人生

もしも私が高校生だったらどう生きる?

もしも私が高校生だったら、いまどんな生き方をしているのだろうか。

私は高校生の時には部活をやっていたり、芸能活動をしようと試みたり、ブログを書いたり、バンドをやったり。

まあ、青春っぽいことは割とやってきたと思うんです。

当時はプリクラが流行っていたから、学校帰りに渋谷に行って、プリクラ撮ったりもしてたなぁ。

言ってしまえば、ごく普通の高校生をやっていた。

でも、いまもしも私が高校生ならどうするのだろうか。

高校生の時にやっておきたかったこと

プログラミング

プログラミングは高校生の時にやっておきたかったな。私は大学生の時にプログラミングを始めたから、少し遅かったんですよね。

高校生当時は「プログラミングなんてオタクがやるものだ」という固定観念を持っていた。

だからやらなかったんですよ。バンドの方が「イケてる」と思っていたし、渋谷にあるプリクラのメッカに行った方が楽しかった。

でも、もしも私が高校生ならプログラミングを学習していると思う。

テックアカデミーとかTECH::CAMPで学んでみたかったな。学校には「科学部」みたいなものもあったしね……。

いまの高校生はきっとprogateとかを使ってやっているんだろうな。羨ましい。私の時代にもそういうパラダイムみたいなものがあれば良かった……。

起業

高校生から起業する、なんて人は私の時代にはほとんどいなかった。

でも、いまの時代は違うよね。「若者強者時代」のいまは、高校生でも普通に起業する。

起業することがいまの高校生にとっては「イケてる」のだと思う。

もしも私が高校生だったら、クラファンで資金を募って何かビジネスを始めていると思う。

いまの私も自営だけど、もう少し早く起業したかったな。高校生の時には「歌手になりたい」と思っていたから、起業するなんて考えてもみなかったけどね。

 

でも、いま考えてみると、もしも私が高校生だったら、起業してみて失敗してみるのが良かったんだろうな、と。

いまに活かされると思うから……。

関連記事:高校生で起業する人がこれからは増えて来るけど。

同じ人生を歩むような気もする

 

たしかにもしも私が高校生だったら、起業したり、プログラミングをやったりすると思う。

でも、これはいまだから考えることなんですよね。実際さ、高校生活なんて理想通りにはいかないものじゃないですか。

そもそも、私なんて精神的に余裕のある方ではなかったから、学校行事とか日々の授業だけでお腹いっぱいになっていました。

部活とかもやっていたしね。だから、もしも私が高校生だったら「起業している」みたいなことを思うけど、実際には厳しいのだろうな、と。

 

普通の学校生活を送るだけでも、みなさん疲れるでしょう?いじめがあったりとか、先生に怒られたりとか、修学旅行があったりとか。

学校生活って集団生活だから、私みたいな個人主義の人間には疲れる場所でもあったんですよね。

 

だから、もしも高校生に戻れたとしても、同じように過ごしてしまうような気もするんですよね。

どこの学校でもそうだけど、私の学校でも結構いじめがあったんですよね。

 

高校3年生くらいになってくると、だいぶ落ち着いてくるけど、1年生くらいだと、まだいじめがあったりするしね……。

もしも私が高校生だったらやりたいことはたくさんある。効率だけを考えたら、「これをやるべき」みたいなことはいくつか挙げられる。高校生にアドバイスもできる。

 

でも、思った通りにできる人は、それなりに余裕がある人なんですよ。普通はできない。

私なんて、学校から家に帰ってきて、「ああ、今日も疲れた」と言っていましたから。

関連記事:在宅バイトを高校生におすすめする3つの理由。

 

友人を何よりも大切にして欲しい

 

もしも私が高校生だったら、あなたが高校生だったら、やるべきことはたくさんある。でも、何よりも「友人」を大切にして欲しい。

もしもあなたが高校生だったら、きっとやりたいことはたくさんあると思う。大人になってみたら、高校時代って「大きな収入を得るための準備期間」とも捉えられる。

いや、むしろそう考えてしまう人が多いと思う。

 

でもさ、やっぱり人生で最も大切なのは「周りの人」だと思う。だから、やっぱり周りの人、友人を大切にして欲しいんです。

もしも私が高校生だったら、できることはたくさんある。もしかしたら椎木里佳みたいな高校生起業家になることもできるかもしれないよ。

ただ、そうは言っても、やっぱり大切なのは周りの人たちだと思うから。

 

社会で成功することは意外と簡単なこと。でも、一生付き合っていける友人を作るのは簡単なことではないよ。

1000人に1人くらいしかいないんじゃないかな。

それくらい希少なんです。だから、もしも私が高校生だったとしても、やっぱり友人を大切にするかな。

一生の宝物になるから。人間は1人じゃ生きていけない。

寂しい、孤独な生物だから、人が大事なんだ。

関連記事:人生が不安で満たされることもあるけれど、前を向いて生きような。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。