ブログ運営を語る

考えることが好きな人の適職はブロガーじゃないかね。

考えることが好きな人の適職は何でしょうか。これってね、手前味噌なのですが、ブロガーだと思うんですよね。

まりも

考えて考える人こそ、ブロガーという仕事が向いていたりするもんですっ!笑

私はブロガーとして仕事をしています。ブログだけをやっているわけではないんですけどね。

会社もやっているし、投資家として投資もしています。

サラリーマンをやったこともあります。その上で思うのですよ。考えることが好きな人の適職ってブロガーじゃないのかな?と。

サラリーマンとして働いていた頃は考えないことが仕事

サラリーマンとして働いていた時期もあったんですよ。でも、サラリーマンとして働いていた頃の私の仕事は「考えないこと」だったような気がする。

考えずに、与えられた仕事を淡々とこなしていくのです。ロボットのようにね。サラリーマン思考に耐えられないぞ。という記事なんかでも書いたんだけどさ、

僕たちはサラリーマンなんだから、余計な効率化とかそういうことは考えなくて良いんだよ!」みたいなことを言われたんですよねw

今考えると、

なんて思うし、当時の上司もアホよなぁ。笑

でも、そんな自分の仕事が嫌だからこそ、辞めてしまったんですけどね。「なんだこの仕事」と思って、辞めてしまったのです。

考えることが好きな人なら、自分で考えたい人なら、どんな仕事にせよ、考えたいと思うんですよ。

感情的な部分もあるし、もしかしたら分析チックなことかもしれない。どちらにせよ、考えることが好きな人は、

考えること」を求められる仕事が適職なのです。だから、私にとっては、前職での仕事はつらいものがありました。

私自身はPDCAを回したり、新しいことを考えて、提案したり、実行したりすることが好きな方でしたからね。

老舗の大企業に入ってしまったことが間違いだったのですよ。必ずしも「大企業が悪い!」とは思わないけど、大企業になると往々にして1人の社員が考える機会は減っていくよね。笑

考えることが好きな人にとっての適職は「ブロガー」だと今なら思うよ。

でも、その当時はブロガーという仕事が成り立つとは思っていませんでしたし、ブロガーという仕事自体の認知度が低かったような気がするのです。

まりも

まあ今もよく理解されていないかw

逆に今は楽しいですよ。考えることが好きな人にとってブロガーという仕事は適職ですから。

常に考えて、発信して、改善していく仕事ですからね。こんなに面白い仕事はないと思うのです。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

なぜ考えることが好きな人に向いているのか?

思考を文字にするのがブロガー

そもそも、ブロガーは思考を文字することが仕事なんですよね。だから、考えることが好きな人にはブロガーっ適職なんですよ。

私の場合は1日に2記事程度更新しています。昔は8記事更新していたんですけどね……。(やばい奴だよね、ホントw)

自分の考えをまとめて発信するのがブロガーという仕事なのですよ。

考えることが好きな人なら、毎日何かしたら思考を巡らせているはず。それを記事にしてしまえば良いんですよ。

それがお金にもなる。そして、自分の言葉で誰かを救うことになるかもしれないのです。私はツイッターのリプを見ることが多いのですが、

記事に対する反応で、自分自身が救われることもあります。いつもありがとう……。

分析して改良する

ブロガーという仕事は「文字を書くだけ」だと思っているかもしれません。でも、実は書くだけが仕事ではないんですよね。

アクセスを解析して改善していくのもブロガーとしての仕事なのですよ。直帰率を下げるためには何をすれば良いのか?という事を考えたり、

あとは、画像の配置とか、テーマとかプラグインね。考えることが好きな人にとっては、考えて、改善していく作業なので、適職なんじゃないかな?と。

考えた時にでる錆が記事になる

考えることが好きな人って、疲れてしまうと思うんですよね。考えることが好きだけど、考えるからこそ疲れてしまうこともきっと多いと思う。

私もそうですから。

でも、考えることが好きな人がブロガーという適職につけば、思考した際にでる「」を記事にすることができるんですよね。

ストレスを発散させることができると思うのです。それでいてお金も入ってきますからね。

関連記事:仕事が嫌いな人に伝えたい5つの事を話すよ。

ブロガーという仕事があって良かったな

ブロガーという仕事なんて昔は存在していなかったんですよ。

小説家はいたけど、ネット上に記事を書いて、それで生活をする人なんていなかったのですよ。

前の時代に生まれていたらどうなっていたのかな、と思ってしまう。考えることが好きであれば、ブロガーになっても良いし、

Youtuberになっても良いじゃないですか。職業の選択肢が無限にあるわけですよ。

ブロガーのような適職がなかったら、私はどうなっていたのだろうか?と思ってしまう。

まあ、経営もしているんですけどね。こういう少しレールから外れた人間が生きていけるような場所があってよかったな、と思うわけですよ。

レールから外れた人間でも生きていけるからね。私みたいに。

考えることが好きな人の適職として「ブロガー」を紹介したいよ。どんな人でも、別に有名じゃなくても良い。

ひっそりと更新しても良い。考えることが好きならブロガーになってみれば良いのです。みんなの哲学が多くの人に届くかもしれないよ。

きっと、ブロガーが適職だと思うはずです。私の場合、グッドポイント診断で調べたら「挑戦心」とか「独立心」の強い方でしたからね。

ブロガーという仕事があっていたのです。

考えることが好きで、挑戦することに面白みを感じる。そんな人には合っている仕事じゃないかね。

ああ、ブロガーでよかった。

関連記事:「人と話さない仕事が向いている人もいるよね」という話。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。