人生に悩む君へ

「叶わない夢だよ」と言われて諦めるなよ?

それはさ、叶わない夢だよ」と言われること。きっと誰にでもあると思うんです。

馬鹿な夢、無謀な夢を語る時、人は「無理だ」と思う。

 

親や友人たちは心配する。そりゃそうよ。親や友人たちはみなさんのことを心配するのですから。当然のことです。

 

叶わない夢を追うなんて馬鹿らしい」と嘲笑される。

そうやって、数多の人間が夢を諦めていくと思うんです。

でも、そんな人生じゃ、悲しくないかな。

 

叶わない夢を叶えたら良いじゃんか。

頭の良い人ほど悩んでしまう

 

もしも、あなたが「諦めた方が良いのかな?」と悩んでいるなら、あなたはきっと頭の良い人。なぜなら冷静に考えてみると、

夢が叶う確率」は非常に低いから。本当に低いと思うよ。

 

たとえば「歌手になる」という夢を持っていたとしよう。何人が有名な歌手になれるだ、うか?

きっと目指した人の数パーセントにも満たない。0.001%位の人が夢を叶える。

多くの人はとして「人生の良い思い出」として「叶わない夢」を消化する。

 

考えれば考えるほど、自分の夢が実現する可能性は低い、ということがわかってしまうのです。

私は特段頭が良いわけではない。ただ、「夢が叶う確率」くらいは頭で理解することができた。

1万人いたら、そのうちの1人もか2人とか。その程度の人だけが夢を叶える。

そんな事実を頭で理解していた。

 

でも、それでも私は経営者になったんですよね。

いまはまだ、「大成功した」とは言えないかもしれない。

 

ただ、ずっと努力は続けている。昨日も今日も、明日も明後日も。

たぶんずっと頑張って生きていくのだろうな、と思っている。

 

だからさ、頭の良い人は「叶わない夢」の前で絶望するかもしれないよ。

叶うわけないじゃん」と思ってしまうし、周りからもそう言われる。でも、叶わない夢こそ叶えたい都思わない?

 

届かなそうな夢に手が届いたら、素敵じゃないか?

私はそう思って生きているのですよ。叶わない夢でも叶えたいなら叶えれば良いじゃない?

心からなりたいものとか、やりたいことって心から消えないものですよ。ずっと残るものなんですよ。

関連記事:生きたい理由なんて、今はなくても良いよ。

大人になると夢を諦める人ばかりになる

 

子供の時は気がつかなかったよ。みんなが夢に向かって走っていくものだと思っていた。

小学校の卒業式だっけな、謝恩会だったかな。

 

その時に「いま!門出の時!」なんてセリフを小学生の私が叫んでいる時には、

今日が門出の日だ。きっと夢に向かってそれぞれ歩んでいくのだろうな」と確信していた。

 

でも、現実は違った。叶わない夢、叶いそうもない夢を追う人間はほとんどいなかったのです。

  • 歌手になりたい
  • ウィンブルドンで優勝したい

そんな夢を語っていた人たちは「叶わない夢」を量産する側になってしまった。

 

インスタグラムに華金の飲み会画像をあげる。おつかれ〜」みたいなハッシュタグと共にね。

あれ?夢はどうしたの?」なんて私は純粋に感じてしまう。

 

悲しいよね。大人になると、叶わない夢と決めつけて現実を見てしまう。

大人になると、たしかに様々な葛藤があると思うんです。

  • 年金払わないといけない
  • 家賃払わないといけない
  • 世間体
  • 親を安心させたい

本当に大人は色々なものを背負っていると思う。

結婚している人なら、「子供の養育費」もあるよね。

だから、叶わない夢だと思って、諦めてしまうのです。

 

でも、悲しいよ。叶わない夢が99%かもしれない。そんなことはわかっている。現実が厳しいことも知っている。

夢が叶わずに死んでいく人だっているよ。ただ、夢を追うことを諦めてしまう人があまりにも多いな、と思う。

あまりにも諦めが早くて、現実主義な人が多い。

 

それは大事なことかもしれない。有利に生きていくためには大切なことかもしれない。でも、人生は1度しかないわけだしさ、

 

叶わない夢かもしれないけど、叶えたい夢はあるわけじゃない?だったら、やって欲しいな、と思うのです。

関連記事:夢も希望もない人生を送った私がそれでも生きてみた。

共に走ろうよ

 

私は叶わない夢を追い続けている自覚がある。

もう、それはそれは大きな夢。生きている間に実現できるのかわからない。

 

でも、「それさ、叶わない夢だよ」なんて言われても、やっぱり夢を見ていたいじゃないですか。

 

あ!叶わない夢なんだ」と聞き分けの良い子供みたいに振る舞いたくはない。そんなに簡単には大人になれないのです。

だから、誰が何と言おうと、私は私が進むべき道へと歩んでいきたいと思っています。

 

みなさんも、私と同じように、誰かと同じように、自分なりの夢を追ってみようよ。何でも良い。

歌手になりたいならなれば良いし、俳優になりたいならなれば良い。目指してみようよ。

 

ここには私みたいなおバカな人間がいるからさ、一緒になって頑張ってみれば良いと思うのです。

人生はたった1度切りのお祭りです。

 

病床で心電図の音を聴きながら、「ああ、もう死んでしまうのか」と叶わない夢を悔やむより、

挑戦した人生だったな」と思って死んでいく方が嬉しいでしょう?

 

そんな人生にしようよ。苦しい人生になっても良いじゃない?夢を叶えようとする心が大切なんだ。

 

叶わない夢だよ」と言われて、諦めるなよ?

関連記事:人生はチャンスの連続なんだよ、ホントは。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。