コラム

視力回復センターに通っていた頃の話をしてみる。

視力ってなぜか悪くなってしまいますよね。私自身もとても視力悪いのですが、近くばっかりみている子供だったかというと決してそうではありませんでした。

 

友達の家でみんながゲームをやりだしたら私だけ

「ゲームはやらない!」

といって漫画を読んでいる、そんなタイプでした。笑

しかし、視力は落ちていってしまったんですね。これはもう遺伝としか思えませんでした。ではそんな私の視力がかなりあがった出来事がありました。視力が悪くなっていくことを黙ってみているだけではだめなんですよ!

これから述べる方法を使えば視力だって上がる可能性があるんですよ?

今回はその方法について話していきます。

 

視力回復センターという存在

 

視力回復センターって皆さんご存知ですか?ここは視力を矯正するための施設なのですが、こういった施設があるということ自体を知らないというひとも多いのではないでしょうか?

ちなみにこれ、お金もらって宣伝しているとかではなく私が通っていました。

 

でもここって本当に視力があがるんです。

 

視力回復センターってどんなところ?

 

これは単純にですね、筋肉をほぐすような目の運動をするところなんです。

口で説明するのがとても難しいので詳しくは説明しませんが、片目ずつ目の前にある視力測定表をみていって、大きい輪からみていき、だんだんと小さい輪が見えるようになるというものです。

視力回復センターってまだまだ認知しているひとが少ないかと思います。私自身もなんで視力回復センターに辿り着いたのか?っていうと私の親が通っていたからという単純な理由からでした。

 

確かにここって有名な施設ではないのかもしれません。でも、視力を取り戻したいのであれば絶対にお勧め出来る場所ですよ!

関連記事:【目の疲れの解消・予防グッズ】パソコンをよく使う人向け

 

 

視力回復センターにはどんなひとがいるの?

 

私が行っていた時が中学生時代だったのですが、その時でさえも私はそのなかでは年長者でした。なので居心地とかはだいぶ悪かったですね笑

 

だからそういう子供と一緒の環境がだめってひとはやめたほうが良いと思います。

 

かくいう私は子供たちとどれだけ視神経をほぐす体操をはやくやるかの勝負をしていました。

 

また、親も後ろで見ていることが多いです。つまりどういうことが言えるのか?っていうと年齢が低ければ低いほど効果があるってことなんですよ!

人間の視力って20歳とかになってしまうとなかなかよくなるものではありません。学校生活で忙しいというひともいるかもしれませんが、通ってみるのもありだと思いますよ!社会人になってからとかは効果がないと思います。

関連記事:ウェブエンジニアによる目の疲れを解消する究極の方法!

 

実際どれくらい良くなった?

 

確かですね、0.3くらいだった視力が0.6くらいまでは上がったと思います。これはですね、本当に実感するものでして、メガネなしでもいけるかも?って思った事をよく覚えています。

メガネなしの生活って本当に憧れるのであのときは嬉しかったですね。

 

視力回復の本とかってたくさんありますけど、結局こういった施設にいくのが一番具体的な方法かなって私は経験から思っています。

 

また、とある超音波治療器(眼用)があるのですがそれも役にたちました。それは視力回復センターで紹介されたものなのですが、視神経を超音波の力で癒してくれるのです。

もしもこれがなかったらと思うと怖くてたまりません。

ちなみに私はこの超音波治療器を10年くらいずっと使ってます!

それくらい良いものなのです。

 

視力ってなによりも大切ですよね!だからこそ視力が良かったころの自分を取り戻したいものです。

視力回復センターの存在を知らなかったというひとも一度試してみてはいかがでしょうか?自分の見えている世界が文字通り変わると思います。

また、いまはゲームをやるひとがたくさんいますよね?というかほとんどの子供がアプリ等を使ってやっているでしょう。
そうすると、必然的に目が悪くなってしまうでしょう。だったら若いうちに対策を打っておく必要があると思います。もしかしたらその後も視力は上がらないかもしれません。

 

視力回復センターにいったからといって、必ず全員が視力回復するとは限りませんからね。

 

でも可能性に賭けてみるのもありですよ!ぜひぜひ!

関連記事:プログラマーあるあるを話していこうと思う。

 

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。