仕事

辞めたい部下は引き止めるけど、強くは止めない。

辞めたいんですけど」と言ってくる社員は少なからずいるんですよね。どこの会社でもそうだと思うけど。

辞めたい部下はどこにでもいて、会社側、特に雇用主側からすると、辞めてもらうとめちゃくちゃ困ったりもするんですよね。

だから、辞めたいと言っている部下を引き止める人も多い。

私もある程度は引き止めますよ。でも、強くは止めないんですよね。

辞めたい部下を強く引き止めても、意味がないと思うから。

辞めたいと言ってくるとつらいよね

私の場合は経営者として考えるわけですから、「辞めたいです」と部下が言ってくると、それはつまり「この会社はダメな会社だ」と言われたような気がして悲しくなるんですよね。

どんな経営者も同じだと思う。辞めたい部下が1人でも出てきてしまうと、つらいものなんですよ。

もちろんね、仕事を引き継がなければいけないとか、急に辞められると採用までの時間が取れないとか、そういう実際の問題もありますよ。

でも、それよりも「もっと会社を改善していかなければいけないんだ」と思うんですよね。

 

辞めたい部下がいるということはそれだけ会社にも問題があるということなんですよ。それは採用段階で発生している問題かもしれない。

もしかしたら働き方かもしれない。それはわからないけど、やはり変えなければいけないのですよ。

経営者側が気がつかないうちに、社内が「居心地の悪い場所」になっている、ということはよくあるんです。

上が気がつかないうちに、現場は疲弊し、辞めていく人が多くなっている。そんな状態になってしまうことだってあるのです。

 

だからこそ、辞めたい部下が出てきた時には、「何を改善するべきなのか?」と考える必要があると思うんです。

関連記事:上司と出張に行った事があるけど、そういえば最悪だったな。

辞めたい部下を引き止め過ぎない理由

近い未来に辞めてしまう可能性

辞めたい」と言ってきた部下を引き止めた結果、「やっぱり頑張ってみます」と言う人もいるのだけど、これは本当に良いことなのかな?と思ってしまうんですよ。

だって、辞めたい、と1度でも思った部下は近い将来辞めてしまう可能性が高いからです。

辞めたい」という気持ちを抱いたということはそれなりの理由があるんですよね。上司の問題とか、会社の体制の問題とかね。

でも、まあ多くの場合は「人間関係」なんですよ。「給料が低い」とか言う人もいるけど、探ってみると、人間関係が問題になっていたりする。

そして、「人間関係」というものは1日や2日で改善されるものではないのですよ。「合う・合わない」もあるしね。

だから、辞めたい部下を引き止めたところで、結局はいつか辞めてしまうものなのです。

だから私はあえて引き止めすぎないようにしています。引き止めて、残ってくれたとしても、その後に問題が起きて辞めてしまうから。

心が離れている

部下が「辞めたい」と言ってきた時には、会社から心が離れてしまっていることが多いような気がします。

「辞めたいです」と言ってきた時って、「その時に」辞めたいと思ったわけではないと思うんですね。

1ヶ月も1ヶ月も、いやあるいは1年以上も悩んで出した答えだと思うんです。

だから、辞めたい部下の気持ちは「辞めたいんですけど」という言葉を発した時点で半分会社に存在していないのです。

そうなってくると、ミスが増えるし、頑張ってもくれない。辞めたい部下を引き止めることは大切なことだし、いて欲しい。

でも、引き止めすぎるのもどうなのかな?と私は思っています。

辞めたい部下を無理やり泣き落として、所属してもらっても、良いことがないのです。

関連記事:転職したいけど自信がない?どうにかなるんだよね。

それぞれが好きなことをする人生にしような

自分の会社が社員にとっての「いるべき場所」になったら、こんなに嬉しいことはない。

辞めたい部下だっていないでしょう。ゼロですよゼロ。

でも、そうじゃない社員だって当然いるんですよね。

この会社にいちゃダメだな」と思ってしまう人だっている。そういう人が辞めるのは仕方ないのかな、と思っています。

辞めたい部下を引き止めることも大切なことですよ。だって1人あたり数十万円くらいは採用コストがかかっていますからね。

 

でも、その人にはその人の人生があるからね。死ぬ時に「なんでこんなことのために働いていたのだろうか?」なんて思って欲しくはない。

楽しい人生だったな」と思って欲しいのです。

辞めたい部下がいるなら、それはそれで仕方がないんですよ。少しは止めるかもしれないけど、基本的には自由に生きれば良いと思っている。

 

やっぱり好きなことをやった方が良いんです。好きなことを仕事にする、なんて言うと軽く聞こえるかもしれない。

でも、本当に大切なことよ。人生は楽しむためにあるのだから。つまらない毎日よりも、面白くて、笑えて、お腹が痛くなるくらいの毎日の方がハッピーじゃないですか。

 

お互いそんな人生を歩めたら良いな、と思う。ね?そうでしょ?

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。