人生

「人は変われる」と、この数年で思ったんだ。

人は変われる。そんなことを言われると、「本当に変われるのか?人間なんて変わらないよ」と思うかもしれない。

たしかにこれは正しい。人は簡単には変わらないものなんですよ。

私もそう思っていました。「人は変わらない。ずっと同じ人間のまま生きていくのだ」と思っていた。

でもね、変わるんですよ。人は変われる。

 

ここ数年、前だけを向いて生きてきた。そんな中で思ったんです。

あの日から全てが変わった

 

私の人生は父が亡くなったあの日から全てが変わったような気がする。

人生の歯車が1つ消えた。突然消えた。

 

その瞬間から、私の人生は「ガタガタガタ」と音を立てて、崩れ去った。

あの時は「なんでこんな人生になってしまったのだろうか?」と思っていた。

 

その当時、私は何でもないただの学生で、社会なんてものは何1つ知らなかった。

むしろ社会なんて「冥王星」のような感じではるかかなたにある「知らないもの」だと思っていたんですよね。

精神的にもそんなに強いわけではなかったし、何をするにしても中途半端だったような気がする。

強く生きる」なんてことはまるでできない人間だった。

そんな人間だったんですよ。

 

さらに言えば、「人は変われる」なんて思ってもいなかったから、「これが自分だし、仕方ないよね」と思っていたのです。

甲斐性なし、根性なし。それで良いかな、と思っていた。

 

でもね、父が亡くなってしまって、父がやっていた会社の借金を返すようになった。

最初は数億円あった借金を返す毎日だったんですよね。

そしたら、自分の中の何かが変わったんですよね。

自分のこと、自分の命のこと。

 

あらゆることを、じっくりと深く考えるようになって、私の心は変わっていったような気がする。

 

親孝行はしないし、特段何かを頑張るわけでもなかった私です。

親は起業していたけど、そんなことは気にもしていなかった。そんな私が皮肉にも父親の死によって、変わったのです。

 

人は変われるんだ、と知ったのです。

関連記事:いつか死ぬから「人生という名の祭り」で踊り狂う。

 

好きなことをやると変わるものなんです

 

私はサラリーマンとして働いていた時期もあったんですよね。あの頃は何もかもが楽しくなかった。

人生なんてどうでも良い、と思っていたかもね。最後の方は……。

 

だって、それくらい会社というものがつまらなくて、ただただ上司からのプレッシャーの耐えるだけの毎日だったのだから。

 

毎日朝起きると、「ああ、また1日が始まっちまう……」と暗い気持ちになったものです。その当時は仕事なんて適当だったと思う。

仕事ができる人間ではなかったし、頑張ろうとも思わなかった。でも、好きなことを仕事にしてからは、変わったんですよね。

 

人は変われるのですよ。私は独立してから必死になって頑張ってきました。自分の会社のこと、このブログのこと。

 

全てにおいて「努力では誰にも負けない」と思ってやってきたような気がする。

でも、数年前、数十年前から考えると、いまの私は想像することができなかったと思う。

 

何でも器用にこなすだけで、何かに集中することはない。そんな人間だったから。一生懸命になることも嫌いだったのかもしれないね。

でも、人は変われるんですよ。少しでも状況や環境が変われば、人は簡単に変わるものなんです。

 

逆もあるけどね。環境によって悪い方向に進んでしまう人もいる。だから「環境を変えれば良いよ」とは簡単に言えない。

でも、私は「人は変わるんだ」という実感を持つことができたんです。

 

必死になって生きて来た中で、何か心の中でたしかに変わったものがあった。いままでの自分とは違うものがあったのです。

人は変われるよ。簡単なことではないけど、変わることができる。

 

いまがどんなにダメでも、人って変われるものなんですよ。心さえ死んでいえなければね。

関連記事:それでも人生は続くと知ったあの日から情熱だけで生きてきた。

 

どれだけ価値のない人間だったとしても

 

あなたがもしも価値のない人間だ、と思っていたとしても安心して良い。人は変われるから。

 

人は変わらない?たしかにこれは正しいよ。だって、つい3日前まで喧嘩早かった人が、今日には優しい人になっているわけではないからね。

そんなことはない。

 

でも、数ヶ月、数年もあれば、人は変われるものなんですよ。

大丈夫。周りがどれだけ「お前はダメなやつだ」と言って来たとしても気にする必要はないんです。

 

周りのことなんて気にせずに、自分が「正しい」と思う方向に進んでみるべきなんですよ。

 

善悪の区別なんて、本人はできるものです。周りは「あの人はわかっていない」と言うかもしれない。

でも、変わるよ。人は変われる。

 

本気でやってみれば変わるものだってあるんですよ。私はこれまでだらけるだけの毎日を送ってきたと思う。

夢から逃げて、夢から目をそらして、人生を進んで来たような気がする。

中学生の時には「歌手になりたい」と思った経験もあるけど、結局何もできなかった。それは自分という人間がだらしない人間だったからだと思うんです。

 

でも、いまは違う。いまは自分の生きたいように生きている。自分が好きになれる生き方をしていると思うんです。

 

人は変われるよ。大丈夫だよ。頑張ろうよ。この人生を。1度しかない人生を。

関連記事:まだ死にたくない、と思える素敵な世界じゃん?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。