ブログ運営を語る

アフィリエイトは怪しいと思う人が99%だから有難い。

アフィリエイトは怪しいものですか?

おそらく多くの人が「アフィリエイトは怪しい」と思っているんじゃないかな。アフィリエイトは怪しいから、アフィリエイターには近づかない方が良い。

そんな風に思っていたりする。

アフィカス」みたいな言葉もあるしね。

 

でも、アフィリエイトが怪しいと思う人が99%だから、ブロガーである私たちは楽なんですよ。

アフィリエイトが怪しいと思われる理由

情報商材とセットになりやすい

アフィリエイトは情報商材とセットになりやすいんですよね。

アフィリエイトで自由を手に入れる3つの方法!」みたいものを20万円とか30万円で売ったりする人がいるんですよ。

そういう情報商材が役に立つことってまずないですから。

有名なブロガーのnoteとかを買った方が100倍役に立つよ。

アフィリエイトが怪しい、と思う人が増える原因になっていると思うし、実際こういう人の稼ぎ方はあまり好きではないんですよね。

本当に儲かるならなぜ情報商材なんてやってるん?」と思うでしょう?

周りにアフィリエイターがいない

周りにアフィリエイターをやっている人がどれだけいるのでしょうか。

アフィリエイトが怪しいと思う理由は「周りにアフィリエイターがいないから」でもあるんです。

私の周りにも、ほとんどいませんよ。高校とか大学の友人の中で「アフィリエイトで生活しているよ!」みたいな人は1人しか知らない。

だから「アフィリエイトは怪しい」と思われても仕方がないと思うんですよ。

だって、周りに具体的な例がないのだから。

周りに「ブロガーやってるよ!稼ぎ方はね…」と丁寧に教えてくれる神アフィリエイターみたいな人がいれば良いけど、いないのよ。

仕組み自体がわからない

アフィリエイトの仕組みを理解している人は日本においても、世界においてもおそらくめちゃくちゃ少ないです。

私も友人に説明しましたが、1度の説明では理解されませんでしたからね。

アフィリエイトが怪しい、と思われるのは「仕組みが不透明」だからなんです。

まあね、そうだと思うよ。普通の人からすれば「なんで日記を書いているだけでお金が入るの?おかしい」と思うのが普通ですから。

私も「ウィーンのザッハーホテルに泊まったよ!」なんて言っているだけで、なぜお金が入ってくるのかわからないでしょう?

そういうものなんですよ。世間の人たちの「アフィリエイト」に対する理解が薄いのです。

関連記事:ブログは副業としても最適だと思う。

アフィリエイトの仕組みについて解説していこう

サイトを持っていることが大前提

アフィリエイトが怪しい、と思っている人のために説明したいんですよ。

アフィリエイトを始める時には「自分のサイト(ブログ)」を持っていることが大前提。

わかりやすいところだと「はてなブログ」とかを持っていればok!

記事を毎日とか、2日に1回くらい更新していると、アクセス数が増えてくるんですよ。

1日に20人とか30人とかね。

私のブログ「テトラエトラ」の場合だと、4000人〜7000人くらいの人が1日に見ているよいな計算です。

そういうブログを作っていくのです。

 

日々あった出来事とか、旅行に行ったら旅行に行った時のことを詳細に書いていくような感じ。

検索上位に表示させるために、「キーワードプランナー」というGoogleのサービスを使うんですよね。

アフィリエイトが怪しいと思う人はまず、仕組みを理解してみれば良いのにな、と思う。仕組みは簡単だし、別に誰にでもできることだから……。

仲介して報酬をもらう

ある程度アクセス数が集まるようになってきたら、「仲介してお金をもらう」というフェーズに入ります。

ここですよね。ここがアフィリエイトが怪しい、と言われる原因かな、と思う。

怪しいものを紹介している」みたいな印象を持ってしまうんですよね。

 

化粧品を紹介しているようなブログを書いているなら、「この化粧品は良かったよ」という記事を書いて、紹介する。

そして、読者が購入すればブログ運営者に「仲介料」としてお金が入るんですよね。

 

でもね、基本的には「良い商品やサービス」しか紹介していないと思うんですよ。

私も実際に使ってみた商品とサービスばかりを紹介していますしね……。

 

一部には悪質なアフィリエイターも存在するから、一概には言えないけど、アフィリエイトは怪しいものでもないのよ。

関連記事:Google Adsense(アドセンス)で月1万円稼ぐには何をすればいい?をブロガーが解説

 

アフィリエイトって儲かるの?

アフィで生活できるのは1%くらいじゃないかな

アフィリエイトが怪しい、と思っている人が多いのは、そもそもアフィリエイトだけで食べている人たちが少ないからだと思います。

私はアフィリエイト収入だけでも食べていくことが全然できますけど、たぶんアフィで生活できるのはアフィリエイター全体の1%か、それ以下くらいじゃないかな、と思います。

私の感覚ですけどね。アフィリエイトって基本的には大企業が強かったりするんですよ……。

最近だと、マイナビウーマンとかが強いのかな。大企業が大きな資本を投下して、「うおりゃ」と記事を量産すれば、ある程度のアクセス数が集まってしまいますから。

そういう意味では個人が戦っていくのって厳しかったりもするのです。まあ、個人には個人のやり方があるんですけど。

 

副業としてのアフィリエイトは美味しい

副業として考えるのであれば、アフィリエイトという事業自体は美味しいんじゃないかな、と思います。

なぜなら5万円程度を稼ぐのは別に難しいことでも何でもないからです。今からアフィリエイトを始める人も、普通に1年とか2年とか更新し続けていれば、ジャンルにもよりますけど、

5万円程度は稼げると思います。私の知り合いも、「アフィで生活する!」なんて豪語して、1年くらいでサラリーマンに戻りましたが、今でもアフィ収入はあるらしく、羨ましい限り。

だからね、副業としては良いんですよ。アフィリエイトは怪しい、と思っているかもしれませんけど、儲かる事業ではあると思う。まあ、10年後はわからないけどね。

ロリポップ!みたいな誰でも簡単にサイトを始められる格安サーバーをちゃちゃっと借りちゃって、やってみれば良いのにね。

関連記事:アフィリエイトは危ないんじゃないか?という質問について。

ブロガーである私にとっては良いこと

 

アフィリエイトが「怪しい」と思っている人が多ければ、ビジネスとして参入してくる人は増えませんよね。

これがブロガーにとっては良いことなんですよ。だって、たくさんの人が参入してきてしまったら、それだけ消耗戦になりますからね……。

私はゆったりとブログで稼いでいきたいので、あまりガツガツした競争には向かないのです。

アフィリエイトが怪しいと思っているかもしれないけど、大企業だってアフィサイトを持っているし、大企業だって仲介事業をやっているじゃないですか。

価格.comだって仲介業ですからね……。「アフィリエイト」という名前になると、途端に「怪しい」となるのです。

 

大企業のアフィサイトとかだと、「小学館」がウォーターサーバーのアフィサイトを運営していたりしますよね……。

いまは大企業でも、アフィサイトを作る時代なんですよ。

 

にも関わらず、多くの人は「アフィリエイトは怪しい!搾取だ!」みたいなことを言っているから、ブロガーである私たちは好きなことを書くだけで、お金が楽に入って来るのです。

 

まあ、また時代も変わると思うけどね。広告の形とかももしかしたら変わってしまうかもしれない。

逆にさ、「アフィリエイトって良いものだよね」と誰もが思うようになったら危ないよね。その時くらいが潮時なのかな。

私はいつも通りブログを更新するだけなんですけどね。

関連記事:さくらインターネットからmixhostに移行したら感動が止まらなかった。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。