ブロガー「水瀬まりも」とは?
経営者として考える

社員がバックれたのだけど、それはそれでしょうがないよね。

社員がバックれたという話を聞いたことってありますか?友人の場合でもないと思うんですよね。

友人の場合だと、そもそも教えてくれないことの方が多いと思うからね。実質的にバックれたとしても、やっぱり言いにくいだろうから。

 

でもね、起こったのですよ。久しぶりに社員がバックれたので、ちょっと書いてみようかな、と思うわけ。

 

会社をやっている人じゃないと、なかなか経験することのないような気がするから。1つの経験としてね。

 

まさかの代行会社から辞めていった

 

最近は退職を代行するような会社が存在しているんですよね。知っていますか?

私も知っていましたよ。そういう会社があることは。

 

へえ、そういうことをやっている人たちがいるんだ」と他人事のように思っていました。

でも、他人事であって、社員が代行会社を使ってバックれるなんて思っていなかったんですよね……。

 

そんな中起こったのですよ。ああいう時ってある日突然電話がかかってくるんですよね。

 

こういう社員がいらっしゃいますよね?明日から出社しませんから。退社理由はこれこれです」という感じで辞めていってしまうのです。

 

別にそれはしょうがないと思う。つらい仕事場だと思ったら、辞めても良いと思うのですよ。

それは個人の選択だからね。でも、代行業者から連絡が来ると、何だか悲しい気持ちにはなりますよね。

 

経営する側としての失敗だな、と自己嫌悪に陥る部分がある。どんな理由があるにせよ、やはり辞めてしまうということはそれなりの原因がある。

 

そして、「辞めたい」という気持ちを素直に会社に伝えてくれなかったのも経営している側としての責任なんですよね、結局。

 

社員がバックれることはなくはない。ある程度会社をやっている人ならわかると思うけど、やっぱり社員の中にはバックれる人っているのです。

 

どんな大きな企業でもいると思うよ。どれだけ偉大な企業でもいると思う。

 

でも、やっぱり突然辞めてしまうとショックを受けるものですよね。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

 

辞めたいなら辞めても良いんですよね

 

いつもこのブログで言っていると思いますが、「この会社にいるべきではないな」と思ったら辞めてしまっても良いと思っています。

自分が嫌いな会社にいるべきではないからね。成長しないと思うから。

 

何も考えずにダラダラとつらい毎日を過ごすくらいなら、働かない方が良いと思いますし。

賛否両論あると思うけど、私は「辞めても良いんじゃない?」と思っています。もちろん、会社としてはまた採用費がかかるんですけどね……。

 

でも、やっぱりしょうがないよ。私もサラリーマンとして働いていた頃にはめちゃくちゃつらかったからね。

 

本当にただただつらかったから気持ちはわかるんですよ。会社とかって基本的に「辞めない前提」で仕事が回って来るから、言いにくいのですよ。

 

ただ、代行会社を使って社員がバックれるとは思っていなかったんですけど……。

 

突然ですから。しかも、社員がバックれる、なんて聞いていると「辞めそうな人が辞めていくんだろうな」と思うでしょう?

 

でも、そうじゃなかったりするんですよね……。

「この人は続けてくれそうだ」と思う社員に限って、バックれることが多いような気がする。

面接でもわかりませんよ。他人の性格なんて。何を考えているのか、なんてわからないものです。

 

よくさ、人事畑にいた人に会うと、「私はね、人を見ただけでどんな人物かわかるんですよ」みたいな人っているじゃないですか?

 

でも、あんなものは嘘ですよ。わかるわけがない。私もわかるつもりだったけど、やっぱり人ってわからないものなのですよ。

 

社員がバックれることなんて誰が予測できるのだろうか。わからないのです。顔とか声とか、そんなものだけではわからない。

関連記事:経営が厳しい時に考えるべきことは何だろうか?と現役経営者が考えてみた。

 

優しい会社を作っていきたいね

 

優しい会社を作っていきたいな、というのが以前からの目標なんですよね……。難しいところがあるんですけど。

 

社員がバックれる状態って、何だか寂しいな、と思うんですよね。辞めることは仕方がないことです。

 

仕事なんて、やってみなければわからない部分もたくさんありますしね。やってみたら、「意外と好きになれない仕事だった」ということだってあるから。

 

だから仕方のないことなんです。でも、やっぱりそれでも、優しい会社を作りたいんですよね……。

その方が、辞める人はきっと減っていくだろうし、楽しく働くことができた方が業績も改善されると思うからね。

 

社内の雰囲気って思っている以上に大切です。社員がバックれるような状態である、ということは何かしたらの問題があるはずなんです。

 

少しでも、優しい会社になるように、努力していきたいな、と思うわけですよ。

 

まずは自分が作れるように、そしていつかは世の中が「優しい会社」で溢れるように、願っているのです。

 

何ができるのか?

 

そんなことを考える昼下がりでした。

関連記事:不動産売却時の「短期譲渡所得・長期譲渡所得」はきちんと知るべき。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事