仕事の悩み

仕事より趣味を優先させる人がいても良いじゃない?

昔は「仕事で稼いでこそ男じゃ!」みたいな圧倒的昭和の価値観が台頭してたでしょう?

でも、いまは違うじゃない?

 

仕事よりも趣味が大事なんだ」みたいな人がすごく増えたと思う。

有給を取って、アイドルのライブに行く。フォロワーさんたちと飲みに行く。

フットサルの大会に出る。

 

仕事より趣味を優先する人が増えたと思うのです。

でもさ、それでも良いんじゃない?面白い時代だよね、と思う。

お金持ちになってやる的な価値観の消失

 

日本人としか話さないとわからないと思うけど、日本人ほど「平等」が好きな国はないわけですよ。

日本は「資本主義」だと思っているかもしれないけど、海外からは「社会主義」だと思われていたりもする。

それくらい「中流階級」というものが多い。

でも、これは逆に言えば「お金持ちにはなれない」ということでもあると思うんですよ。

周りを見ていても、「昇進してやるぞ!」みたいな鼻息の荒いドンファンみたいな人はいない。

 

それよりも、「仕事よりも趣味を大事にしたい」みたいな人が多い。

いや、圧倒的多数じゃないかね。

 

若い世代はを「頑張ってもお金持ちにはなれない」と思っていると思うんですよね。

 

だった、日本自体が高度成長期のように、グングン成長しているわけではなく、

むしろ下降傾向にあるのだから、しかたがない。

 

仕事よりも趣味を優先させた方がQOLが上がるのは当然のことなんですよね。

社会主義的な日本においては、「できるだけ働かないスタンス」を貫いた方がきっと人生の満足度が高いのです。

アメリカだったら、「アメリカンドリーム!」みたいな概念がある。

 

でも、日本に存在する「ジャパニーズドリーム」はオタク文化だったり、スポーツ文化であり、

お金持ちになってやる!」みたいな類のものではないのです。

お金持ちになってやる!」的な価値観は消失してしまったような気がする。

 

いや、そもそもそんなものがあったのかな……。

関連記事:辞めた方がいい会社の特徴とは?

お金を稼いだところで何に使うの?

 

お金を稼いだところで、何に使うの?という話になってくるとおもうんですよね。

たとえば、「トランプ大統領のAir Force Oneみたいなプライベートジェットが欲しい!」という壮大な夢があれば頑張るでしょ?

 

もう、それはそれはプライベートジェットを渇望している少年なのよ。あなたは。

そしたら、死ぬ気で上司に媚を売って、サービス残業万歳。

 

毎日朝は7時に出社。そうやって頑張ると思う。

でも、普通の人は「お金って何に使えば良いの?」と思ってしまうと思う。

特にいまの世代は「物欲」みたいなものがあまりない。

むかしは、

  • グッチ
  • エルメス
  • ブルガリ

みたいなブランドが好きな人もいた。でも、いまの若い世代にはそれがないように思う。

そしたら必然的に「仕事よりも趣味に集中したい」となるよね。

仕方ないと思うし、それで良いと思うんですよ。

 

私は教育もあると思うけど、時代の雰囲気がパラダイムを作っているような気がしています。

つまり、バブル時代で生活してきた人たちにとっては時代そのものが好景気にわいていて、プラスの雰囲気が世の中にはあったと思う。

 

一方でいまの時代はどうだろう。どこか物寂しく、切ない雰囲気があるのではないでしょうか。

そんな雰囲気の中で、「趣味よりも仕事に没頭してブランド品を買い漁るぞ!」というマインドにはならないと思う。

だからね、やっぱり「使い道」がないんですよ。

 

仕事よりも趣味を優先した方が人生そのものが楽しくなる。

それをいまの世代の人たちはなんとなくわかっているような気がしている。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

早い話、趣味くらいしかないのよ

 

私たちの時代はね、早い話が「趣味」くらいしか楽しむものがないのよ。

 

仕事が楽しいわけではない。職場の人間と蜜にコミュニケーションを取りたいわけでもない。

そうなってくると、やっぱり大切にするべきは「個人の時間」であり、「趣味の可処分時間」なんですよ。

だから、できるだけ仕事より趣味を大事にしようとするわけ。

だってさ、若い人たちはね、「これから先は若者に厳しい時代だ」ということかわかっているから。

 

仕事で頑張っても意味がないわけですよ。

日本は65歳以上の人口が異常に多い。2chのひろゆきさんが計算していたけど、

若者全員が投票に行ったとしても、若者は高齢者に勝てない。

 

つまり、年金の負担は増えるし、医療費は年々増大する。

若者がどれだけ稼いでも、自分たちの世代に還元されることはない。

若者が「自分たちのために税金を使わないなら独立してやる!」と独立できたら良い。

 

でも、アメリカのサンディ・スプリングス市のようにはできない。アメリカではあるのにね。日本では独立できないのよ。

 

そうなってくると、仕事よりも趣味になるのは当然じゃない?

お金持ちになれないし、お金を稼いでも高齢者のために使われる。

そんな国で「よっしゃ!仕事頑張るぞ!」となるのは、よほどの愛国者か無知な者か。

どちらかだと思う。

 

良いんじゃない?仕事より趣味を優先しても。趣味に没頭した結果、それが仕事になる可能性だってあるからね。

 

いまの時代、自分らしい生き方をした方が幸福度は高いんです。そういう風に世界はできている。

関連記事:夢も希望もない人生を送った私がそれでも生きてみた。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。