ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

私が見た就活生の怖過ぎる本性!

就活って大変だと感じてしまいひともたくさんいますよね。

わけのわからない自己分析とかを学校でやらされたりとかSPIとか謎のテストをやらされたりとか本当に馬鹿馬鹿しくなってしまうことも多いのではないでしょうか?

私自身が就活生の時もそうでした。ウェブテストはあるし、面接の時には面接官の態度がデカいし最悪でしたよ。

でも、そんななかで逆ギレしてしまう就活生とか面白い就活生がいるのってご存知ですか?私はそういった就活生を過去に見てしまったことがあるんですよ。ということで今回は私が見た怖すぎる就活生について書いていこうと思います。

 

人事の人が可哀想….

 

世界的な料理コンテストに出場したという謎の嘘をつく

 

 

これは大学で勉強スペースみたいなところにいたひと(直接知らない)がやっていたことなんですけどね。笑

就活をしているとESが通るひと全然通らないひとがいるかと思います。私の友人でもESが通らないひとがいたんですけど、そういったひとって自分の経験と結びつけた内容になっていなかったりとか、内容がつまらなかったりとかそういう欠点があったのを覚えているんです。

でも、そういうことが続くと「嘘をついたらどうなるんだろう?」って思ってしまう人もいるのではないでしょうか?私の席の隣に座っていた2人組ががそれをやっていたんですよね。

 

彼らは「どうすればESが通るのか?」ということを初めは話していたんですよ。もちろん話の流れ的に嘘をつくということになるんですけど、その内容が本当に謎過ぎて面白かったんです。

 

A君(就活優等生)「お前さ、そろそろES通らないままだとやばいから嘘書いてみたら?」

B君(就活劣等生)「た、たしかに!やってみるか!」

A君(就活優等生)「どうしようか?お前得意なものなに?」

B君(就活劣等生)「料理かな(男子なのに笑)」

A君(就活優等生)「じゃあ世界的な料理コンテストに出たことにすれば?笑」

B君(就活劣等生)「確かに!笑」

 

 

という感じで世界的な料理コンテストに出て、優秀賞をもらったことにするというものだったんです。確かにそういう尖った人材って面白いですよね。もしかしたら通るかもしれないな!って盗み聞きしている私はおもっていました笑

 

でも、この二人結構頭が良いのかかなり綿密に設定を考えていたんですよ。笑 料理名とか審査員の名前とかそういうものまできちんと決めていたんです。

ただ、凄い真面目にやっていたのか?っていうとそうでもなかったみたいで、料理の名前に面接で落としてきた会社の社長の名前をいれたりとか、友達の名前を審査員にいれてみたいとかしていました。

もう本当に凄いなって思っていました。

しかもそのES出したみたいなんですよ!大企業に。

 

こういうことやる就活生ってどのくらいいるんですかね?実際にそのESが通ったのかどうか?ってのは私にはわかりませんけど、もしも通ってたら凄いなって思います。笑(それで入社してもバレルと思うけど)

関連記事:就活費用が心配だという学生へ、お金かける必要はないと思う

 

 

お祈りメールに返信!?

 

 

お祈りメールって知っていますか?知らない人のために説明すると、

お祈りメール=面接とかウェブテスト等の選考で落ちてしまった人に送る文

 

なんです。笑

普通はこれが来ると落胆して「よし!他の企業を受けるぞ!」ってなるんですよ。でも私の友人は違ったんです。笑

なんと、お祈りメールに対して返信したんですよ!w

内容的にはこんな感じ

 

◯◯(人事の名前)ちゃんへ

こんにちは!よくも僕を落としてくれましたね。なんで?絶対に後悔すると思うし、僕を落とすなんて本当に見る目がないんだなー!って思っちゃうよ!

まあでも◯◯ちゃんはそういう決断をしたんだもんね!次は裁判所で会いましょう!

 

怖くないですか?笑

私の友人といってもそんなに仲が良いわけではないのですが、こういうことを送る神経がもう凄くてただただ驚くばかりでした。こういったメールを送るひとって実際にいるんですかね。

いたとしたら人事として相当怖いですし、迷惑だなって思っていました。

でも、こういう風に逆恨みするひとって実際にいるんですよね。就活生ってやっぱり不安定だと思うんです。内定がもらえるまでは必死になって自分の将来を考えるじゃないですか?

そんな機会っていままでなかったと思うんですよね。それがいきなり就活という波に飲み込まれてしまった感じだと思うんですよ。

もっと気楽にいったほうがいいと思うんですけどね…

関連記事:就活費用が心配だという学生へ、お金かける必要はないと思う

よく読まれている記事
関連記事だよ