恋愛

ずっと好きってあるんだな。

人は好きになった人のことをずっと好きでいられるのかな?

そんなことを悲しいけど、思っていたんですよ。

ずっと好きでいようね」なんて言っているカップルなんてそこら中にいる。

いや、7割くらいのカップルはお互いの愛を確かめ合い、ずっと好きでいられると信じているんじゃないかね。

でも、別れてしまうことだってある。付き合っていても、他の人を好きになってしまうことはあるよね。

そんな姿を見ていると、「ずっと好き」なんて少年の幻想で、永遠の愛なんてものはこれっぽっちもこの世界に存在しないような気がしてしまった。

でも、そんなこともないのかな、と少しだけ思ったのです。

母の言葉が頭に残っているんです

うちの家庭は少し他の家庭と違う。なぜなら私の父親は私が大学生の時に亡くなってしまったから。

シングルマザー」なんて言葉はどこか遠い国の話のように感じていた。

でも、現実は違ったんですよね。私は父親のいない家庭で育つことになり、母も未亡人として生活することになった。

 

私もつらかったけど、きっと母もつらかったんだろうな、と思う。

父は起業家だったので、会社を回していく必要もあったからね。

めちゃくちゃ大変ですよ。だから、そんな母は「実際父のことをどう思っていたのだろうか?」と疑問に思っていた。

どこの起業家家庭でも同じだと思うけど、私が幼い頃は母か大変そうだった。

私が「遊んでよ〜」なんて言っても、「いまは猫の手も借りたいくらい忙しいの!」なんて突き返された。

それくらい忙しかった母だから、亡くなった時には「楽になったという気持ちもあるのかな」なんてドライに考えていた。

でも、違ったんですよね。

ある日、自宅リビングで何気ない恋愛話をしていた時に、母がこう言ったんです。

お父さん亡くなっちゃったけど、ずっと好きだったなぁ」って。

続けて、

ずっと好きってあるんだなあって思った」と言っていたんです。

その時に、なぜだかわからないけど、嬉しい気持ちがこみ上げて来たような記憶がある。

 

ずっと好き」なんて幻想に過ぎない、と思っていた。

でも、そうでもないんじゃないかな、と思い始めたんです。

人間、そんな捨てたもんじゃないな、と思った。

関連記事:恋人が欲しいと思っている時ほど出来ないのはなぜ?

大人になってもピュアな気持ちを忘れたくない

 

大人になってもピュアな気持ちは忘れたくないな、なんて思う。

高校生の時に「ずっと好きでいようね。一生一緒にいようね」なんて言っていたあの頃と同じ気持ちを持っていたいよね。

大人になってしまうと、色んな人と付き合って、別れて、という流れを繰り返す。

だから、「ずっと好きなんて存在しないんだ」と冷めてしまう。

 

恋愛」というものをどこかドライに捉えてしまうような気がしています。

彼氏」と「彼女」とか「」と「」みたいなものは実は曖昧な繋がりで、やがては溶けてしまう氷のようなもののように思えることもある。

でも、「ずっと好き」なんて馬鹿みたいにピュアなことが起こる可能性だってあるんですよ。

大人になったら忘れてしまう「子供のような心」ってさ、本当は大人になればなるほど大切にしなければいけないものなんじゃない?

「子供の心」という洋服を大人になったら、「もうこんなの着ないよ〜」なんて脱ぎ捨ててしまう。

大人になったら、強い理性と高度な知性を身につける。

酸いも甘いも知ってしまう。

でも、忘れたくないよ。子供の頃の純粋無垢な気持ちを。真っ白な心を。

「ずっと好き」なんて思える相手と出会える可能性は低いかもしれない。だから、誰もが「永遠の愛なんてないよ」と思ってしまう。

本当はあるかもしれないのにね。

 

私は「ずっと好きってあるんだな」という母の言葉が忘れられないんです。

そんなピュアなものが、サイダーの中に入ったビー玉みたいにキラキラと光っていたら良いな。

関連記事:結婚に妥協は必要なのか?

大切な人と大切な時間を過ごしていきたい

 

ずっと好き」なんて思える相手は少ないのかもしれない。

でも、だからこそ私はピュアな気持ちで人を好きになりたいな、と思う。年収とか、外見とか、そういうものも大切なのかもしれない。

やっぱり人はどこかで打算的になってしまう部分があるからね。

でもさ、私は大切な人と大切な時間を過ごしていきたいと思っているし、「ずっと好き」という鮮やかな気持ちも大切にしていきたいな、と思うんです。

 

ずっと好き、と思えるような人と出会えたら大切にしたいじゃない?だって、たった100年やそこらの時間しか残されていないのだから。

 

30歳で結婚して、70歳で死んでしまうなら、40年間しか一緒にいることができない。

だからね、できるだけ会いたいんです。

 

ずっと好き、と思えるような人がいたら、大切な時間を一緒に過ごしていきたい。

 

私の場合だったら「」ですかね。世界の知らないところに2人で行ってみたいんです。

好きな人と一緒に知らない世界を見てみたい。一緒にいられる時間はそんなに長くない。大切な人の匂いを感じることができるのはせいぜい数十年。

 

何ができるのかな。死ぬまでにどんな景色を見られるのかな。私は、そんなことを考えて、毎日を一生懸命生きているよ。

ずっと好きな人と、できるだけ一緒にいられたら良いね。

関連記事:お金持ちに出会う人は、基本的に自分も同じくらいの資産を持っている。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事