人生に悩む君へ

多くの人は世の中は変わらないと思っているけど、そんなことないんだよ。

多くの人はいまの世の中が「こう変わるな!」なんてことは考えていませんよね。これほんとにおそろしいくらいに一般の人は考えていないんですよ。

私たちが生きるかもしれない未来において、何かが変わる、なんて誰も想像しないわけです。

いつまでも電車が走っていると思っているし、いつまでもスーツを着るのが当たり前だと思っているんです。

でも本当に世の中は変わらないのでしょうか?私はそんなことはないと思います。

いま皆さんはスマホを当たり前のように使っていますが、こんな未来になると思っていましたか?思っていませんでしたよね。

皆さんが知らない、知ろうともしないうちに世の中はだんだんと変わっていっているんです。今回はそんなことについて話そうと思う。

 

自分も変わらなければいけない

 

世の中は頭の良いアントレプレナーシップを持った人がどんどん変えていきます。でも多くの人は世の中が変わるなんてこれっぽっちも思っていないんですよ。

大企業はいつまでも大企業としての地位に居続けると思っているし、自分の給料は安定的に伸びていくと思っている。

まさかメガバンクが潰れるなんて思っていないでしょう?リストラするなんて思っていないでしょう?コンビニには10年後も店員さんがレジの前にいると思っているでしょう?

でもそれって本当に正しいのでしょうか?私は違うと思うんです。

世の中は本当に凄い勢いで変わっていっています。だったらそれにもっと気がつかなければいけないと思うんです。

世の中は変わらない、と思っているかもしれないけど、そんなことはない。変わるんですよ。

よく、新卒に人気企業ランキングにランクインするとその企業や業種は廃れていくという定説がありますが、割と正しいんですよね、それ。

学生って安定していて、給料が高くて、少しだけ自分の興味のあるものを仕事にします。

つまり、人気企業であればそういうひとがたくさんはいってくるんですね。笑

するとどうなりますか?

企業は廃れていってしまうんですよ。そういった社員が考えることは「いかに会社からお金をもらえるか?」ということです。

本来であれば自分の給料というものは会社の利益の次に来るものであるという考え方が正しいのですが、そういった考え方が出来るひとってのはとても珍しいわけなんですよ。

 

時代はどんどん新しいものに変わっていってしまうものです。

テレビだってそうですよね?旧態依然としたキー局があぐらをかいているからサイバーにabemaTVとかやられてしまうんです。笑

 

そんな時に変わらなければいけないのって私たち自身だと思うんですよね。私たちは「次の時代になにが来るのか?どういった時代になるのか?」ということを常に考えなければいけません。全てのもののIT化が急速に進んでいます。そういったなかで自分はいまなにをすべきなのだろうか?

そんなことを考えて行動しなければいけないんです。

 

例えば、今はテックアカデミー等の外部のプログラムで学んでいるけど、2020年からでしたっけ?プログラミングが必修かされますよね?そしたらいま大企業に居座っているひとの職なんてすぐになくなってしまう。

日本は現在は先進国としての地位を保つことが出来ていますが、今後成功するのは他のアジアの国でしょう。するとそんな時にあなたならどうしますか?

 

無駄な会議をしますか?ビールを下に下げて接待しますか?残業時間にマインスイーパでもやりますか?そんなことをしていたらこの先職を失ってしまいますよ。

 

自分自身が変わっていかなければいけない時代がすぐそこまで来ているんです。自分が変化して世の中の流れを読む必要があるんです。

世の中は変わらない?そんなことはないよ。

関連記事:愛のない世界で生きてしまった人にこそ伝えたいんだ。

 

退職金なんて古い

 

退職金って概念がありますけど、あれもどうなのかな?って思いますよ。だいたい退職金って企業にとっては何も良い事はありません。お金が出ていくだけです。

それによって老年まで働いてくれるということが以前までのメリットだったのかと思いますけど、このシステムも将来的にはなくなるんじゃないの?って思っています。(だって、別に若いひとで充分ですからね笑 給料が高いだけのひとなんていりません。)

 

中小企業なんかだと退職金ってほとんど出ない場合があります。それを聞くと「退職金が出ないとかなんなの?」ってなるひとがいるかもしれません。

でも、それはいまは普通だと思っているひとがたくさんいるかもしれませんけど、変わるかもしれないんですよ?

昔から経営者が労務契約で労働者に対して賃金を払うということを当たり前にしてきましたが、こういった雇用の形も今後はなくなっていくのではないか?って思います。

だって、そもそも、私たちは好きなことをやるべきなんですよ。だったら好きなものをやる同士で対等にやっていったらいいじゃないですか!

エンジニアであればハッカソンに参加して一つのサービスやアプリをチームになって作るのもいいでしょう。(参考までに:ハッカソンの説明です!)

 

退職金なんて目当てにしているくらいならこういったエンジニアのもの作りイベントに参加してみたほうがずっといいと思うんですけどね。時代は会社単位ではなくプロジェクト単位になってくると思うんです!

関連記事:プログラミングがつまらないと感じる原因と対処法。

だったらやっぱりエンジニアになろうよ!笑

 

やっぱりこういうことを考えると結局エンジニアになるのが一番人生を楽しくすると思うんですよ!笑

私自身、HTML.CSSに始まり、PHP,Ruby,java等を勉強してきた人間です。だからこそ、おすすめしているんですよ。

私はたまにエンジニアのオフ会とかにいったりもするんですけど、やっぱりとてつもなく楽しいですよ。みんなモノづくりに本気になって取り組んでいるひとたちばっかりで「これからはこういったサービスが流行るから作ります!」ってひとがたくさんいるんです。

 

テレビでも雑誌でもそうですけど、ITの世界に比べるとどうしても情報が遅いんです。ITの世界で「これ来てるよ!」ってのが報道されるのは1年後〜3年後である場合があります。でも、だからこそ、面白いんですよ。

 

先ほどもテックアカデミーを紹介しましたが、ああいったものに通うことで違う道が開けることがたくさんあると思うんです。

 

少し話はプログラミング寄りになってしまいましたが、

世の中が次はどんな風に変わるのか?ってのを予想して行動することがいまはとてつもなく大切です。信じることが出来ないのであればエンジニアイベントのオフ会にでもいってみましょう!笑

関連記事:エンジニアの強みってアウトプットの速さじゃないかな

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。