人生

人生は楽しい。酸いも甘いも味わった僕だから言えること。

人生は楽しい。そんなことを言える人は少ないのかもしれない。だってさ、私たちの人生には色々なことがあって、死にたいな、と思う時だってあるじゃないですか。

死にたいほど悔しい時とか、人間関係に悩まされることとかあるじゃない?完璧な人間なんて神様はきっと作っていないから、私たちが住む世界には悩みのない人間なんていないと思う。

汚くて、かき消したい記憶だってあるでしょう?1つくらい。

私にもあるもん。

私は酸いも甘いもきっと味わってきた方だと思う。ズタズタに、ボロボロになった時代もあったけど、それでも私は人生は楽しい、と思うんです。

生きて欲しいな。人生が楽しい、なんて今は思えないかもしれない。でも、大丈夫だよ。生きてみたら楽しいって。そう思う。

 

いつか苦しみは消えるもの

 

私は父親が亡くなったり、借金を抱えたりした。会社によって違うけど、数億円、数千万円の借金があった。そんな借金を大学生の時から返していくことになったから、すごいよね。

人生って不思議だな、と思った。私は普通に生きて、普通の日常を過ごしていたのに、人生は一瞬で変わる。

通り雨みたいに、不幸な出来事が身に降りかかってきて、突然闇が支配する。そんなものなんですよ。人生って。

 

だから、その当時は「人生って楽しいな」とは思えなかった。希望を失ったわけではなかった。でも、何も楽しいことなんてなくて、ただただ苦しくて、寂しくて、孤独で……。

あの当時の自分は随分と寂しげな人間だったんじゃないかな、と思う。人間に色があるとすれば、あの当時の私はきっと「紫と緑の混色」だったような気がする。

 

目の前から父親という大切な人がいなくなって、大切だと思っていた彼女とも忙しさが原因で別れて、何もなかった。

人生は楽しい、なんて言っている人が私には信じられなかった。「アイスってあったかいよね」と言われるくらい、何だかおかしなことのように思えた。

目の前の現実がグニャっと曲がってしまって、うまく歩けない。そんな状態だったんじゃないかな、当時は。

 

でも、そんな私でも、今は楽しく生きているよ。人生は楽しい、と思いながら、美味しいコーヒーをすするように、大切に大切に、生きているよ。

いつか苦しい状況は変わるものです。その時には「このまま死んでいくんだろうな」と思っていました。なんかよくわからないままに人生が終わってしまって、つまらない人生になると思っていたんです。

でも、違ったよ。そんなことはなかったよ。

関連記事:困難に立ち向かう勇気を持って生きる。

 

人生が楽しいから生きている

 

私の人生は真っ暗だったような気がする。

深夜の変な時間に起きて、「あれ?まだ朝じゃないのかな?このまま朝にならなかったらどうしよう」と不安になった焦燥感と似ている。

人生は突然暗転する。人生突然舵を切る。

でも、そんな人生を歩んできたけど、私は人生って楽しいものだな、と日々思いながら生きています。

やがて私達は死んでしまう、という事実。いつかまた不幸の実験台として神様に選ばれてしまうかもしれない、という不安。

そんなものと闘いながら、きっと私たちは生きている。

だから、たまには疲れてしまうことがあるよ。「世界はなんて残酷なのだろうか」とこの世界を恨むこともある。

誰もいなくなった深夜の遊園地でひとり佇むあの瞬間のように、虚しく、冷たく、恐ろしくなることもある。

でも、やっぱり世界は美しくて、人の心はビー玉みたいに綺麗なものだったりして、オレンジ色の優しさに包まれることもあって、

そんな日常を生きていると、「人生は楽しいな」と思ってしまう。だから、どんなにつらいことがあっても、生きてしまうんてす。

人生は楽しいよ。生きて、って大変。でも、大変だけどやっぱり楽しいんですよ。

ぐるぐる回る地球の上で、しんしんと雪の降る冬の時期や、少し歩いただけで汗が滴り落ちてくる夏を一生懸命、急な階段を1段ずつあがるように乗り越えていく。

遠くの空から見物している人でもいたら、地球という遊園地で遊ぶ愚かな民に見えるのかもしれない。

でも、そんな世界が大好きなんだ、人生が楽しい。素敵な世界で生きているからね。

関連記事:私の人生が不思議すぎるので書いていこうと思うよ。

どんな経験だって最高の体験なんだよ

 

大切な人が目の前から突然いなくなってしまったり、リストラされてしまったり、人間関係で悩んだり、病気になってしまったり。

私たちの住むこの世界は諸行無常。常に変化し、良い時も悪い時も過ぎ去ってしまう。

だから、どんなに幸せな時を刻んでいても、私たちの身には「不幸な出来事」が降りかかってきてしまう。

私は「人生って楽しいなぁ」と思っているけど、いつもいつも「良いこと」ばかりが起こるわけでもないよ。

嫌だな、と思うことだってやっぱり起きる。

でもさ、これは仕方のないことなんですよ。嫌なこととか、つらいこととか、そういうこと全部含めて人生だと思う。

 

嫌な思い出とかだって、乗り越えたら、こうやって私みたいにコンテンツにして発信することができるしね。

意味のないことなんて何1つないんです。どんな経験だって、最高の体験。その時その時をもっと楽しめば良いのよ。

人生は楽しいよ。真っ暗で前も見えない、凍てつくような現実の中で生きることになったとしても、私は最後まで笑っていたい。

最後まで楽しんでいたい。この命が消える燃え尽きるまで、情熱的に生きていたいんだ。

関連記事:正直に生きるとつらいこともあるけど、私はまっすぐでありたい。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。