コラム

不登校になりそうな君へ、少しだけ長く生きている私が話したいことがある。

不登校になりそう、と思っている人が世の中にはきっとたくさんいると思う。

学校に行くって実はとても大変なことなんですよね。

週に5日間、むかしは6日間も学校に行かなければいけないわけですから、それだけ大変なんですよ。

実は私にも不登校になりそうな時期があったんです。

同じように苦しんでいる人たちに少しだけ年の離れた私が話してみるね。

不登校になる人とならない人に大きな違いはない

不登校になった人」と聞くと、「社会不適合者なんじゃないか?」と思われるかもしれない。

普通に学校に行くこともできなかったのか、と言われるかもしれない。

そんなことを想像すると怖くなるよね。

でも、本当は不登校になる人と不登校にならない人には大きな違いはないと思う。

不登校になった人はたまたま不登校になってしまっただけで、不登校にならなかった人はたまたま、ギリギリ不登校にならなかっただけ。

誰しも「学校に行きたくないな」と思う時はあるよね。友達と喧嘩したり、学校でプレゼンがあったりすると、「うわ、もう逃げちゃいたい」なんて弱い自分が顔を出す。

 

私なんて運動会があるだけで、前日からお腹が痛くなったりしていました。なんか期待されすぎていたからダメだったんですよね……。

きっとすごいことをしてくれる」みたいな期待が大きすぎて、疲れてしまった……。

不登校になりそうな人なんて実はたくさんいるんですよ。不登校になりそうな時って「レールから外れてしまいそうだ」という危機感がでてくるじゃない?

 

でも、実はそんな気持ちを抱えた人はクラスに5人はいたと思うよ。

あとから聞いてみたら、「学校に行けなくなりそうだった」みたいな経験を持っている人はたくさんでてくるものです。

不登校になる人とならない人に大きな違いなんてないんです。喧嘩をしたとか、友達に悪口を言われたとかね、そういう小さな小石につまずいて、私たちは不登校になってしまうものなんですよ。

関連記事:子供が不登校になった?居場所を作る事で人は変わる。

 

 

まあとりあえず明日だけ行ってみなよ

 

不登校になりそうな時って、何がつらいのかって「1年後も学校に行けるのだろうか?」みたいな不安を抱えることだと思うのよ。

でもね、そんなことを考える必要はないよ。

とりあえず明日だけ行ってみれば良いのです。明日だけ行ってみて、「やっぱり無理だ」と思ったら次の日には行かなくても良い。

んで、また次の日になったら「やっぱり今日は行ってみよう」とかって思ったりするよね。

そんな繰り返しで良いと思う。長期的なスパンで考えたらつらくなってしまうよ。

 

不登校になりそう、と思っている時には、長期的に考えてしまうものだけどね、そんなに真面目に考える必要なんてないのよ。

私だって、中学、高校と6年間も同じ学校に通っていた。でも、最初から「6年間通える」なんて思いませんでしたから。

芸能界に行きたかった時代もあったから、「高校は行かないつもりだよ」みたいなことを周りにも言っていたしね……。

 

そんなこんなで、何となく卒業できたような感じなんですよ。不登校になりそう、と恐怖心を持ってしまっている人は真面目に考えすぎているのです。

良いんですよ。ゆったりとしていれば良いのです。

不登校になりそうだなあ」と思いながら、まずは次の1日だけ通ってみれば良いのです。

 

学校に行きたくないなんてダメな人間だなああ」と軽い思いながら、まったり登校してみれば良いのです。

私だってそうだったから。私だって「絶対卒業できる」なんて思いながら通っていませんでしたから。

 

卒業できたらラッキーかも!」くらいの気持ちで行こう。うん。それくらいで良いんだよ。

関連記事:中学の時「学校行きたくない」と思うのは結構普通だと思う。

 

学校なんて別に重要じゃないんですよ

 

学校なんて正直言って、そこまで重要なものではないんですよ。たしかに学歴があれば、良い会社に勤めることができるのかもしれない。

高収入家庭を作り出すことができるのかもしれない。

でも、たとえば私なんて割と良い高校と良い大学を出たけど、独立してしまいましたからね……。

結局は学歴なんて全く関係のない世界に飛び込んだのです。

 

だからね、不登校になりそう、なんて不安な気持ちを抱えているかもしれないけど、学歴なんてそんなに重要なものではない、ということは理解しておいて欲しいのです。

私の父親なんて、「学歴なんてどうでも良い」と行っていましたからね。結局は浪人をすることになったのですが、父親は起業家だったので、気にしなかったのです。

その当時は「やっぱり学校を辞めたら生きていけないでしょう?」なんて思っていました。嘘つき、と思っていました。

でも、いま自分が独立して会社をやってみると、「不登校になりそうならそれはそれで仕方ないじゃん」と思うようになったんです。

学校に行けるなら行った方が良いと思いますよ。ただ、「絶対に行かなければいけない場所」ではないんです。

だから、もう少し楽な気持ちで通ってみれば良いんじゃないかな、と思う。不登校になりそうだな、と思いながらゆったりと通えば良いんじゃない?

 

自分の人生に「これが正解」なんてものはない。好きなように生きれば良い。

関連記事:人生めちゃくちゃになった?計画通り行かないものなんだよなぁ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。