起業と経営

経営者に向いていない人の特徴を現役経営者が教えよう。

経営者に向いているのか?いないのか?ってことを考えたことがありますか?経営者なんていまの時代誰でもなることが出来ますよね。

登記すればその瞬間から社長になれますから笑

だけど経営者に向いているひとと向いていないひとって絶対にいると思うんですよね。

 

何も向いていないひとがなれないのか?って言われるとそうでもないんですけど、経営者って従業員とは全然違います。

自分が仕事が出来るってのは自分のことであって、経営者になったら「いかに仕事をしてもらうか?」ってことが重要になってくるんです。

つまり、人を動かすことが重要なんですね!そんな時に必要なものってなんだろう?ってことを考える過程のなかで、今回は「経営者に向いていない人」の特徴を書いていきたいと思います。

全ての人に平等に接する

 

これは取引先の会社の人達との関わり方についてなのですが!

会社(相手の会社)の中ってどうしてもヒエラルキーがあるじゃないですか?社長、部長、課長、係長、バイト、清掃等!

こういったヒエラルキーがあることは別に良いことだと思うんですよ。ただ、経営者に向いていないひとってこういうヒエラルキーに応じて対応を変えてしまうんですよね。

社長はもちろん社内でも偉いことは偉いです。しかし、だからといって社長に対して一番対応良く接するのでしょうか?これは良いことではありません。

 

社長でも、清掃でも基本的に一つの会社であれば目的を一つにしていると思います。そういう意味において変化をつけてはいけないと思うんですよね!

どんな風に接したのか?ってことは社内でも噂になります。すると、先方の社長だけに良い対応をしたひとは嫌われるようになってしまうんです。

 

逆に、平等に接しているとこれは凄いことになります。

 

「社長なのに私にも平等に接してくれる!」ってなるわけなんですよ。社長って普段呼ばれていると、どうしても自分が偉いかのような錯覚に陥ってしまうんです。

でも、そんなことないですよね?人間と人間で考えたら誰が偉いとかないと思うんですよ。そういうことをわかっているひとは社長に向いていると思います。

 

逆に偉ぶってしまい、相手によって対応を変えてしまうひとは社長には向いていないですね!思い当たるひとは変えていきましょう。

関連記事:多くの人が経営に失敗してしまうのはなぜだろうか?

 

 

嫌われるのが怖い人

 

嫌われるのが怖い人って本当に経営者に向いていないと思います。社員が増えてくればくるほど、社長の悪口を言うひとってのは一定数出てきます。

これってある意味仕方ないことなんですよ。

でも、そんな時にこういった悪口を怖がってしまうひとは社長に向いていないと思いますね!

社長って基本的には嫌われるものなんですよ。だって一人一人考えは違うし、それでも社長は言わなければいけませんからね!

別に仲良しグループを作るためにビジネスをしているわけではありませんよね?目標を達成するために集団として存在しているんです。

だったら社長として嫌われる覚悟でやっていかなければいけない時もありますよね?

 

社長として自分は何を言えば良いんだろう?そんなことを嫌われる覚悟で考える必要があるんです。

 

否定出来ない社長さんってたまにいますけど、あれって危険だと思います。良い事と悪い事ってありますからね。

これって小さい組織のリーダーでもそうですよ?嫌われるのが怖いひとって結局まとめることが出来ないんですよ。

なんとなくうまくいっている感じって出るかもしれません。でも、実際何をやっているんだろう?って考えたら何もやっていなかったりするんですよ笑

そういった組織になったら悲しいですよね笑

 

社長もリーダーも嫌われる覚悟ってのは必要なんですよ!それが出来ないひとはそもそも向いていないんです。

関連記事:コトラーの競争地位戦略から経営を考える。

 

借金が怖い人

 

借金は悪いことである、と本気で思っている経営者も中にはいるんですよね。でも、借金は悪くはないのです。

むしろ、レバレッジをかけて経営していくことが最も効率的な方法ですからね。借金が怖い人は経営者に向いていないのです。

 

いつからは、「借金は悪いもの」という教育を受けてしまったんですよね、私たちは。私は子供の頃から両親が借金をして不動産を買っていたり、まあレバレッジをかけて事業を行っていたので、理解することができます。

でも、一般的には、「借金はない方が良い」と思われているのですよ。

  • 5000万円の株主資本と5000万円の融資によって、1億円を回すことができる。
  • 5000万円の株主資本だけで経営する。

この2つを考えると、明らかに前者の方が良い経営なのです。

借金をどうにかしたいと思っている人たちへ、経験者が語るよ。でも書いているので、借金をする予定の人は見ておいてね。

サイバーエージェントも昔は無借金経営をしていましたよね。でも、今は違う。負債がなければ良いということでもないのです。

 

借金が怖い、という理由だけで銀行から融資を引っ張ってこないなんて、それこそリスクでしかない。

関連記事:社長は休みがないの?という質問に現役経営者が答えるよ。

情報感度が低い人は向いていない

 

一つのビジネスでずっと成功するのって結構難しいんですよ!だからこそ、会社ってやる事業をどんどん追加したり、変更していったりしているんです。

しかし、こんな時に情報感度の低い人が社長ならどうですか?

次に何のビジネスが来るのか?ってわからなくないですか?私はそう思います。

キュレーションサイトでもなんでもいいんですけど、毎日情報を収集することってとても大事です。

サラリーマンだとこれをしなくても上が勝手に決めていくからいいと思うんですけどね!

社長だとそうもいかないんですよ。社長だと自分で考えて、次に投資するビジネスを考えなくてはいけないんです。

これってこういう情報収集が好きでないとなかなか出来ることではありませんよね。というかもうこれって情熱の問題だと思うんですけどね!笑

 

経営企画とかそういう部署ってあるじゃないですか!でも、ああいうところのひとって何も考えてないですよ!本気で会社をどうするのか?なんて考えてないですww

だってそうでしょ?

そういうところのおじさんは会社がどうこうとかではなくて、自分の給料がどれだけ上がるのか?ってことを考えますからね!笑

 

先日、お話した経営企画部の方(超有名な上場企業)でも「本当は経営の事考えなくてはいけないんですけど、正直全然考えてませんよ!笑」って言ってました。

そういう感じなんですよね。だったらもっと若い世代に考えさせたほうがいいと思うんですよね。大企業ってこれからどんどん小さくなると思いますよ。

どうだったでしょうか?社長になりたい!って思っているひとも社長ってどんなひとがなるんだろう?って思っていたひとにも興味のを持てる内容でしたか?

社長に向いていない人だからといって必ず成功しないわけではありません。ただ、上記のような性格を治す必要はありますよね。

自分の性格で会社を潰してしまうなんて、もったいないんですよ。変わればいいんです。

 

社長に向いていないと思っている人であれば、成功している会社の社長の本を見てみましょう。

個人的にはサイバーエージェントの藤田さんの本とか好きです。

経営者に向いていないと思う全ての社長さんに読んで欲しい本ですね。

関連記事:多くの人が経営に失敗してしまうのはなぜだろうか?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。