人生

ノロウィルスで私、死にそうになりました。

ノロウィルスってみなさんご存知ですか?もちろん知っていますよね。名前を聞いたことがある人がほとんどだと思う。

でも、実際にノロウィルスにかかったことがある人って少ないんじゃないかな。私はこれまでノロウィルスにかかったことなんてなくて、

どうせ風邪でしょ?大したことないじゃん」と思っていました。うん。本当に軽いものだと思っていたんですよ。

 

でも、思っていた以上にノロウィルスはつらく、苦しいものだったんです。本当に死ぬかと思うくらいノロウィルスは危険な風邪だと思う。

いまは少し落ち着いてきて、こうやってブログを書けるくらいまで回復してきました。

だから、書いてみようかな、って。生きていたから書いてみようかな、と思ったんです。

 

最初は何となく体調が悪いな、くらいだった

 

ノロウィルスの症状が出てきた初日に関しては、最初はそこまで症状を認知していなかったんですよね。

なんかお腹が痛いな」と思っていたり、「なんか気持ちが悪いな」と思うくらいだったんです。

でも、別に熱があるようには感じなかったし、特に問題なかったんです。でも、これがだんだんと変わってきたんですよね。

 

ノロウィルスが猛威をふるうようになったのです……。夜になってくると本格的に体調が悪くなってきました。

まずひどい下痢が始まったんですよね。もうね、トイレに行くたびに水っぽい便がひたすら出るような感じでした。

あれ?大をしているんだよね……?」と思うくらい下痢をしてしまいました。さらに用を足していると、同時に吐き気が……。

 

ああ、気持ち悪いけど、今は便座に座っているからどうしよう」みたいな状態だったんですよね。みんなさ、ノロウィルスにかかった時にはどうしているんだろう。

そう思いながら、トイレの神様となってしまったのです……。私ね、まさか自分がこんな状態になってしまうとは思ってもみませんでした。

ノロウィルスはおそろしい。

関連記事:健康的な生活を心掛けてみて、思った事。

 

ノロウィルスが本格化して地獄のような日々が到来

 

ノロウィルスが本格化してくると、吐き気がひどいし、腹痛がひどいし、熱は38度程度出ていると、最悪の状態でした。

2月にはオランダに行くので、その準備をするためにある程度無理をして仕事をしていたのですが、もはや仕事どころではなかったんですよね……。

どれくらい吐いたかな。たぶん1日に20回以上は吐いたんじゃないかな。下痢でトイレに行った回数もきっと20回は超えていると思う。

それくらいね、本当にひどい状態だったんです。おまけに私の場合はノロウィルスの症状の中でも、発症率の低そうな「関節痛、筋肉痛」にもなってしまって、めちゃくちゃ痛かったです……。

いまはもうそんなことはありませんよ。だいぶ回復してきて、ご飯も食べられるようになってきました。

でも、身体が痛いし、お腹も痛いし、吐き気もする。おまけに高熱。これだけ揃っていると、「あれ?死ぬんじゃないかな?」くらいには思いますよね。

 

ただね、私は「痛み」には割と強い人間なんですよ。だから、「つらかったあの頃と比べたら……」と思って頑張って生きました。偉いな、自分……。

 

一時は「救急車を呼んだ方が良いかもしれないぞ」とすら思っていました。まあ、実際はノロウィルスを抑えるような抗生物質みたいなものはないらしいので、対症療法になるんですけどね。

でも、それでも何か危険な感じはしてね、人生で最もつらい風邪だったのかな、と思いました。

 

ノロウィルスがつらい、という噂は聞いていたよ。ノロウィルスにだけはかかってはいけない、みたいな話も聞いたことがある。

あったのだけど、自分がノロウィルスに観戦してみないとわからないものですね。つらさが。

こんなにもつらいものなのか、と驚きました。現世に身体をとどめておけないような、そんな感覚でした。

前日はこんなに美味しいものを食べていたのに、全て排水管に流れていきました。悲しい。それくらいつらかった。

ノロウィルスって何だ?

関連記事:健康でいる事が何よりも大切だと思う

 

ノロにかかっていた3日間のこと

 

ノロウィルスにかかっていた3日間は本当に地獄のような日々でした。救急車呼びそうになるくらいつらかったんです。

ノロウィルスにかかっていた日々、私は「よゐこ」のちねり動画ばかりを見ていました。不思議なもので、私は具合が悪くなると、「自然っぽい動画」を見たくなるんですよ。

食事でもなく、最先端のものでもなく、自然を見たくなった。きっとそれは私が何でもない動物だからなんですよね。

 

人間だって動物だもの。やっぱり自然が好きだし、自分がつらい状態になると自然を求めるものなんです。

これがね、何か面白いな、と思いました。普段は同じ動画を何回も見ないのに、つらい時には「よゐこ」を無限再生。なぜだろうね。不思議です。

濱口くん、有野さん、ありがとう……。

 

あとね、ノロウィルスに限ったことではないのかもしれないけど、具合が悪い時には「こうするべきだ」みたいなさ、インフルエンサーの「べき論」にも疲れてしまう。だから見ないんですよ。

 

ああ、ノロウィルスにかかっていたこの3日間は地獄のような日々でした。5mくらい先にある「ホッカイロ」を取りに行く事さえもままならず、「助けて…」と何回言ったかわからない。

そんな状況の中だとさ、人間って、「優しいもの」とか「自然」みたいなものを求めるんだな、って。

人間なんてそんなに強くない。小石に躓いて大怪我をしてしまうような、そんな弱い生物だと思うんです。

だから、今回の件で「優しい人」とか「何気ない自然」とか、そんなものを大事にしていこう、と思ったんですよ。

ノロウィルスは本当に地獄のようだったけど、何か違うものを学んだような気がしました。あ、でもね、かからない方が良いよ。

ノロはアルコールでは除菌できないので、塩素を使って除菌してあげてください。

関連記事:耳管狭窄症という病気で2年間苦しんだ話。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事