ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

江戸時代の遊郭「吉原」の現在を見てきたよ。

江戸時代には遊郭があった場所として有名だった吉原。実は行ったことがなかったんですよね。

吉原の歴史を見ると、風俗的な文化が昔からあったのだな、ということがよくわかる。遊郭で働く遊女は10年間は遊郭から出ることができない。

お客の相手をし、歳を取って来たら、新人の遊女を教える立場に変わる。

そんな時代があったのか、と思ったけど、吉原の遊郭の現在もそんなに変わらないんじゃないの?と思ったんですよ。

今回は久しぶりに散策した時のことを書いてみるよ。

 

三ノ輪駅から徒歩で吉原へ

 

三ノ輪駅に降りて、徒歩で吉原に行くことになります。吉原はね、駅から遠いんですよ。そりゃそうですよね。

駅からすぐのところに夜のお店があるような場所なんて東京でもまあないよね。五反田くらいかな……。

これが三ノ輪駅の改札です。ああ、ここから冒険が始まる……。でも、遠いんですよね。Google先生に頼っていたのだけど、15分はかかるような感じでした。

いや、実際もう少しかかったかもしれない。だって場所がわからないのだから……。

歩いてみるとね、割と突然吉原が現れてくる感じなんですよ。もちろん、門はあるんですけどね。

 

新築っぽいマンションもあるのに、ここらへんには吉原があるんですよね。正直、この時点では「大遊戯場歌舞伎町」みたいなものがあるのか?と疑問に思っていました。

 

だって、普通に綺麗だから。

関連記事:あいりん地区、西成の治安について書いてみる。

 

吉原神社に参拝しますよ

 

吉原についた証としてわかりやすいのは「吉原神社」だと思う。この近くにありますからね。吉原の現在はもうすぐそこです。

 

妓楼に閉じ込められていた遊女たちが参拝していたのだろうか。いや、禿でさえも参拝に連れてこられていたのかな。現在でも、吉原で働く人たちが参拝に来るらしい。

複雑ですね。江戸から時代が変わっても、いまだに残っているのですから……。遊女は農村などで売られた女性ですからね。そりゃつらかったんじゃないかな。

お金がない親が娘を女衒(遊女の仲介屋)に売り、もう出会うことはない。遊女となった娘はお金持ちの男から買い取られない限りは、10年間、いや修行期間もいれると20年間程度は吉原に閉じ込められる。

 

当時の遊女たちの気持ちを考えると、少しだけ悲しくなってきてしまう。

関連記事:ドバイの夏は灼熱地獄だからおすすめしないよ、本当に。

 

吉原は今でも遊郭だったよ

 

さて、吉原の現在を見ていくわけだけど、やっぱり今でも吉原は遊郭だったんですよ。いや、飛田新地みたいに2階に上がっていく赤線地帯時代の「ちょんの間」みたいなものではない。

ただのお風呂屋(という設定)に変わっているのだけど、やはり中で行われていることは当時と変わっていない。

昔は入り口って1つだったらしいのですが、今ではどこからでも入ることができるからね。適当に入ってみました。

 

裏道はこんな感じです。

こんな感じで普通に夜のお店があるんですよ。吉原の現在は全然昔と変わっていませんでした。

高いような安いような……。金額によってランクが違うみたいで、安いお店もあるみたいです。

他にも大きな通りにたくさんのお店があり、「おにいさん!どうですかい!良い女の子いるよ!NSだよ!」と言われるんですよ。

 

もうね、長い距離ずっと勧誘を受ける感じだからつらくて仕方がない。私はこの記事を書くためだけに来ているからね。

申し訳ないけど、すごい冷たい感じでスルーしていきました。

関連記事:京都の太秦映画村に行ってみた。

 

吉原と不思議なお店

 

とまあ、こんな感じで進んでいきました。

もうね、そこら中にお店があるような状態ですよ。土地の歴史によって土地の用途は変わってきてしまうものなんだなあ。

両側にそういうお店がたくさんあります。中には反社会的勢力っぽい方もいたので、撮影しにくかったのですが、

ワゴン車が多かったですね。ワゴン車で日暮里とか鶯谷から送迎してくれるとか。大型の車が多いと、何となく怖く感じてしまう……。

 

普通ぽい感じでもあるんですけどね。吉原の現在と昔ではちょっと雰囲気は違うのかもしれない。

 

星の王女様という喫茶店があるのだけど、どう考えても怪しかったんですよね。調べてみると、食べログに出て来る。

ホットペッパーもあったかな。でも、星がないし、コメントもない。これね、実は案内所なんですよ……。

吉原の風習みたいな感じですね。

関連記事:仙台から平泉の中尊寺金色堂に観光で行ってみた!

 

吉原の現在をみんなも見てきてください

 

みんなも吉原の現在を見てきてください。日本の歴史って実はそんなに綺麗なものではないんですよ。

人身売買をしている国だって思わなかったでしょ?でも、実際にはそういう歴史もあったんですよね。

飛田新地に関しても知らない人は知らないし、渡鹿野島とかも知らない人がいるよね。でも、実は日本の歴史の中にはダークネスな部分があるんです。

吉原にはこうやって女性専用の性病感染病院もあるんだな。もう、これだけ証拠があれば、普通は吉原なんて残らないと思うのに、なぜか現在も残っている。

やはり、必要なものなのかな、と思った。

みんなも行ってみてね。

関連記事:ジョホールバルの治安は!?女子二人で観光してみた!

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事