恋愛と私

結婚する必要性ってなんだろう?とことん考えてみた

結婚する必要性ってなんだろう?

 

女性も当たり前のように稼ぐことができるようになった社会で

結婚に対する必要性の意識はどんどん薄れていっているように思います。

 

それでもまだまだ「まだ結婚しないのか?」「そろそろ結婚して子供産まないと!」なんて言葉を投げられる社会だけど

結婚する必要性ってなんだろうか?考えてみようと思います。

 

結婚しなくても生きていける時代

 

女性の場合は特に、昔は結婚しないと生きていけないような時代でした。

 

結婚して専業主婦になるのが当たり前で、

旦那さんのお給料で一家は支えられていた。

 

でもこれはだいぶ形が変わりましたよね。

 

会社も一人の人を終身雇用することができなくなってきているし

副業もどんどん勧められていて、男性一人の稼ぎで一家を養っていくのは難しいのが今の時代。

 

女性の社会進出もめざましくて、

そもそも結婚に頼らなくても女性が生きていけるようになった。

 

ますます結婚の必要性がなくなってきているように思います。

 

私の周りの女性でも、男性と同じくらい稼ぐことができている人が結構います。

特に資格職だったり何かしらのスキルがあれば、結構稼ぐのは難しくない。

 

ネットの仕事もたくさん溢れている時代だから、力仕事じゃなくても働ける。

 

そうなってくるとますます結婚する必要性は現代には無いように思いますよね。

 

男性も平均年収を多く稼げる人が少なくなってきている今、

結婚することによって生活コストが上がるのが嫌だ、と考えている人も多くなってきています。

関連記事:彼女と結婚したくないと思ってしまう男性は多いものですよ。

 

結婚の必要性ってなんだ?

 

じゃぁ現実的に結婚の必要性ってどこにあるんでしょうか。

 

子供を産み、育てるため

 

子供を産むためにはやっぱり結婚をする必要性はあるのかな、と思います。

 

子供を産むにあたって結婚をする必要性が必ずしもあるわけではないですが、

生まれてくる子供のことを考えると、ちゃんと戸籍上でも母親と父親でいてあげた方がいいのかな、とは思いますよね。

 

子供って結構そういうところ鈍感に見えるけどちゃんと見ているものです。

 

中には「パートナーはいらないけど子供をは欲しい」なんて言ってる人もいますけどね笑

 

でもやっぱり子供のためにはなるべく良い環境を整えてあげるべきだよな、とは思いますよね。

関連記事:結婚しても虚しいと感じるのはなぜなのか

 

共同生活をするため

 

やっぱり結婚していいな、と思うことの多くにあげられるのが、共同生活をすることができる、ということでしょう。

 

一人でずっと暮らしていると寂しい、と感じる独身の人は多いようです。

20代〜30代ならまだ簡単に恋愛もできる時期だからいいけど、40代以降になってくると寂しいと感じやすくなってくるようです。

 

40代以上の人が寂しさから不倫などの不毛な恋愛に走ってしまってることも結構あるんですよね。

 

寂しいと感じることが多いのであれば

結婚する必要性はあるんじゃないかな、と思います。

 

誰かと共同生活をすることができることで、精神的に安定する、というのはあると思うんですよ。

 

誰も待っていない家だと帰りたくないって思っちゃうけど

誰かが待っている家なら、早く帰ろう、ってなって生活習慣も少し改善されるんじゃないかな。

関連記事:別れて一人になるのが怖い、なんて間違ってると思う。

 

老後のリスクヘッジ

 

なんだかすごく生々しい話になってはしまうんですが、

老後に一人で暮らすのって相当危ないことだと思うんですよね。

 

高齢者の孤独死が社会問題にもなっていますが、

何かがあった時に一人で暮らしているとどうしても異変に気づいてくれる人がいないじゃないですか。

 

ちなみに私のおばあちゃんも早くにおじいちゃんを亡くしているんですが

再婚を決めたのは風邪を引いた時だったそうです。

 

風邪を引いて一人ではどうにも動けない時に看病をしてくれたのが、再婚した今のおじいちゃん。

 

やっぱり一人で暮らすのって危ないし、

家族とかにも心配かけますよね。

 

もちろん相手がいることですから、なかなか「結婚したいから結婚する」とすんなりいくものじゃないのが難しいところなんですけど。

関連記事:結婚する勇気がない人が多いのは当然だけどさ。

 

社会的な信用

 

最近は結婚しているというのは当たり前ではなくなってきています。

結婚している人の方が社会的信用度は高いのかもしれないな、と思うことはありますね。

 

もちろん結婚してる人の方が偉いとかじゃないんですけど、

周りを見ていると「結婚している人=ちゃんとしている人」という認識があるように感じる時はあるんですよね。

 

独身者はなんとなく嫌煙されがち、というか。

負け組のように見られるような感じ?笑

 

無理に結婚する必要はない

 

リアルな部分で結婚する必要性について書いてみました。

 

子供を育てることにあまり興味がなくて、経済的に自立していて

一人でも寂しくないと思える人なら、結婚する必要性は今の時代あまりないのかもしれませんね。

 

無理して結婚しようとして、逆に自分が精神的に追い詰められてしまう、なんてこともありますから

「結婚しなきゃ」という強迫観念に駆られる必要はないんじゃないかな、と思いますよ。

関連記事:結婚に向いてない人の特徴

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。