仕事

幸せな日々が続きますように、とは思うけど穏やかな日々じゃなくても良い。

幸せな日々が続きますように、と願う人はいる。幸せであればあるほど、いまの人生がこの先もずっと続くことを願うのよ。

大好きな恋人と素敵な時間を過ごすことができている時とか、

友人たちとの何気ない幸せを噛み締めている時。

そんな時には、幸せな日々が続きますように、と願うようになる。

日本は基本的に無宗教国家。でも、こういう時には願ったり、祈ったりするものなんですよ。

もちろん、幸せな日々が続きますように、と願い、本当に続いたらこんなに嬉しいことはない。

でもさ、そうじゃない時もあると思うんです。

幸せな日々が続いたら嬉しいよ

 

幸せな日々が続いたら嬉しいよね。私もいまとても幸せな生活を送っていると思う。

いや、数千万円の借金があったり、親が亡くなったり、つらいことならたくさんあったよ、

でも、以前に比べたら、随分と心穏やかに暮らすことができているような気がするんです。

この前も仙台に旅行に行っている時に思ったんですよ。

ああ、昔はこんな風に普通にお風呂に入ったり、普通にペットボトルを買うこともできなかったなぁ」と。

当時はさ、松屋のお昼でさえも高級品で、ビビン丼を食べることができる生活が幸せで仕方なかった。

そんな生活だったんです。だから、いまこうやって普通に生活していると、幸せな日々がずっとずっと続いたら良いな、とは思う。

自分の幸福度が上がったからこそ見えるものってたくさんあった。

それは自分の優しさだったり、夢だったり。余裕のない時には何もかもが目まぐるしく動いていくだけで、何も考えることができなかったからね。

そういう意味でも、いまみたいな生活ができるのって奇跡的だし、嬉しいな、と思うんです。

でもね、幸せな日々が続かなくても私は良いんです。

幸せな日々が続いたら嬉しいよ。そんなに嬉しいことはない。

この先何ヶ月、何十年と幸せな日々が続けば嬉しいよね。

関連記事:生きるってお金がかかるから大変じゃない?

明日何があるかわからない人生なんだ

 

幸せな日々が続きますように、と願いたくなるけど、私たち人間は明日何があるかわからない人生の上で生きていると思うんです。

もしかしたらさ、明日にはこの世界にいないかもしれないじゃないですか。明日には恋人と別れているかもしれない。

そんな中で生きているのが私たち人間だと思う。

もちろん、いまは楽しい。幸せな日々が続きますように、と願いながら私は日々を必死になって生きている。がむしゃらに生きているよ。

でも、もしも幸せな日々が目の前から消えてしまったとしても、私はそれで良いと思っているんです。

だってさ、昔は父親もいて、家族旅行にもたくさん行ったりした。

これぞ幸せな家庭」という感じだったかもね。周りからすれば。美味しいものだってたくさん食べていたしね……。

でも、父が亡くなってからは生活が変わったし、私は生きていくことだけで本当に大変な思いをした。

友人たちからは「老けた?」と何度も言われた。本当に老けたのだと思う。

あまりに大変でね。数ヶ月で相当老けていたのだと思うよ。自分ではわからなかったけど……。

体重も8kgくらいは落ちたかな。だってその当時はご飯でさえもまともに食べられない状態だったからね。うん。それくらい大変だったのです。

だから、「悲劇は当然起こる」という覚悟もしているのです。

幸せな日々が続きますように、と願ってます、神様のいたずらで違う人生になってしまうことだってあるよ。

それはそれは悲しいことです。

でも、私はそんなゴミみたいな人生でも、つらい人生でも、目を真っ赤にして生きてやろう、と思うんです。

幸せな日々が続きますように、と祈ったり願ったりしながら、同時に絶望も覚悟する。

それが私の人生なのかな、と思うんだ。

関連記事:正直に生きるとつらいこともあるけど、私はまっすぐでありたい。

 

別に良いんですよ、幸せじゃなくても

 

幸せな日々が続きますように、なんて思っていると幸せが逃げてしまいそうな気がして嫌なんですよね。だから、できるだけ「幸せでいたい」なんて思わないようにしようと思うんです。

 

実際ね、別に良いんですよ。幸せじゃなくても。よくさ、「どこかに幸せがあるんじゃないか?」と幸せの青い鳥を探し続けている人がいる。

でも、そんなものを求めることに意味があるのかな、と思う。

 

たしかに幸せな日々が続きますように、と思えるくらいの幸せな日々があったら嬉しい。それを維持したい、とも思う。

ただね、私たちは正しい行動をしていれば幸せになれるわけではないし、神様はいたずらに私たちの人生を狂わすものなんです。

 

だから、私は幸せな日々も、絶望の日々も、同じように好きでいたいな、と思う。

どんな日々だったとしても、私は同じように生きたいのです。幸せじゃなくてもいいじゃないか。と思うんです。

 

願うことは大切。幸せな日々が続きますように、と夜空の流れ星に願ってみれば良い。でも、私はどんな未来が来ても生きていきたいから。

覚悟を持っていまを生きるんだ。

関連記事:覚悟を決める事で少しずつ人生って変わるものだと思う

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。