切だ、とは思えなかった。

 

近くにいる大切な人たちの方が私の人生を変えてくれたし、支えてくれたんです。孤独で、苦しくて、真っ暗な人生だったとしても、大切な人がいれば、私は生きていける。

そう思った。

やっぱり人生は出会いなんだ。

関連記事:生きるのに向いてない人なんていないと思う。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。