コラム

断捨離のコツ?捨てまくる技術!

何年も生きていると、やっぱり物って必然的に増えていってしまうものです。

昔の思い出の品とかもそうですし、成績表とか下着とかだんだんと溜まって来てしまうものです。

また、同じ住宅に住んでいるとそれだけでも物は増えていくものです。

でもこれって実はとても効率の悪いことだってわかっているひとはどれだけいるのでしょうか?

断捨離したい!って思ってはいるものの、いつまでたっても物を捨てることが出来ないひとって結構いると思うんですよね。

「断捨離するなんて思い出捨てるみたいで辛いし、なんかもったいない!」とか思ってしまう人もいるかと思います。

 

でも、断捨離ってコツを掴めば出来るんですよ。

やってみると解放されてとても爽快な気分になるものです。ということで今回は断捨離の方法とそのコツについて書いていきたいと思います。

 

 

コツ①服は真っ先に断捨離しましょう!

まずは服から断捨離するのがコツ

洋服って女性であればワンシーズン毎に買っているひともいるのではないでしょうか?

特にシーズンが変わる時って安くなりますからそれにあわせて大量に買っているというひとも意外といると思いますよ。

でも、それがだんだんと溜まっていってしまうんですよ!

私も昔は服を大量に買っていました。その影響から中学生の頃の服が残っていたりとか結構あったんですよ!

私たちの心理として昔買った服でも「もしかしたら使うかもしれない!」って思ってしまうものなんです。

しかし、その後そういった服を使った経験ってありますか?

一年くらい使わない服って意外とあると思うんですよ。そういったものってどんどん断捨離してしまった方が絶対に良いです。

 

服はどんどん服入れに溜まっていくものです。そうなってくると、自然と上にあるものから着ていたりしますよね?

だったら、使っていない服は捨ててしまったほうがいいんですよ。それが一つのコツです。

 

ヨレヨレの服を着ているとそれだけの自分のモチベーションは下がってしまいます。

破れている下着とかシミのついた下着なんてものはさっさと捨ててしまったほうが絶対にいいです。

私の友人にも破れた下着をずっと履いているひとがいるんですけど、

そういうひとってなんでも捨てることが出来なくなってしまっているんです。

 

だったら、思い切って捨ててしまうのもコツのひとつですよ!下着なんて一週間分もあればローテーションを回す事が出来るんです。

特に男性だったら下着がかっこいいとかそんなことあんまり考えませんよね!

 

断捨離しましょう。

関連記事:ブラック企業に転職するのはあまりに非効率だと思う。

 

 

コツ②学校で使っていたものは断捨離しましょう!

学校で使っていたものを断捨離するのがコツ

中学校とか高校とか大学で使っていたものって愛着があるし、なかなか捨てることの出来ないものの一つだと思います。

でもこれって捨てたほうがいいものもあるんですよ!

昔のノートとかならまだ懐かしいから良いかもしれませんが、書き込みのない教科書とかでも持っているひとっていますよね?そんなの持っている必要ありますか?

 

昔のものを部屋にずっと置いている人っているんですけど、それって意味がないんですね。

実際に懐かしんで見る事なんてほとんどないわけですし。

私的な心理なんですけど、昔のものを持っていれば持っているほど昔に縛られてしまうものなんです。

私たちが生きているのは今なんですから、そういったものを捨ててしまったほうがいいこともあるんですよ。

コツとしてはやっぱり早めに捨てることですね。

 

高校を卒業したのであれば、卒業したその日に捨ててしまいましょう。

 

思い出の品ってなんで捨てられなくなるのか?っていうとそれを保存してしまっているからなんです。

つまり、物って時間が経てばたつほど、思い出を帯びて来てしまうものなんですよ!

私とか大学の教科書を卒業してからすぐ捨てましたからね。

 

そういう思い切りが大切なんです。

 

学校の時の思い出が愛おしく感じることって結構たくさんあります。

 

でも、学校でのことなんて友達と飲みにいった時に話せばいいじゃないですか!

一番大事なのって物ではなく、思い出だと思うんです。

では、私は何を捨てずに持っているのか?

というと友達からもらったお守りとかそういうものですね。あとはお土産とか!

こういったもの以外はすぐに捨ててしまいましょう!すぐに捨てるというのがコツなんです。

色々考えていると捨てる事が出来なくなってしまいますからね。

関連記事:非効率だから大人数が苦手

 

 

断捨離すれば清々しい

断捨離するコツを実践すれば、清々しい

私は大々的に年一回くらいは断捨離をするのですが、これをするととても清々しい気分になるんです。

思い出に支えられているひとってのもいるかと思うんですけど、それって過去の栄光に縛られているだけですよ!

捨ててしまうと意外とそれに応じて適用するものですし、

新しいものや発想を取り入れる体勢になるってものです。

 

上記のようなコツを実践せずにただなんとなく「断捨離したいな!」って思っているひとはいつまで経っても出来ません。

だったらいますぐにでもやってしまったほうがいいでしょう。

そうすると「あれ?いままで過去に縛られてたんだ!」って思うと思います。

 

過去に縛られることなく、いまを生きる体勢になったほうが絶対に精神的に良いです。

 

しかし、どうしても捨てられないって人っているんですよね。そういう人は写真で思い出捨てたくないものを撮ってしまえばいいんですよ。

 

そうすれば、完全に捨てた事にはならないし、後で見ようと思えば見る事が出来るんですよね。

私もこの方法を使っています。

 

ぜひ、上記のコツを実践してみてください!

 

そして、ミニマリストになってしまいましょう。

関連記事:未来なんて考えない。今日という1日を必死に生きるだけなんだ。

 

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。