人生

貧乏生活にも意味はあったんだな、と社会人になってから思う。

貧乏生活を経験したことがある人ってどのくらいいるのだろうか。

もちろんね、私が経験したのは貧乏生活のほんの一端だと思う。

 

もっともっと苦労した人はいると思うし、血の滲むような努力を重ねてきた人もいるでしょうよ。

ただ、私も父が亡くなって億単位の借金があった時には貧乏生活をしていた。

 

比較すれば大したことないのかもしれないけど、やっぱり大変だったからさ。

でもね、貧乏生活にも意味はあったのかな?と思うのよ。

社会人になったいまだから、そう思うんだ。

大学を中退する寸前でした

 

父が亡くなってから、我が家にはお金がなかった。

現金自体はあったけど、実際は借金を返したりしなければいけなかったので、

使えるお金はほとんどない。

 

そんな状態だったんですよ。スーパーひもじい生活になったわけ。

んでね、まあ貧乏生活が始まると、やっぱりきになる大きな出費は「学費」だったんですよね。

 

私は浪人しています。それなりに良い大学に通っていました。

でも、お金がない現状を見て、「やっぱり大学に行きたいんだ!」とは強く主張することができませんでした。

 

根はきっとポジティブな方なので、「まあどうにかなるっしょ!」と思っていたんですね。

だから、母に「あのさ、大学なんだけど、辞めても良いよ」と。

 

それだけ伝えたんですよね。あの時は完全に辞める決意をしていました。

現役受験生の時もつらかったし、浪人生の時もめちゃくちゃつらかった。

だから、できれば大学も卒業したかった。

 

とはいえ、お金で苦しんでいる母を横目にのんびりと大学なんかに通っていることはできない、と思ったんですね。

結局は、「どうにか払うから大学行って良いよ」と言ってくれたので、無事卒業することができたんですけどね。

 

夕飯とかは作る余裕もお金もなかったから、近所のおばちゃんたちが、

これ作ったから食べて!」と持ってきてくれた。そんな生活だったんですよね。

あの時のコロッケ最高に美味しかったなぁ。

 

まあそんな貧乏生活を送っていたから、大学は辞めるしかない、と思っていました。

でも、何とかね、お金を出してくれて、卒業することもできたので、良かったなぁと。

関連記事:夢も希望もない人生を送った私がそれでも生きてみた。

貧乏経験は宝物である理由

浪費しなくなる

私は貧乏生活を送ったから、「浪費家」ではなくなったような気がするんですよね。

少なくとも一般的な社会人よりはお金を使わない方だと思う。

もちろん、記事にするためのお金は使うよ。

 

これは仕事でもあるからね。でも、貧乏生活を送ってからは、プライベートで使うお金が少なくなったな、と思う。

  • 飲み会代
  • 洋服代
  • 贅沢品

とかね。こういうものは買わなくなったなぁ。だって、「貧乏生活」を経験していますからね。

怖いのよ。お金がなくなった時が。社会人になってお金を手にすると、

使っちゃおー!」とお金をガンガン使う人もいますが、私はそういうタイプではないですね。

良かったところかな、と。

お金以外の幸せ

お金がある時にはお金を使って遊んだり、お金を使って何かを買う。

でも、心のどこかでは「お金がなくなったら生きてて楽しいのだろうか?」と思ってしまうのではないでしょうか。

私もそう思っていました。貧乏生活のドン底に落ちたら夢も希望もない、そんな人生を送ると思っていました。

しかし、現実は少し違った。貧乏でも、友人がいれば、大切な家族がいれば、そして夢があれば、

 

不幸にはならないのです。

そう思えたのは幸せだな、と。あの時、貧乏生活をしていなければ、きっと私はお金だけが重要なものだと思ってしまっていたかもしれない。

 

そう考えると、怖いです。本当は最も重要ではないのにね。

 

どん底に強くなる

 

どん底にいましたよ。私は。水だってほとんど自由に使うことができない。お風呂だって湯船にお湯をためることはありませんでした。

だって、1分間流すだけで5円くらいは消費しているわけですよ。

流れていく水が「お金」に見えた。

 

そう考えたら貧乏生活を送っていた私には使えませんでしたよ。

 

でも、その時の経験があるからこそ、いまはたとえどんな生活になっても、生きていくことができるような気がするのです。

だって、あの時の方が大変だったから。

 

貧乏生活をしていて、お金の不安を常に抱えていたあの頃と比べれば、これからどんな困難が訪れても、

前を向いて生きていけるような気がする。大変だったけどね。もう2度と同じ経験はしたくない。

 

でも、感謝はしているのです。

関連記事:父が亡くなると私たちは後悔の海に溺れそうになるけど、それで良いんだ。

 

1度は貧乏生活を経験しても良いじゃない?

 

いまだから言えることなんだよね。「貧乏生活は意味のあるものだった」って。何の不自由もなく生活することができるならその方が良い。

 

でも、1度は貧乏生活を経験してみても良いのですよ。私は貧乏生活を経験してから考え方が変わったような気がする。

 

安定した収入の大切さとか、人の温もりとか、自分の無力さとか、そんなものを皮肉にも「お金」から教わった。

 

だから、貧乏生活をしている人たちも、「これは将来役に立つんだ」と思って、前を向いて生きて欲しい。

 

欲しい服が買えなくても、食事が十分に食べられなくても、前を向いて生きて欲しい。私のように、もう1度立ち上がれる良いのだから。

 

人生は生きていれば、何度でもやり直すことができる。どれだけ貧乏でも、心が死んでいなければ、私たちは前に進むことができるのです。

 

大丈夫。進もうよ。前向きに行こうよ。あと少し歩いたら、希望があるかもしれないじゃない?幸せが見えるような気がするよ。

 

そう考えたらワクワクする。

貧乏生活も1度は経験しても良いじゃない?つらかったら、ここに戻ってきてよ。待っているから。

関連記事:人生に正解なんてないのだから、自由に生きれば良いんだ。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。