仕事の悩み

50歳になると、仕事したくないという人が増える不思議な魔法。

20代の時には「いつまでも働ける!どこまでも行けるぜ!」と意気込んでいた人は多いものです。

でも、これが50歳になってくると「仕事したくないよ…」というマインドになってくることが多いと思うんですよ。

 

最近周りを見ても、50歳になった途端に仕事というものが負担に感じている人が多くなってきたと思う。

仕方がないのですよ。いや、元気な人だっていますよ。

ただ、現役世代として働くのは大変なことだと思うんですよね。

 

だから、もっと自分で考えて行動しないとね。

なぜか50歳でガクッとくる人が多いのよ

 

私は経営者です。だから、周りにも50歳のおじさま、おばさま方とお会いする機会も多いです。

社員も含めてね。

 

若い時にはバリバリと働いて、前線で頑張っていた人も非常に多い。

でもね、50歳になると、急にガクッときて、「仕事したくない」という雰囲気を醸し出す人が多くなってくるのです。

 

更年期なのか、老化なのかわからない。それは本人しかわからないよ。

ただ、50歳という年齢はたしかに節目だと思う。

 

ほら、江戸時代には平均寿命って「50歳」だったわけでしょ?

 

そう考えると、これまで無理をしてきた人とか、不摂生を繰り返してきた人たちは、

身体が「もう仕事したくないよ…」と叫び始める頃なんじゃないかね。

いまは「人生100年時代」なんて言われるよね。

 

医療発達で人間の寿命は伸びてきた。素晴らしいことです。

ただ、忘れてはいけないことがあるよね。

 

それは「人間の身体は進化していない」ということ。技術は発達しても、人間の身体には変化がないのですよ。

やっぱり人間の身体は変わっていないから、疲れてしまうものなんですよね。

50歳になれば、江戸時代の感覚だと、「もうそろそろ死んでしまう」という状態ですよね……。

 

その年齢の時に、「バリバリ働く」という行為自体が難しいのではないか?と私は思うのです。

 

いまと昔では違うけどね。でも、人間の身体は変わっていないからさ……。

関連記事:仕事をズル休みするくらいの緩さがあって良い。

サラリーマンだと厳しいよね

 

私の立場で言うのはおかしなことでもあるけど、

サラリーマン、特に中小企業で働く場合には50歳になってくるとつらくなってくる。

 

大企業であれば、「下のものに頑張ってもらう」ということができる。しかし、中小企業だとそうもいかない。

誰もが前線の労働者だから。

 

中小企業の場合、「50歳になったら、ゆっくり仕事をしても良いよ」とはならないのですよ。

65歳の定年までガッツリと働いてもらうことを前提として、企業は雇用しているのですよ。

だから50歳で「仕事したくないなあ」なんて思っても、

行動に移せる人は少数派じゃないかな、と思っています。

 

日本において大企業は全体の僅か「2%」ですからね。多くの人は中小企業で働いているのですから、

 

50歳になって、「仕事したくない」なんて思っても、働くしかないのです。そもそも、会社というものは株主のためにあるものです。

 

中小企業の場合は、株式の多くを創業家で保有しています。だから、中小企業の場合には「社長のために働く」という構図になりますよね。

間接的には。

 

50歳まで働いた人を休ませてあげたい」というのは人間の優しい心です。でも、企業として考えると、

 

50歳でも、60歳でも給料をもらう限りはしっかりと働いて欲しい」と思うのが株主であり、社長なんですよ……。

 

だから、50歳でも、60歳でも、働く必要があるのです。椅子に座っているだけで給料がもらえるわけではないのですよ。

椅子に座ってのんびりと過ごしたいなら、自分の会社を作った方が良い。

関連記事:何かを始めるのに遅すぎるなんて事はない。

自分で打ち出の小槌を作る時代

 

だからね、これからの時代は政府も推奨しているけど、

企業に頼るのではなく、個人が「打ち出の小槌」を作る時代になってきた、と思っています。

 

企業が内部留保を減らし、労働者に分配すれば大丈夫。

そんな意見を持っている人もいるけど、そんなことをしたら企業の倒産リスクが上昇するし、

資産税みたいなものを導入したところで逃れるスキームはいくらでもある。

だからね、個人は個人で自分を守っていかなければならないのです。

 

50歳で仕事をしたくない、と思うなら自分でシステムを構築する必要があると思うよ。

私のようにブログで稼いでも良い。Youtubeで稼いでも良い。

 

方法はいくらでも良いから、「働ければ働くほど楽になる仕事」を作っていく必要があるのです。

自分なりに打ち出の小槌を作った方が良いんですよ……。

 

そんなことは学校では教えてくれない。50歳で仕事をしたくない、と思った時のために何をすれば良いのか?なんてことを学校では教えてくれないのです。

 

でも、大事なことですよ。疲れた時にいつでも辞められるシステムを自分で作った方が良いのです。

 

年金にようなシステムを自分で作るべきなのです。収益とかもそのうち公開していきたいな、とは思っています。

関連記事:残業が少ない仕事をしたいよね。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。