旅の記録

ベネチアの物価は高いって言うけど、観光ブックに騙されてる所もあると思う

ヨーロッパ圏の国は物価が高い、と思っている人も多いと思います。

確かにオーストリアのウィーンとかも行ったけど、やっぱり日本よりは物価が高い感じはしました。

 

今回はイタリアにある水の都ベネチアに行ってきたわけですが

確かにベネチアも、日本に比べると少し物価は高いのかな?という感じではある。

でも、観光ブックで見たほど高かったわけじゃなかったし、

ぼったくりとかもあるけど、ちゃんとお店を調べて口コミとか見て入れば

そこまで高いわけでもないと思うんですよね。

 

ベネチアのレストランの種類

 

レストランにもレベルみたいなのがあって、高級な順に

  • リストランテ
  • トラットリア
  • オステリア
  • ピッツェリア
  • タベルナ
  • バーカロ

みたいな格付けがあります。

 

リストランテとかトラットリアはコース料理があるのが特徴で、バーカロくらいになるとおつまみと一緒に一杯引っ掛ける、って感じですかね。

 

確かに高級なところは高級なんだろうけど、それは日本と変わらないはず笑

ピッツェリアとかトラットリアあたりでも、ちゃんとリーズナブルでぼったくられないお店もあります!

 

まずは外観的に、入りやすそうなお店を探すといいでしょう。

店先に客引きが立っているお店はぼったくりの可能性が高いので止めておいた方がいいと思います。

関連記事:ベネチアでおすすめのホテルは間違いなくアマデウスなのよ

 

飲食店はトリップアドバイザーが使える!

 

「ベネチア <店名>」で調べるとトリップアドバイザーが出て来るので、

これで評価を調べてお店に入るようにします。

日本だと食べログみたいな感じですね。

 

ベネチアのGino’sというお店でご飯食べたんですが、トリップアドバイザーを見るとこんな感じ。

4.0あればいい感じでしょう。

一応口コミも読んでおきます。

いい評価も悪い評価も書いてあるから口コミっていいよね〜

 

ちなみにぼったくりがあるお店は大体口コミに「ぼったくられた!」って書いてあります笑

メニューは普通の値段だったのに、お会計時になったら値段が倍になった、みたいなやつもあってマジで怖い。

 

しかもベネチアの人ってみんな気さくで優しくて

ニコニコしてるのにぼったくってくる感じがするから嫌なんですよね〜笑

 

ちなみにGino’sではリゾットを食べたよ!

米〜〜!!!コメーーーーー!!!!

色々海外行ってるけど、やっぱり日本人だから米って恋しくなるもので

米が食べられる国って素晴らしいな、って思う。

リゾット美味しかった〜〜

 

これで10ユーロくらいだったと思うんで、1300円くらいか。

夜ご飯にしては全然安いですよね?

確かサラダもつけて、二人で4000円くらいだったので、全然日本と物価変わらないと思うんです。

 

でも観光ブックに書いてあるお店は夜ご飯で7000円以上みたいな感じだったんで

やっぱり観光ブックに載っているお店にそのまま行ってはいけない!

関連記事:ベネチアで両替するならここしかない!手数料のかからない両替所!

 

普通のコンビニでもぼったくりだよ

 

日本で言うコンビニみたいなのはベネチアにはあんまりなくて、

どちらかというとグローサリーショップみたいな感じなんですけど、

そこで売ってるジュースが500mlのやつ、平気で3.5ユーロ(500円くらい)したりするんですよ笑

 

これを見て「物価が高い!」と言う人が多いんだと思うけど

飲み物とか買うならスーパーがおすすめ。

スーパーだと普通に飲み物100円くらいで買えます。

 

だからベネチアの物価が高いんじゃなくて、高いものしか見つけられてないだけなんだと思うんだよね。

関連記事:海外を飛び回る仕事って結構大変だなと思うんですよね。

 

お土産も安く買えるよ

 

ベネチアは観光地なので、街のいたるところでお土産を買うことができます。

こんな感じで小物がいっぱい売っていて

アクセサリーもいっぱいあります。

 

高いのは確かに高いけど、

コップとかネックレスとかピアスとか、大体1000円前後で買うことができました!

 

意外と観光ブックで得られる知識で感じる印象ほど物価高くないよ!

関連記事:サンジョルジョマッジョーレ教会に行ってきたジョ。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。