仕事

どうせ死ぬんだから、笑った回数が多い方が良いじゃないか。

私ね、すごく笑う方だと思うんです。どんな現場にいても、まあだいたい笑っている。

ゲラゲラと。

でも、世の中にはつまらなさそうな顔をして歩いている人とかもたくさんいるじゃないですか。

わかりますよ。だってつらいことは当然起こりますからね。どうやったってこの世にはつらいことがある。

 

余命1年、と宣告された父親を持っているかもしれないし、浮気された奥さんだっているでしょう。

でも、どうせ死ぬんだからさ、笑う回数は多い方が良いじゃないですか。バカみたいに笑ってさ、

 

楽しい毎日を過ごしていた方がきっと楽しいと思うんです。

同じ悲しみを受けて笑う人、悲しむ人

 

私たちは生きていれば、つらい経験をすることになる。

イタズラ好きな神様が、「ほれ!こんな不幸を届けるぞ!」と、恣意的に選んだ人間に「試練」を与える。

 

そんな時、私たちは悲しみにくれるのでしょうか。それとも、笑っているのでしょうか。

きっと、どちらのタイプの人間も存在していると思う。

 

つらい出来事が自分に起こった時、「まあしょうがないや!大丈夫!」と笑っている人と、「どうしよう。もう終わりだ」と悲しみに暮れる人がきっといるはずなんです。

どちらが悪いわけでもないよ。

どちらも正しい反応だと思う。

 

でも、できるなら笑っていた方が幸せだと思わない?

同じような苦しみを誰もが受けるのであれば、私は笑っていたい。

 

ほら、よくさ「あの人は幸せそうだな」と感じる人っているじゃないですか。「あの人の周りでは良いことしか起こらないのはなぜだろう」と疑問に思う。

 

でもね、「幸せそうに見える人」だって同じような苦しみを味わっているのですよ。違うのは考え方であって、出来事ではない。

だから、できるだけ笑っていようよ。できるだけプラスに考えてみようよ。

 

それだけで人生はだいぶ生きやすくなるよ。どうしようもない状況だったとしても、笑っていられるだけのユーモアが欲しいよね。

人生はユーモアを持てば、面白くなる。逆にシリアスに考えてしまうと、どんどん人生は暗く、つらいものになる。

 

そういうものなのよ。

同じ悲しみを受けて、笑う人、悲しむ人。あなたはどちらでしょうか。

関連記事:収入が激減した時を想定して人生を設計していこう。

 

世界で1番笑った人になりたい

 

どうせいつかはこの世界から消えてしまう。そう考えたらさ、やっぱりこの世界で1番笑ったいたいな、なんて思った。

バカみたいな夢に聞こえるかもしれないけど、笑っていた方がやっぱり楽しいじゃないですか。

 

冬になって、「寒い凍えそう……」と思っている時に偶然見つけた温泉に入った時には、「やった!やったぞ!」と笑っていたい。

 

細い路地に入っていったら、オス猫がいて、隣にいるメス猫と何やら話をしている。「今日のご飯は何にするかね?ねずみにしようか?」なんて会話を想像して笑っていたい。

 

何でも良いんですよ。別に笑うための要素なんてどこにでもあるからね。できるだけ笑っていたい、と思うのです。

 

笑っている時って心も身体も「ハイ」になる。悲しい顔をして、とぼとぼとオフィス街を歩くより、笑える日常の方が何倍も楽しいよね。

 

だから、私はできるだけいつも楽しい人間でいたいと思っています。できるだけ笑える場所を探そう、と努力しているような気がする。

 

だって、1度しかないんだもの。人生は。人生は1度しかなくて、笑える時間だって限られている。

 

怒る時間なんて何時間あっても楽しいものじゃないよ。

だから、私は怒るべきことがあっても、なるべく怒らないようにしています。だって、つまらないじゃないですか。

1秒後に自分が死んでしまうとしたら、怒っていたいかな?違うでしょう?笑っていたい、と思うはず。

 

だから、私は笑っているのです。世界で1番笑った人になりたい。世界で1番笑って、楽しい瞬間を過ごしたい。

 

つらいこともたくさんあったけど、「やっぱり人生って楽しいよ。生きるのって面白いよ」と世の中に伝えていきたい。

 

そう思うんだ。

関連記事:生きる希望がない?少し不幸なくらいが一番幸せなんです。

 

つまらない顔をして歩かないで欲しい

 

つらいことはあるかもね。死にたい、と思うようなことがあるかもね。でも、下を向いてつまらない顔をして歩いていても、何も良いことはないよ。

だったら、笑っていた方が良いんです。

 

私にもつらいことがあったけど、下を向いていて「良いこと」なんて起こりませんでした。不思議なことに何も良いことが起こらないんですよ。

 

だから、できるだけ笑っていて欲しい。

 

正しく悲しむことも大切だけど、笑っていることだって同じくらい大切なことです。

笑っている人が好きだし、笑っていた方が自分も気持ちが良い。そういうものでしょう?

 

つまらないことなんて世の中にたくさん溢れている。嫌なやつだってたくさんいるよ。私にもぶん殴ってやりたい人の1人や2人はいる。

 

でも、そんなモノや人に惑わされて、笑っている時間が少なくなってしまったら、悲しいじゃないですか。

そんな人たちは放っておけば良い。

 

嫌なことがあったら、逃げ出してしまえば良い。そして、笑っていれば良い。

 

1度だよ。1度しかないんです。人生は。だから、笑っていよう。

関連記事:ひとりで寂しい夜にはコーヒーでも飲んで、流れる時を楽しもうよ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。