人生に悩む君へ

永遠なんてないから今輝けよ。

永遠なんてものがあったら良いよね。永遠の命があったら、永遠の恋があったら、私たちは苦労しない。

幸せの海で溺死してしまうほど、幸せに溢れ、運に恵まれ、豊かな人生を送ることになる。

身体中から「幸せの薫り」がするようになる。

 

そう思うんです。でも、永遠なんてない。

神様が作ったこの世界には「永遠」なんてものはないのですよ。でもね、だからこそ、いま輝かなければいけないのです。

 

永遠なんてないこの世界で、私たちはきっと光を取り戻せる。

いつか死ぬのだ、と知らないのだろうか

 

私たちはいつか絶対に死んでしまう。ある朝起きたら、「あれ?ここはどこだ?」なんて思うのでしょう。

気がついたらあちら側の世界に行ってしまっている。ゲゲゲの鬼太郎で見たような世界とも少し違う、穏やかな世界に行ってしまう。

死ぬことって実はとても身近な出来事だと思う。本当は自分のすぐ隣にいるものなんですよ。

」は常にあなたの隣にそっと、座っているのです。

 

でもね、日本においては人が死ぬ、ということが当たり前ではない。いや、病院では死んでいるし、日々たくさんの人が消えていっている。

ただ、そうは言っても、日本人の寿命は長いし、戦争をしているわけでもないから、突然死ぬ、ということは少ないのです。

 

だから、永遠なんてない、ということを意識することができないのです。何となく隣には「」ではなく、「永遠」が座っているような気がしてしまう。

 

でも、本当はそんなことないんですよね。

いつか死ぬことを忘れるな、と私は言いたい。いつか絶対に人は死んでしまう。

永遠の美も、永遠の命もない。100億円神様に献上したら命は延びる?そんなことはないよね。

 

どんな手段を使っても、私たちは死んでいってしまうのです。

だから、もっと理解しなければいけない。永遠なんてない、ということを。

私たちの目の前に広がる青い空や、清々しい空気。

 

こういうもの全てが当たり前のものではない、ということを知るべきなのです。

関連記事:「また会おう」が最後の言葉になる事だってあるんだよ。

夢を先延ばしにしないで欲しい

 

永遠なんてないのに、私たちは自分の命がいつまでもあるものだと思っている。でも、実際には永遠なんてない。

 

永遠という名の楽園は存在しないのです。だからね、やりたいことがあるなら、いまやるべきだと思う。

 

しばしば、「」の先送りをしてしまうのが私たちです。「いまやらなくても、3年後で良いか」とかね。

でも、3年後に生きているのだろうか。そんなことはわからない。

 

永遠なんてないから、もしかすると、3年後にはこの世界に存在していないかもしれないじゃないですか。

そう考えると、いま輝くしかないんですよ。

 

夢を先送りしたら、夢を叶えずして死んでしまうかもしれないじゃないですか。

あとで叶えようと思っていたのに」と死んでいくのはあまりにも虚しい。私は最後の瞬間も「最高の人生だったな」と思いたい。

 

最後を想像して、私はいまを生きているのです。永遠なんてない、と理解することができれば、夢を先延ばしにすることはないはずです。

 

叶えたいものがあるなら、いますぐやるべきです。いますぐ行動するべきです。

 

明日という日は胡座をかいて待っていてくれるわけではないのだから。

 

私は「今日」も「明日」も自分の夢を叶えるために頑張るよ。どれだけ大変でも頑張るよ。

関連記事:誰かのために生きることは窮屈じゃないよ。

私はこの一瞬を命懸けで生きるよ

 

信じたくはないけど、私たちの世界に永遠なんてない。

命はおろか、放っておけば動く振り子でさえも作ることができない。

それが私たちの住む世界なのだと思う。

 

だからね、私は次に迫り来る一瞬を精一杯生きたいな、と思うのよ。もしかしたら、右手から走ってくる車に轢かれてしまうかもしれない。

もしかしたら、突然通り魔に刺されるかもしれない。

偶然という名の殺人鬼が私を殺してしまうことだってあるんです。

 

だから、1年後、2年後なんて当てにしないで、いまを楽しみたいのです。

 

人生は短いよ。いや、長いかもしれない。でも、永遠ではないわけよ。永遠なんてこの世の中には存在しない。

だから、いまを生きるんじゃない?

 

いまを精一杯生きて、自分が目指すべきところまで必死になって走るのです。

 

私はブロガーとして、経営者としてこれからもゆっくり走っていきたい。大変なことだってある。

裏切られることだってある。

悩んで悩んで、夜も眠れないこともある。

 

でも、私の人生は私だけのものです。私の人生に色を1つ1つ加えるのは自分自身なんです。

赤色、緑色、黄色。1つ1つ加えていくのです。人生というキャンバスに色を加えていくのが私の役目なのです。

いつも読んでくれてありがとう。読んでくれている人たちのためにも書いていくよ。

 

たくさんの人が読んでくれるようになったけど、私は変わらず「前向きな言葉」を綴っていきたい。

 

永遠なんてない。だから、来たるべきその日まで走り続ける。

関連記事:それでも人生は続くと知ったあの日から情熱だけで生きてきた。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。