投資家のお金論

テレビで投資用物件を勧めているのが怖い

これ怖いですよね。老後の不安とかをあおって、よくわからない専門家のような人が出て来て投資用の不動産を勧めている番組って最近だとよく見るようになりました。

まりも

バブルの兆候なのかな?めちゃくちゃ増えましたよね???w

でも、これによって騙されてしまうひとってたくさんいるんじゃないのかな?って思うんですよね。

スポンサーにワンルームマンションの販売会社でもいるんですかね。そういう企業のために普通のひとから搾取するのって本当の怖いことだと思うんです。

私も銀行からお金を借りて、借金まみれで不動産に投資していますが、「不動産投資連合隊」みたいなポータルを見ていても、

全然良い物件なんて見つけられないんだからw(こっちは1日に5回くらいはサイトにアクセスしてるんだぞ?w)

それなのに、「老後のために買いたいです〜!」なんて人にすぐに良い物件なんて来るわけないじゃんか……

まりも

冷静になって考えよう?

ましてやテレビというとても信用性のあるメディアを使ってしまったら見たひとは簡単に信じてしまいます。これはとても危険なことだと思うんですよね。

ということで今回はテレビで投資用不動産を勧めているという状態について話していきたいと思います。

利回り3%で良いって何さ?

どういう言い方をしていたかはわからないのですが都内の利回り3%の物件を買っても良いみたいなことをいっていたんですよね。

でも普通に考えておかしいですよね。

仮に借りいれ利息が1%だとしても2%しか残りません。しかも満室想定でそれですよね?絶対に損するじゃないですか?

しかも所得税も考えました?

まりも

そもそも25年返済だとしても、4%程度は返済しないといけないんだからさ?元金を家賃で返済できないじゃん?

色んな事をきいてみたかったです。都内の利回りですが、私の知っている限りでは平均で5%くらいです。

まあこれは表面だろとかそういう話になりそうですけど、テレビの視聴者にいってもわからないじゃないですか!なのにむやみに投資用物件なんて勧めるのはおかしいと思うんです。

利回り3%で良いなら、「iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)」あたりが毎月分配で下落リスクもほぼなしなのでこっちの方が全然良いからね?笑

まあそう言うと、「不動産は融資を引っ張ってこられますからw」なんてしたり顔で言われそうですけど、だったら他の物件買った方がマシですw

あ、iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF(AGG)について知りたい人は「債券のETFは年齢が高い人ほど活用した方が良い。」あたりを読んでみてください。

まりも

特に「現金で」買おうとしている人なんかはAGGの方がおすすめです!笑

仮に3%だとしたら何も修繕がかからないとしても回収に33年もかかります。これ借金返さなくてですよ。転売で考えているのかな?方向性がわかりません。

関連記事:資産運用で不動産を買うメリット・デメリット

テレビで紹介する金融商品を使う必要はない

これは言える事だと思うんですよね。テレビで不動産投資を取り上げているのですが、テレビで紹介されている不動産投資って本当に効率が悪いんですよ。

前もね?私の中高の友達がゴールデン街で出会った人に「君も投資した方が良い」なんて言われて物件資料を僕のところに持ってきたんですよ。

将来のために悪い不動産を買わされそうになっていた友達

まりも、これどう思う〜?」なんつって。笑

まあ「これは買うな!」と否定したわけですが、実は「この物件が悪い」ってのは中々初心者には言えないわけですよ。何なら頭の良い人ほど間違える。

なぜか?

それは投資の良し悪しってのは「相対的な判断でしかないから」です。

利回り3%の金融商品が魅力的ではないのは利回り5%の金融商品が世の中にあるからです。

世の中にある金融商品が昨今の「銀行預金利息」程度しかなければ、3%の利回りは十分な利回りであると言えます。

だからね、私の友達も言うわけです。「え?でも儲かるよね?」と。そうなんですよ。そこに関しては「YES」なんです。

けど、「相対的には他の金融商品の方が良いから、それを買う必要はないよ」というわけです。笑

まりも

ここが難しい部分なんです。別に儲からないわけじゃないからねw

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

本当に良い物件は市場にでない

これですね。以前もおなじような話をしましたが、本当に良い物件というものは市場にでてきません。それは業界では

「両手欲しい」

という言葉が使われているように買う側と売る側どちらからも手数料をもらいたいということなんですよね。

そうするとポータルサイトに載っけたり、他の業者に紹介したりなんてことはなかなかしないんです。

特に地主系の大家さんなんかは売るか売らないかわからないみたいなひとって結構いますからね。

まりも

ちょっと書くだけでわかると思うけど、不動産業界はめっちゃアナログよ??w

ではどうすればそういった物件を手に入れることができるのか?それは一度は買ってみるしかないですよね。そこで良い関係性を気付いてから物件を紹介してもらうんです。

そうじゃないと一般のポータルサイトから買うことになるのです。

小額での投資を始めたいというひとにとっては田舎の一軒家が良いでしょう。区分を買うひとって結構いますけどあれはリスクが高いと思います。月々に絶対管理費が固定費としてかかってきますし、

そのマンションで自殺者なんかでたらもう最悪ですよね。土地として売る事ができませんからそういったリスクが高いと言えるでしょう。

こういったことを考えるとやっぱりテレビのいっていることって間違っているので怖いですね笑

不動産業界のひとがみたらたぶんおもしろがってみていることでしょう。むしろ不動産業界にとっては買うひとが増えてくれれば良いので良いかもしれませんが。

というわけでこの辺で。

関連記事:不動産投資をする際に法人を作るメリット

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。