ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事中眠い、と思ったら寝られる働き方がしたいのよ。

仕事中どうしても眠い、という悩みを持っている方、

意外に多いんじゃないかと思うんですよ。

特にデスクワークがメインになる仕事って、どうしても仕事中に眠くなることが多いと思います。

 

そういう「眠い」って感じた時に寝られる環境で仕事したいなぁ、なんて私は思っちゃうんですよね。

 

仕事中眠いのが辛くて仕事を辞めた

 

以前オフィスワーク系の仕事をしていたのですが、

1日ずっとパソコンと向き合わなくてはいけないような仕事で、

しかも中身は事務作業なので単純でつまらない仕事が延々と続くような仕事だったんです。

 

もうね、すっごい眠い。

仕事中地獄かよ、と思うくらい。

 

すごい眠いので、

色々対策して頑張ってみました。

 

普段は胃が荒れるからあまり飲まないようにしているコーヒーを飲んでみたり、

眠くなってきたら手をつねる、みたいなことをしていたんですが

それでもやっぱり仕事中に眠くなるのは防ぐことができなかったんですよね。

 

つねってても最初は痛いんだけど、だんだんつねったまま眠くなってきて仕事中なのに船を漕いでしまう。

 

頼むからこの場所で10分だけ寝かせてくれ…!と心の中で願う毎日。

 

それが本当にしんどすぎて、

実は仕事を辞めてしまったんですよね笑

 

本当に仕事中に眠いって仕事を辞めたくなるほど辛かったんです。

というか、そこまで眠くなってしまう仕事内容ってことは、結局自分自身もその仕事を楽しめていなかった、とうことなんですよね。

 

実際つまらなかったし。

 

もっとやりがいを感じられたり、充足感のある仕事ならきっと仕事中に眠いと感じることもないだろうな

と思ったのもあって、仕事を辞めました。

関連記事:退職を伝えるのはやっぱりものすごく勇気が必要だった。

 

ブロガーとしての働き方

 

仕事を辞めてどうしたか、というと

「とにかく仕事中に眠いと感じた時に、その場で眠ることができる仕事がしたい」と思ってしまったんですよ。

 

でも仕事中に眠れる仕事なんてそうそう転がってないじゃないですか笑

 

そこでしばらくフリーランスとして働いてみることにしました。

書くことが好きだったので、選んだのがブロガーとしての生き方

 

結局は座り仕事でパソコンとずっと向き合う仕事になるので

書くことがどんなに好きだとしても、やっぱり眠くなってくることはあります。

 

でも、ブロガーの仕事に関しては、フリーランスで仕事をしているので

カフェで仕事をしてもいいし、なんなら自宅で仕事をしてもいいんですよね。

 

どこで働いても良い。

 

一緒に働く同僚もいないから、孤独を感じることもあるかもしれないけど、ストレスが溜まることもない。

 

自宅でブログを書いている時は、眠くなったらお昼寝を挟みます。

がっつり寝るわけじゃなくて20分〜30分。

 

眠たくなってきて、タイピングの速度が遅くなってしまったり、集中力が続かなくなってきたら机の上ですぐ寝ます。

 

そうするとすっきりして、起きたらまたしっかりいつも通り働けるようになるんですよね。

 

でもこういうのってやっぱり職場に行ってできることじゃないじゃないですか。

だからもう、私はサラリーマンには戻れないな、と思ったんですよね。

 

仕事をしていても、眠くなる時だってあるし、逆に集中してものすごく捗る時もある。

人間にはそれぞれのバイオリズムがあるから、それに合わせられる仕事じゃないと私は続けることができないな、と気づいてしまったんです。

関連記事:サラリーマンに向いてないと思うなら辞めれば良い。

 

そもそも監視された空間で働くの辛い

 

フリーランスとして働き始めて改めて気づいたことなのですが

そもそも会社という空間で人に監視された状態で働くのって辛いな、と思ったんです。

 

例えば、私は家で仕事をする時は

自分の好きな飲み物を好きなタイミングで淹れて飲むけど、会社にいたら飲み物を買える時間も決まっているし、じっくり美味しいコーヒーや紅茶を淹れることもできない。

 

好きな音楽をかけた方が仕事が捗るけど、会社では音楽を聴きながら仕事をするなんて許されなかった。

 

別件の仕事もあるから、常にラインもパソコン上でやりとりできるようにしてあるけど

会社だと会社のパソコンで働くことになるので、ラインはインストールすらしてはいけなかった。

 

そうやって決められた空間の中で働くことがそもそも苦痛だったんですよね。

 

自分の自由にできる環境の中で働きたい、と思ってしまう私は

やっぱりサラリーマンには向いてなかったんだと思います。

 

仕事中に眠いと感じる人がみんなサラリーマンに向いてない、という話ではありませんが

ある程度自分の働く環境を融通できるような仕事場だったら、仕事中に眠い、という問題もいくらか解決しやすいのではないかな、と思います。

関連記事:残業が少ない仕事をしたいよね。

 

仕事選びが重要

 

仕事中あまりにも眠くて仕方がない、という人は、

その仕事が本当に自分に合っているものなのか、今一度考え直してみると良いと思います。

 

私もそうだったんですが、結局「仕事中にものすごく眠いと感じる仕事」というのは

自分にとってつまらない仕事なんですよね。

 

例えばオフィスワーク系の仕事が苦手なのであれば、

外回りが多い仕事にしてみる、とか、もう少しお客さんと接する機会の多い仕事にしてみる、とか。

 

サラリーマンを辞めて急にフリーランスというのはちょっと壁が高いと思いますが、

仕事のやり方を見直して転職してみる、というのは選択肢として良いのではないかなと思います。

 

眠くならない仕事じゃないと、やっぱり続けるのは難しいですよ。

関連記事:自分に合う仕事を考える事が大切な理由。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事