コラム

浪人していた時、図書館で勉強していたな、って。

浪人していた当時のことを最近思い出すことが多いんですよね。浪人している時って誰にとっても「人生の黒歴史」じゃないですか。

無所属だし、ただのニートでしょ。浪人生なんて。浪人生になると、格好も気にしなくなってきて、女性にも会わない。

そんなただただつまらない時間を過ごすのが浪人時代だと思うわけです。

そうそう。でね、浪人時代は自習室にもよく行っていたけど、図書館にも行っていたな、と思い出したんです。

あの頃、図書館で勉強していたけど、なんであんなに遠い図書館まで行っていたのだろうか。不思議でならない。

私の家から遠いレンガ調の図書館

 

私の家からは遠い図書館だったんですよね。まあ、自転車でいけなくもないけど、自転車で行くような距離でもない。

そんな場所にレンガ調の図書館があったんです。いまもあるのかな。たぶんあるよね……。

自転車で20分〜30分くらいはかかるような場所にありました。

丘の上みたいなところにある綺麗な図書館。そこで勉強をしていたのです。

そこに行くと、不思議と同じように浪人をしているのかな?という人たちが同じような席に集まっている。

「あ、今日もあの人がきた」という感じでお互いに気がつく。でも、名前を知っているわけではないし、志望校を知っているわけでもない。

だから話すことはない。でも、確実にお互いのことを認識しているあの感じ。

なんか思い出すだけで懐かしいよね。私にとって浪人をしている時ってただただつらくて、嫌な記憶でもある。

つらいなぁ」と思いながら、何とか毎日をこなしているような感覚でした。

だってそうでしょう?浪人なんて楽しいものではないし、勉強場所である図書館だって「ディズニーランド」とは違う。

ただね、何となく当時のレンガ調の図書館が懐かしくて、いままた訪れたらどんな気持ちになるのだろうか?と想像してみたりもする。

関連記事:浪人すると寂しい気持ちが強くなるから友達と過ごした方が良いよ。

あの人は何をしている人なのだろう?の集合体

 

いまは図書館なんて全然行かなくなってしまった。当時通っていたレンガ調の大きな図書館も、東京にあるその他多くの図書館にも行かない。

みんなもそうでしょう?

でも、あの当時の図書館、いや、きっといまも概ね相違ないと思うのだけれど、

図書館には「あの人は何をしている人なのだろう?」とこちらが思ってしまう人がたくさんいるんです。

私は浪人生として図書館で勉強をしている。

当然、私や他の浪人生以外にも色んな人がいて、

  • スーツを着ているけど営業をサボっている人
  • 老後に本を読むために来ている人
  • 家が居心地悪いのか来ている人

まあね、色々な人がいるんですよ。図書館は無料の施設だから、様々なバックグラウンドを持った人たちが集まる。

それが振り返ってみても、不思議で可笑しな世界だったな、と思うわけ。

大人になってしまうと、意外と自分が所属する階層みたいなものから抜け出す機会ってないんです。

上にも下にもいけないことが多いと思う。

だから、世の中には様々な人たちがいるのに、接することは少ないんだよね。

でも、図書館ではそんな貴重な体験ができる。

浪人の時、図書館に行きたかったのは「何者でもない自分になれるから」というのもあったのかもなぁ。

私だけじゃない。あの女子高生も、あのおじさんも、あのお姉さんも、何者でもない自分を楽しんでいたんじゃないかな。

関連記事:考えが甘いと言われる人生は幸せよ?

図書館みたいな場所が必要なんじゃないかな

 

いまの世の中には「図書館」みたいなものが随分と少ないような気がする。

何者でもない自分になることができて、静かにゆったりと過ごすことのできる場所が少ない。

だから、もっと「図書館みたいな場所」を作っていくことが大切なんじゃないかな、と思う。

それは「オンラインサロン」みたいな場所ではなく、もっと「何者でもない自分」になれる場所。

人生が楽しい時には「表舞台」で輝くことができる。

でも、つらい時、挫折した時、私たちを受け入れてくれるのはどんな居場所だろうか。実は少ないと思うんです、そういう場所って。

たとえば会社を辞めた時には、「え?いま何の仕事やってるの?」なんて聞かれるから外に出たくなくなるよね。

そんな時、私たちの精神を受け入れてくれる場所はどこだろうか。私たちは何にすがれば良いのだろうか。

そう思ってしまう。人生が昇り調子なら、何の問題もない。でも、人生なんてそんなにうまくはいかないのです。

小さな小石、大きな岩で躓いてしまう。だから、私たちには浪人生にとっての「図書館」みたいな何者でもない自分を受け入れてくれる居場所が必要なんじゃないかな、と思う。

20代でも、30代でも、70代でも同じだよ。

温かく迎え入れてくれるけど、どこかドライな関係性。そんな居場所が1つ、2つと増えていったら良いな、と思っている。

いつか、そんな居場所を作れるのかな。

関連記事:浪人がつらいと思っている人に伝えたい事。

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。