旅とあそび

ベネチアのため息の橋で有名なドゥカーレ宮殿から牢獄を見て来たらめっちゃ落ち込んだ。

ベネチアのため息の橋といえば

観光名所としてとても有名なところですよね。

夕暮れ時にこのため息の橋の下をゴンドラでくぐり、キスをしたカップルは永遠に結ばれる、なんていう言い伝えがあり

今ではゴンドラの定番ルートになっているようですが、

そんなロマンチックな歴史とは正反対の重たい歴史が詰まっています…

 

このため息の橋はドゥカーレ宮殿と牢獄を結ぶ橋なのですが

今はドゥカーレ宮殿も牢獄も、そしてこのため息の橋の中も見ることができるようになっているので

その詳細をレポートしていきたいと思いますよ〜!

 

ドゥカーレ宮殿へ!

 

ベネチアの観光名所であるサンマルコ広場にドゥカーレ宮殿はあります。

ヴァポレットでもサンマルコ広場の駅で降りればすぐですね。

早速入ってみましょう。入るのにかかるのは20ユーロくらいでした。

後から調べたら「秘密のルート付きツアー」なんていうのがあって、英語ガイドと拷問部屋みたいなところにも行けるツアーがあるようでした。(イタリア語、フランス語ガイドもあり)

興味がある方は公式サイト(英語)を見てみた方がいいかも。

英語ですがグーグル翻訳を使えばなんとかなるでしょう笑

 

でもツアーは1時間15分もかかるやつらしくて、

ちょっとそういうのは疲れちゃうから嫌なので結局フリーで回ってよかったです笑

 

とにかく集団行動が苦手なのでね笑

関連記事:海外旅行にツアーで行くメリットもあるけどしんどい事が多い。

 

ドゥカーレ宮殿って?

 

ドゥカーレ宮殿は8世紀に建設され、

  • 国会議事堂
  • 裁判所
  • 迎賓館
  • 刑務所

などの役割をになったベネチアを代表するゴシック様式の建築物です。

こんな感じで中に入って行くことができます。

ベネチアの権力を見せつけるためにも豪華絢爛に作られたと言われていて

確かに入ってみると内装もすごい。

これは大評議会の間でヨーロッパで一番広い部屋とも言われてるそうです。

多い時で2000人も入っていたのだとか。

 

内装の中でも特に天井まで凝って作られているのがすごいと思いますね。

部屋が変わる度に天井を見上げてしまいます。

国会が開かれた場所ということですが

この席にえらい人たちが座っていたのかな〜

 

道なりに進んで行くと武器の間にも行けるようになっており、

ベネチア共和国の部隊が使っていた武器の展示も見られるようになっています。

まるで映画の世界って感じ。

 

さて、その先はいよいよ牢獄へと繋がるため息の橋です。

関連記事:サンジョルジョマッジョーレ教会に行ってきたジョ。

 

ため息の橋を中から渡れるよ

 

これがため息の橋の窓

窓から見えるベネチアの景色。

 

これから投獄される囚人は、「ここからの景色がベネチア最後の景色」と思ってため息をついたことから

この橋はため息の橋、と言われるようになったそうです。

 

ですが実際にはこの橋ができた頃には、刑務所は短期囚人のための場所になっていて

かなりこの話にも脚色があるとのことでした笑

とはいえ、道も狭く、脱獄防止のためか複雑な道順で、ものすごく閉鎖的な空間。

気持ちがどんどん重たくなっていきます。

ぐぅっと心が何かに圧迫される感じで、実際にものすごく嫌な感じがしました。

関連記事:ベネチアで両替するならここしかない!手数料のかからない両替所!

 

牢獄の雰囲気が辛すぎる

 

石で作られている牢獄はひんやりと冷たい空気が流れていて、気温も少し下がっている気がします。

全てが同じ部屋というわけではなく、大きさもそれぞれですが

簡素で冷たい作りなので、結局どれがどれだかよくわからなくなり、迷路のよう。

 

実際の牢獄の中にも入れるようになっています。

なんだろう、と思って近づいてみたのは

トイレ?かな。

お風呂として使われていたような場所もあります。

歩いていると牢獄の中庭のようなところに出ました。

うわぁ牢獄って感じ…

 

ベネチアのプレイボーイで有名な作家カサノバはこの牢獄から唯一脱獄に成功してパリに逃亡したとされていて

なんと脱獄直後にサンマルコ広場のカフェ「フローリアン」で一杯コーヒーを飲んで一息ついてからパリへ向かったらしいですよ。

心臓つえぇ〜笑

 

実はもう少しじっくり回ろうと思ってたんですけどね、

牢獄を見てたら息が詰まって来て「早く出よう」という気持ちになって

すぐ出ました。笑

 

でも出るにも道がわからなくなって結構ぐるぐるしちゃいました。

これも脱獄しないように作られているからなのかなぁ。

見ているだけで息がつまる牢獄。

でもそこには長い長い歴史と、そこにいた人たちの気持ちが眠っています。

 

勇気を出して覗きに行って見る価値がある場所だと言えるでしょう。

 

出て来てからしばらく放心状態でベンチに座りながら

おやつに持っていたチョコをむさぼってしまいました笑

 

ベネチアを訪れたらぜひ一度見て欲しい場所ですね。

関連記事:ベネチアのトイレ事情!大体有料だし公共トイレは少ないよ!

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事